閉じる

ニュース・フラッシュ

タンザニア:Angellah Kairuki新鉱物大臣、鉱業投資に理解ある姿勢を示す

 2017年11月28日付のメディア報道によると、タンザニア政府は2017年末までに新たな鉱業規制のリリースを予定している。豪Magnis Resources社は、タンザニアでNachu グラファイト鉱山開発に関して同国のAngellah Kairuki鉱物大臣と面会。同社によると面会は非常に生産的であり、政府はNac・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ナミビア:Vedanta Resources社、ナミビアSkorpion亜鉛精錬所を南部アフリカ地域における亜鉛精錬拠点にすると言及

 2017年11月28日付のメディア報道によると、Vedanta Zinc International社のDeshnee Naidoo CEは、Vedanta Resources社はナミビアSkorpion亜鉛精錬所に2億US$を投資し、亜鉛精錬における地域拠点にする戦略に取り組んでいると述べた。同社は、南アにGams・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

南ア:南ア鉱業協会、鉱業憲章見直しの公聴会は2018年2月中旬に延期されたことを発表

 南ア鉱業協会は、2017年11月27日付のプレスリリースにて2017年12月13、14日に予定されていた鉱業憲章の公聴会が2018年2月19、20、21日に延期されたことを発表した。  プレスリリースによると、11月24日に公聴会のために確保された2日間の妥当性を議論するために、鉱業協会の弁護人は裁判官Sulett・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

コスタリカ:加Infinto Gold社、Las Crucitas鉱業コンセッション仲裁判決、延期

 2017年12月6日付け地元紙によると、加Infinito Gold社(本社:バンクーバー)は、国際投資紛争解決センター(ICSID)に対し、コスタリカ政府に損害賠償を求める仲裁請求を行っているが、同請求に対する決定プロセスは延期されたと報じた。  コスタリカ政府は、同国における露天掘工法による金属採掘を禁止し、2・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:経済省は、11鉱業コンセッション取消

 メキシコ経済省は、SGMの要請に基づき、鉱業法の下、11の鉱業コンセッションの取消措置を行った。取消となった鉱区は、南Baja California州、Chihuahua州、Sinaloa州、Jalisco州、Oaxaca州、Nuevo León州に位置し、総面積は266,422haである。最も大きな鉱区は、南Baj・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Fresnillo社、加MAG Silver社は将来のJuanicipio鉱山の利点を強化

 2017年12月7日付け地元紙によると、Fresnillo社と加MAG Silver社は、メキシコのJuanicipio多金属プロジェクトの開発計画の強化継続を進めることを明らかにした。同プロジェクトはFresnillo鉱山から8km離れた場所に位置し、メキシコで最大級の銀を生産し、低コスト操業を進めている。権益比率・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:加Marlin Gold社、La Trinidad鉱山の最新調査結果を発表

 2017年12月5日付け地元紙は、加Marlin Gold社(本社:バンクーバー)がSinaroa州に保有するLa Trinidad鉱山において実施されたボーリング調査の結果を報じている。本調査は、同鉱山内に位置するColinas地域にて実施されているものであり、結果は順次確認されていると考えられる。結果は、着鉱幅3・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

グアテマラ:ロイヤルティ引き上げ議論が続くも、国内鉱業の先行きは不透明

 2017年12月7日付け地元紙は、エネルギー鉱山省がロイヤルティ引き上げのため改正法案を議会に提出した旨報じている。現在、グアテマラ鉱業法に定められているロイヤルティ率はチリやペルーと比べ大幅に下回り、法律で定められた売上高の1%のロイヤルティに加え、ボランタリーなロイヤルティ4%乃至5%を上乗せすることとなっている・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

豪:WA州政府、探鉱インセンティブ制度により探鉱試錐へ補助する44プロジェクトを発表

 2017年12月5日付のメディアによると、WA州政府は同政府が独自に実施している探鉱インセンティブ制度(Exploration Incentive Scheme)として、リチウム、金、ベースメタル、カリウム、石油、ニッケルなどを対象とした44件の試錐プロジェクトへの補助を決定したことを発表した。同制度により2018年・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ホンジュラス:Ascendant Resources社のEl Mochito鉱山、大統領選の混乱はなし

 2017年12月4日付け地元紙は、Ascendant Resources社は、11月27日のホンジュラス大統領選挙から10日近く経過し、未だ当選者が決まらない事態(混乱)に陥っているものの、同社が保有するEl Mochito鉱山は正常に操業を続けていることを明らかにした。ホンジュラス政府は、投票後に暴動が続いているこ・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:豪PanTerra Gold社、Las Lagunas処理プラント計画白紙の可能性を示唆

 2017年12月5日付け地元紙によると、豪PanTerra Gold社は、Las Lagunas処理プラント操業へのドミニカ共和国政府の支援が不十分であるとして、同プラントの計画停止を示唆した。同社の計画では、2019年中旬に尾鉱(ズリ)再処理プロジェクトを完了させ、輸入鉱石を含めた処理を開始する予定であった。同社幹・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:プロジェクト買収、活発化

 2017年12月1日付け地元紙は、11月の鉱山プロジェクトの買収動向に関し報じている。概要は以下のとおり。 ・加Agnico Eagle社は、加GoGold Resources社が保有するSanta Gertrudis金プロジェクト(Sonora州)を80mUS$で買収した。Agnico Eagle社は同プロジェク・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:Peñoles社の亜鉛生産拡張計画順調に推移

 2017年12月5日付け地元紙によると、MetMex Peñoles社は、Torreónに保有する生産プラントに340mUS$を投じ、亜鉛生産量を50%(12万t)拡大する投資を進めている。Peñoles社幹部は、同拡張による操業開始は2018年1月を予定しており、同社の亜鉛生産量は36万tにまで拡大すると亜鉛生産拡・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:2017年1~9月期の対内直接投資額、減少

 2017年12月1日付け地元紙によると、国内鉱業部門への対内直接投資額は2017年1~9月にかけて大幅に減少した。経済省のデータによると、2016年1~9月の対内直接投資額451m万US$に対し、2017年同期は261mUS$と大幅に減少した。主要投資は、加Goldcorp社保有のPeñasquito鉱山におけるリー・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Orex Minerals社、Durango州のSan Luis del Corderoプロジェクト買収の可能性

 2017年12月4日付け地元紙によると、加Orex Minerals社(本社:バンクーバー)は、Exploraciones del Altiplano SA社が保有するSan Luis del Cordero銀・銅・亜鉛プロジェクトの買収に係る Letter of Intent(LOI)を締結したこをと明らかにした。・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

グアテマラ:議会、ロイヤルティ引き上げ改正法案を検討

 2017年12月5日付け業界紙によると、グアテマラ議会・エネルギー鉱山委員会の議員は、同国のロイヤルティは低い率で設定されているとして、同委員会において貴金属を対象としたロイヤルティ率の引き上げ改正法案を検討していることを明らかにした。グアテマラで操業を行っている鉱山企業は、鉱業法に定めた1%に加え、ボランタリーロイ・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

豪:Fortescue社、WA州Solomon鉄鉱石鉱山の先住権を巡る訴訟で豪連邦高裁に上訴する方針を固める

 2017年12月4日付の地元メディアによると、豪Fortescue社が操業するWA州Solomon鉄鉱石鉱山の広い範囲において、2017年7月に豪連邦裁判所がYindjibarndi族の排他的先住権を認定する判決を下したこと関し、Fortescue社は上訴する方針を固めた。これに対し、Yindjibarndi族の代表・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Rio Tinto、合理的な鉄鉱石鉱山操業実現のため、2018年に2.2bUS$を投資することを検討

 2017年12月4日付のメディアは、Rio TintoがWA州における「合理的な(Intelligent)」鉄鉱石鉱山操業を開発するため、2018年に2.2bUS$を投じることを検討していると、豪鉄鉱石責任者であるChris Salisbury氏が語ったと伝えている。合理的な鉄鉱石鉱山操業とは、操業のロボット化と鉄道・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:2017年7~9月四半期の鉱物資源探鉱支出総額が6.8%増加し、475.2mA$となる

 2017年12月4日付のメディアは12月4日に発表された豪統計局の報告書に基づき、2017年7~9月四半期の鉱物資源への探鉱支出額が前期比で6.8%上昇し、475.2mA$となったことが判明したと報じている。特に初期探鉱支出額は前期比で16.9%、探鉱試錐支出額は23.3%の増加となり、豪ジュニア探鉱企業が新規鉱床発・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州鉱業法の不備に端を発する鉱業権無効化のリスク、長期化の様相

 2017年12月4日付の地元メディアは、2017年8月に連邦高裁が申請時手続きの不備を理由にWA州における鉱業権を無効化する判決を下したことに関連し、少なくとも130の鉱業権が同様の理由で有効性に疑義が生じているが、WA州政府は鉱業法の不備を解消し、事態を解決するための関係規則の修正を短期間では実施できないであろうと・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ