閉じる

ニュース・フラッシュ

加:連邦政府が新年度予算案を公表、温室効果ガス削減目標を引き上げ、環境関連・バッテリーメタル事業を後押し

 2021年4月19日、連邦政府は2021年度予算案を公表した。新型コロナウイルスにより疲弊した経済の回復と低炭素化社会への移行に向け、2021年度から3年間で101.4bC$を投じ、気候変動対策には17.6bC$を充てる。電気自動車(EV)メーカーの誘致や大規模な温室効果ガス(GHG)排出削減事業の支援、クリーン技術・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

豪・加:Kirkland Lake Gold社、総額375mUS$を投じて温室効果ガス排出削減などを目的とする技術センターを豪及び加に設立

 2021年4月7日付けの地元メディアによると、VIC州Fosterville金鉱山などを操業する加Kirkland Lake Gold社は、今後5年間に75mUS$/年、総額375mUS$を投じて豪州やカナダで同社が操業を行う鉱山の付近に技術センターを設立することを明らかにした。Kirkland社は、同社の持続可能性・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

加:Barrick Gold社、2030年までの温室効果ガス削減目標を30%に引き上げ

 加Barrick Gold社は、2021年4月8日に公表したサステナビリティレポートの中で、2030年までの温室効果ガス(GHG)削減目標を従来の10%から30%に引き上げることを表明した。同社は2050年までにGHG排出量を実質ゼロとすることを最終目標としており、戦略的ロードマップには、米国及びマリのプロジェクトへ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:カナダ鉱業協会、廃滓施設管理に関するガイドラインを更新

 2021年4月7日、カナダ鉱業協会(MAC)は、2020年8月に公表された廃滓施設管理に関する国際業界規格(GISTM:Global Industry Standard on Tailings Management)に基づき、同協会の廃滓施設管理に関するガイドラインを更新した。これにより、会員企業はGISTMと同等、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:Vital Metals社、加NT準州Nechalachoレアアース鉱山での採掘を開始

 2021年3月26日付けのメディアによると、豪Vital Metals社は、加NT準州Nechalachoレアアース鉱山での採掘を開始したことを明らかにした。同社はこの採掘を開始することにより、米USA Rare Earth社を除き、北米で唯一レアアース採掘を行う企業となる。Vital Metals社は同鉱山における・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

加:連邦政府、クリティカルミネラルに対する外国企業による投資の審査を強化

 加連邦のイノベーション・科学・経済開発省は2021年3月25日の声明で、カナダ投資法(ICA)に基づく投資の国家安全保障レビューに関するガイドラインの更新を発表した。外国投資による国家安全保障上のリスクが懸念される分野として、機密性の高い個人データ、特定の機密性の高い技術、クリティカルミネラル(重要鉱物)、国有企業ま・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:BHP、銅・ニッケルの探鉱拠点をトロントに移転へ

 2021年3月にトロントでオンライン開催されたカナダ探鉱開発者協会(PDAC)年次総会において、BHPのLaura Tyler最高技術責任者は、銅とニッケルの探鉱本部をチリ・サンティアゴからカナダ・トロントに移転する計画であると語った。同氏はプレゼンテーションの中で、持続可能な社会の実現に向けては、今後30年間で銅と・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:連邦政府、クリティカルミネラルリストに31鉱種を指定

 加連邦政府は2021年3月11日、同国の経済安全保障上必要不可欠かつ低炭素化経済への移行に必須で、同国が同盟国に対する持続可能な供給源となる鉱物資源を「クリティカルミネラル(重要鉱物)」と定義し、以下のとおり31鉱種を指定した(鉱種名のアルファベット順)。
 アルミニウム、アンチモン、ビスマス、セシウム、クロム、コ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:ON州政府が独自のクリティカルミネラル戦略を策定へ

 加ON州政府は2021年3月10日、投資を呼び込み世界市場における競争力を向上させ、更には鉱業分野における雇用及び機会を創出するため、州独自のクリティカルミネラル(重要鉱物)戦略を策定することを発表した。Greg Rickford北部開発エネルギー鉱山大臣は声明の中で、「本戦略の策定により、レアアースを含むクリティカ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米・加・エストニア:Neo Performance Materials社及びEnergy Fuels社、欧州と北米にまたがるレアアース生産イニシアティブを発表

 2021年3月1日付けのプレスリリースで、加Neo Performance Materials社と米Energy Fuels社は欧州と北米にまたがる新しいレアアース生産イニシアティブを発表した。このイニシアティブに基づき、高付加価値のレアアース製品を米国南東部で採掘された重ミネラルサンドの副産物である天然モナズ砂から・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

加:Vital Metals社がレアアース炭酸塩のバルクサンプルを生産

 豪Vital Metals社は加NT準州のNechalachoプロジェクトで、12kgのレアアース炭酸塩のバルクサンプルを生産した。同社は2021年Q2の生産開始に向けて準備を進めている。このバルクサンプルは現在、オフテイクパートナーであるノルウェーのレアアース分離・精製会社REEtec社に出荷するための準備が進めら・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

加:DeepGreen Metals社がSPAC上場を計画

 加DeepGreen Metals社は、特別買収目的会社(SPAC)であるSustainable Opportunities Acquisition社との合併を通じて株式市場への上場を計画していると発表した。新会社の社名はThe Metals Company社で、想定評価額は約2.9bUS$を見込む。本上場は、スイス・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト シリコン(ケイ素) ニッケル マンガン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:カナダ鉱業協会、2020年の同国鉱業界の最新状況をまとめたレポートを公表

 2021年2月24日、カナダ鉱業協会(Mining Association of Canada:MAC)は、同国鉱業界の最新動向や政策提言をまとめた年次レポート「Facts & Figures 2020」を公表した。2019年の主な指標については、鉱業セクターの名目GDPが109bC$で全産業の約5%を占めたことが強・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:Anglo Pacific社、Voisey’s Bayニッケル・銅・コバルト鉱山に関し205mUS$のストリーミング契約を締結

 2021年2月24日付けメディアによると、英国の投資会社Anglo Pacific Group社は、Valeが保有・操業するNL州Voisey's Bayニッケル・銅・コバルト鉱山に関し、コバルト生産量の32.6%のうち70%の引取権をプライベート・エクイティ(PE)ファンドから205mUS$を現金で支払うほか、コバ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米・加:米NV州が世界で最も魅力的な鉱業投資先の地域に選ばれるとともに、加SK州、QC州、NL州も上位10位以内にランクイン

 2020年2月23日付けで公表された、加調査会社Fraser Instituteによる2020年版の世界の鉱業投資魅力度の調査結果によると、77地域中、米NV州が鉱業投資家にとって最も魅力的な地域となった。2019年版調査結果では9位だった米AZ州が2位に、また11位だった加SK州が3位に入った。4位に豪WA州、5位・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

米・加:丸紅と米Retriev Technologies社がリチウムイオン電池リサイクルに関する戦略的パートナーシップ契約を締結

 2021年2月17日付けニュースリリースによると、丸紅は、北米最大手電池リサイクル業者である米Retriev Technologies社と、使用済みリチウムイオン電池(LIB)のリサイクルに関する事業開発に係る戦略的パートナーシップ契約を締結した。Retriev社は米OH州に2工場、加BC州に1工場を有し、これまでに・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:Rio Tinto、低炭素鉄源生産に関するMOUを欧州2社と締結

 2021年2月16日付けのプレスリリースによると、英豪Rio Tintoは、同社が58.7%の権益を保有するIron Ore Company of Canada(IOC)社と、Paul Wurth S.A.社及びSHS-Stahl-Holding-Saar社が、鉄鉱石ペレットを低炭素鉄源であるHot Briquett・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加・ノルウェー:Vital Metals社、REEtec社とレアアース酸化物供給に関する5年間のオフテイク契約を締結

 2021年2月2日付けのプレスリリースによると、豪Vital Metals社はノルウェーREEtec社と5年間にわたり、年間1千t(セリウムを除く)のレアアース酸化物を供給する最終オフテイク契約を締結したと発表した。レアアース酸化物は、Vital Metals社のカナダNT準州のNechalachoレアアース鉱山から・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

加:Vision Lithium社、高純度炭酸リチウム生成を発表

 加Vision Lithium社は2021年2月11日、QC州に保有するSirmacプロジェクトのリシア輝石精鉱から、SGS Canada社のLakefield研究所において、99.99%の炭酸リチウムが生成できたことを発表した。選鉱試験は磁選、重液選別、浮選から構成され、平均品位:Li2O 6.23%の精鉱を88.・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:連邦政府、クリーンで革新的な技術開発へ55mC$投資

 2021年2月11日、加連邦政府は国内で温室効果ガスの削減、従来の採掘手法による環境への影響低減や持続可能な農業に対する革新的なソリューションを開発している中小企業20社に対し、Sustainable Development Technology Canada(SDTC)を通じて55.1mC$を助成すると発表した。本・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ