閉じる

ニュース・フラッシュ

豪・ニュージーランド:英Gupta氏のGFG Alliance社、Rio Tintoが豪・ニュージーランドに保有するアルミニウム事業の買収に関する協議を水面下で実施か

 2017年10月17日のメディアによると、Rio Tintoが度々売却を検討していることが報道されている同社の豪州・ニュージーランドにおけるアルミニウム事業に関し、英Sanjeev Gupta氏が率いる投資グループで、2016年4月に経営破たんした豪鉄鋼・鉄鉱石鉱山企業であるArrium社を2017年9月に買収したG・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:OZ Minerals社、Prominent Hill銅-金鉱山の露天掘り操業の終了を2018年第1四半期に前倒すことを発表

 2017年10月16日付のメディアによると、豪OZ Minerals社は豪SA州で操業するProminent Hill Cu-Au鉱山の露天掘り採掘に関し、採掘の終了時期を当初予定していた2018年中期から2018年第1四半期に前倒しすることを発表した。同社によると、この前倒しにより10mA$のコスト削減が可能となる・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Lynas社、2017年7~9月四半期における記録的なレアアース生産量と売上高を報告

 2017年10月16日付のメディアによると、REE生産企業であるLynas社は2017年7~9月四半期の活動報告書の中で、四半期中のREEの生産量と売上高が過去最大となったことを発表した。Lynas社が2017年7~9月四半期に生産したネオジム・プラセオジム(NdPr)は1,442tと過去最高となり、前年同四半期比で・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

中国:厦門(アモイ)タングステン業、福建巨虹合弁企業の設立に3億元を出資予定

 安泰科によれば、タングステン・モリブデン資源を備え、投資リスクを下げるため、厦門(アモイ)タングステン業は、3億元を出資し、福建国有企業改革基金、福建国有企業再編基金、持株主である福建希土社とともに“福建巨虹”または“合弁企業”を設立する予定。登録資本金額は10.5億元である。当該合弁企業は主にタングステン・モリブデ・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:豪州企業レアアースを買い受け、戦略的供給を確保

 安泰科によれば、豪州Hastings社は、既に中国贛州虔東レアアース集団と3番目の意見合意書を締結。合意書の規定に基づき、両社は拘束力のあるビジネス買収契約を締結する意欲がある。Hastings社は、贛州虔東レアアース集団に西豪州Yangibanaプロジェクトで生産されたミッシュメタル炭酸塩を販売する。当該合意書には・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:広晟有色レアアース社、傘下の製錬分離企業の生産停止・点検作業へ

 安泰科によれば、広晟有色レアアース社の年度点検計画に基づいて、企業傘下のレアアース製錬分離企業の生産設備の安全性、安定性及び効果的稼働を保ちつつ、安全環境保護の生産基準を引き上げ、傘下のレアアース製錬分離企業に対し生産停止し、点検を行う。  今回の点検計画は2017年10月1日から施行開始し、点検期間を1か月設定し・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:南方レアアース連盟、会員企業に生産停止し、市場を維持すると提議

 安泰科によれば、南方レアアース連盟は、会員企業に2017年10月より、全てのレアアース鉱山採掘企業、製錬分離企業及び総合回収利用企業に1か月の生産停止を指示した。  南方レアアース連盟によると、現在レアアース業界の生産経営や市場秩序、安全・環境保護等実情から生産停止を決め、国内のレアアース業界の持続的かつ健全な発展・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:豪州産金量の長期維持のため、探鉱費か鉱床発見効率を2倍にする必要があるとの分析結果が報告される

 2017年10月16日付の地元メディアは、豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)と鉱山産業団体がスポンサーとなり作成した報告書「Long-term forecast of Australia's mineral production and revenue - The outlook for gold:2017-205・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:BHPの鉄鉱石運搬鉄道自動化と二酸化炭素回収貯留(CCS)に対する取り組みについて

 2017年10月16日付の地元メディアは、BHPが豪WA州Pilbara地域で進めている鉄道の自動化運転への取り組みを紹介している。それによると、BHPのPilbara地域における鉄鉱石運搬用の鉄道自動化への取り組みは、同じ取り組みを進めるRio Tintoが最初に列車の無人化自動運転を試みたのとは別の進め方をしてい・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:VIC州Portlandアルミニウム製錬所、2016年12月の停電による損害以降、初めてフル操業を回復

 2017年10月13日付の地元メディアによると、2016年12月にVIC州で発生した大規模停電により損害を被った米Alcoa社のPortlandアルミニウム製錬所が、停電以降初めてフル操業状態を回復した。これを受け、VIC州のAndrews首相(労働党)は、この重要な産業を守るためにVIC政府が介入したことは、Por・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

インドネシア:輸出許可にもかかわらずニッケル鉱石・洗浄ボーキサイトの輸出は低調の見通し

 2017年10月12日付地元メディアによると、インドネシアのビジネス誌が、新規則により輸出許可されてきた低品位ニッケル鉱石及び洗浄ボーキサイトについて、許可されたにもかかわらず輸出量はまだ低調であろうとの見通しを示した。  エネルギー鉱物資源省のデータによると、2017年9月末までの低品位ニッケル鉱石の輸出量は14・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:CITA社、洗浄ボーキサイトの輸出許可を取得

 2017年10月9日付地元メディアによると、PT CITA Mineral Investindo Tbk社(CITA社)は4日、純度42%以上の洗浄ボーキサイトの輸出許可を取得したと発表した。輸出割当量は356万t/年である。同社は、この輸出許可があれば基準に沿って加工ボーキサイトの輸出を再開することができると述べた・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

豪:中国Minmetals社傘下のMMG社社長、銅と亜鉛を中心に今後も投資機会を探る方針を表明

 2017年10月12日付のメディアは、中国国営鉱山会社Minmetals社傘下で香港及びASXに上場するMMG社のJerry Jiao社長がメルボルンで講演した内容を報じている。報道によるとMMG社は、中国の数ある国営鉱山会社が実施した海外での直接投資の中で、最も成功した例の一つとみなされている。ペルーのLas Ba・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Metals X社、WA州Nifty銅鉱山の鉱石埋蔵量が55%増加したことを発表

 2017年10月12日、豪Metals X社はWA州で操業するNifty Cu鉱山の鉱石埋蔵量が新たに55%増加したことを発表した。発表によると、Nifty Cu鉱山の新しい鉱石埋蔵量は13.90mt、Cu品位1.71%で、含有Cu金属量は237.5ktと増加前の153.5ktから増加し、現在の計画Cu生産量40kt・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州政府、米Tronox社のWA州におけるミネラルサンド事業拡大に向け州合意書を改定へ

 2017年10月11日、豪WA州政府はホームページ上の声明で、WA州Cooljarlooミネラルサンド鉱山やMuchea合成ルチル工場、Kwinana酸化チタン顔料工場を経営する米Tronox社と締結している州合意書を改定し、同社のミネラルサンド事業拡大を後押しすることを発表した。州合意書はWA州内の大規模プロジェク・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:New Century社、QLD州Century鉱山の尾鉱回収プロジェクト推進のため、45mUS$の融資を得ることを発表

 2017年10月11日、2016年から休山中のQLD州Century Zn-Pb鉱山の再稼働を目指して活動中の豪New Century社は、再稼働に向けた資金として国際的な資源投資ファンドであるSprott Resources社から、技術的・法務的デューデリジェンス完了を条件に、45mUS$の融資を受けることを発表し・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:QLD州の鉱工業労働従事者への過失致死事案に対する処罰法案に対し、資源業界が反発を強める

 2017年10月11日付の地元メディアは、QLD州の労働党政権が導入を検討している鉱工業労働従事者の過失致死事案への対処に関する法案に対し、同州の資源業界が次期選挙における労働党政権への反対運動の実施をちらつかせながら、反対を表明していることを報じている。同法案は、労働従事者の過失致死事案に関し、個人に責任がある場合・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Galaxy Resources社とLepidico社、リシア雲母からのリチウム資源回収技術の商業化に向け戦略的同盟関係を構築

 2017年10月10日、豪WA州でMt Cattlinリチウム鉱山を操業するなど、リチウム資源に特化した探鉱・鉱山プロジェクトを推進するGalaxy Resources社は、豪Lepidico社の株式約12%を2.9mA$で取得することに合意したことを発表した。この取引で生じる戦略的同盟関係により、両社はLepidi・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

メキシコ:加Alio Gold社Ana Paula金プロジェクトの進捗状況

 2017年10月12日付け業界紙によると、加Alio Gold社(本社:バンクーバー)がGuerrero州で保有するAna Paula金プロジェクトは、メキシコ有望金プロジェクト1つであり、高品位鉱床を有することで高い生産性が確保される可能性がある。Guerrero州は治安面での懸念があるものの、同プロジェクトは高い・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Frisco社、財務体質の改善を進めるも埋蔵量が将来の課題となる可能性がある

 2017年10月12日付け地元紙によると、Fitch Ratings社は、Frisco社は、債務を削減させ財務体質の改善を図っているが、鉱物資源の埋蔵量に課題があると指摘している。2017年6月の同社税引き前減価償却前利益(EBITDA)に対する有利子負債倍率は前年同月より改善している。これは、金属市況の改善と為替に・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ