閉じる

ニュース・フラッシュ

ベルギー:Aleris Aluminium Duffel社、Aluminium Stewardship InitiativeのChain of Custody Standard Certificateを取得

 2020年7月13日付けのプレスリリースによると、ベルギーAleris Aluminium Duffel社は、ベルギーのDuffelにある製造施設で行われるアルミニウムの精錬・再溶解、鋳造、半加工プロセスについて、Aluminium Stewardship Initiative(ASI)のChain of Custo・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ベルギー:Aurubis社・Olen銅製錬所、2020年6月まで50%の能力での操業となる見込み

 2020年3月12日付けのメディア情報によると、ドイツ・Aurubis社がベルギーで操業しているOlen銅製錬所は、2019年11月にクレーンが施設の電解セクションで倒壊した事故の影響により、2020年6月まで50%の能力で操業しなければならない見込みである。この施設はアノードから銅含有量99.995%のカソードを製・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

スイス:Glencoreの半期生産実績、アフリカの銅生産で伸び悩む

 2019年7月31日付けで、Glencoreが2019年6月末までの半期の生産実績を発表した。同社CEO Ivan Glasenberg氏によると、銅・石炭・亜鉛・ニッケルといった基幹ビジネスの業績は堅調で、概ね予想の範囲であったものの、アフリカの銅の業績は想定に至らなかった模様。DRコンゴのKatangaとMuta・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

スイス、ベルギー:GlencoreとUmicore社、水酸化コバルトの持続的な供給に向け連携

 2019年5月29日付けGlencoreのプレスリリースによると、Glencoreはバッテリー用の水酸化コバルトの持続的な供給に向け、Umicore社と長期的なパートナーシップを締結したと発表した。この連携により、GlencoreがDRコンゴで操業中のKatangaとMutanda事業から回収したコバルトをUmico・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ