閉じる

ニュース・フラッシュ

チリ:Jobetエネルギー・鉱業大臣やAntofagasta Minerals社、ロイヤルティ引き上げ法案に反対の意を示す

 2021年4月12~13日に開催されたCRU World Copper Conferenceにおいて、Juan Carlos Jobetエネルギー・鉱業大臣は、現在検討されている銅とリチウムのロイヤルティを引き上げる法案について、違憲であると反対の意見を述べた。また、「我々政府は同法案に対し支援はしない、政府が鉱業か・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

エクアドル・チリ:CODELCO、Llurimagua銅プロジェクト進展に向け国際商業会議所で仲裁手続き開始

 2021年4月8日付けで、CODELCOは、Llurimagua銅プロジェクト(Imbabura県)に関して、自らはこれまで合意した義務を全て果たした一方で、エクアドル政府と鉱業公社(ENAMI EP)は契約を遵守していないとして、国際商業会議所で両者との仲裁手続きを開始したと発表した。CODELCOは、この仲裁によ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:Los Bronces銅鉱山の遠隔操業センターをサンティアゴ市内に開設、初の遠隔操業鉱山誕生へ

 2021年4月6日付け地元紙によると、Anglo Americanは、首都サンティアゴ市から北東45kmに位置するLos Bronces銅鉱山の操業を、サンティアゴ市内から監視、操作する遠隔操作センターを立ち上げたと発表した。同社によれば、掘削、鉱石の積込運搬、破砕、粉砕、浮遊選鉱のプロセスを観察できる。同センターに・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:Maricunga塩湖リチウム抽出技術のパイロットプラント建設に8.6mUS$を投資

 2021年4月5日付け地元メディアによると、SIMCO社(チリ・Errázurizグループ)、米IBC Technologies社、蝶理の3社による、Maricunga塩湖におけるかん水からリチウム分だけを抽出するIBC社の分子認識技術(Tecnología de Reconocimiento Molecular:M・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2021年2月の銅生産量は対前年同月比5%減少

 Cochilcoが発表した2021年2月の銅生産量は、対前年同月比5%減の425.5千tであり、9か月連続で前年同月を下回り、月産別では2019年2月以降で最も低い結果となった。
 2021年1月における会社別の銅生産量は、CODELCOが133千t(対前年同月比20.4%増)、Collahuasi銅鉱山が57千t・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:Capstone社、Santo Domingoプロジェクトにおいて金ストリーム契約締結、所有権が100%に

 2021年3月25日付けで加Capstone社は、チリAtacama州に位置するSanto Domingo銅・鉄・金・コバルトプロジェクトにおいて、加Wheaton Precious Metals社と金の生産に関する貴金属購入「ゴールドストリーム」契約を締結したことを発表した。Wheaton社は、30mUS$の前払い・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 コバルト
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:産業開発公社がサポートする鉱業におけるグリーン水素技術開発

 2021年3月23日付け地元メディアは、チリ産業開発公社(CORFO:Corporación de Fomento de la Producción)がサポートする鉱業界におけるグリーン水素関連の技術開発事例3件を紹介した。
 鉱業省とエネルギー省による公表値によると、チリ国内鉱業におけるエネルギー消費量の45%が・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:下院財務委員会が新ロイヤルティに関する法案を否決

 2021年3月18日付け地元メディアによると、下院財務委員会は、年産12千tの銅もしくは50千tの炭酸リチウムを生産する企業には生産鉱物価値に対して3%の新しい税を導入するという新ロイヤルティ法案に関する採決を行い、賛成7票/反対5票で否決された。鉱業セクターは、現在の営業利益率によって変動する税率に加えて売り上げ対・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、Chuquicamata地区の従業員数が大幅減

 2021年3月18日付け地元メディアによると、CODELCOは、従業員数削減について、露天採掘から坑内採掘へ転換したChuquicamata地区の従業員数は3,898名で、2019年の4,899名に比べ26%減少したと報じている。同じく対前年比でVentanas地区は11%、Andina地区では10%減少した。COD・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、Radomiro Tomic銅鉱山のマインライフを2030年まで延長する環境承認を取得

 2021年3月16日付けCODELCOは、Antofagasta環境委員会が、Radomiro Tomic銅鉱山の操業を2030年まで延長する環境影響宣言書(DIA)を全会一致で承認したことを発表した。当初、同鉱山は2022年に操業を終了する予定であった。一次破砕施設の移転と低品位鉱石の処理のためのバイオリーチング技・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Antofagasta Minerals社、2020年収益は前年比3.3%増

 2021年3月16日付けAntofagasta Minerals社は、2020年の決算報告を発表した。2020年の収益は、銅価格の上昇により前年比3.3%増の51.3bUS$、純利益は2019年の501.4mUS$から506.4mUS$に増加した。2020年の銅生産量は733.9千t(前年比4.7%減)であり、202・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:下院が新ロイヤルティに関する議論を再開

 2021年3月4日付け地元メディアによると、1年前に下院鉱業委員会で承認されていた銅とリチウムに関するロイヤルティ法案についての議論を下院財政委員会が再開したことを報道した。この法案は年産12千tの銅もしくは50千tの炭酸リチウムを生産する企業には生産鉱物価値に対して3%の新しい税を導入するというもの。現在、チリの主・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、2020年の余剰金は55%増の2.078bUS$

 2021年2月26日付けCODELCOは、2020年の余剰金が前年比55%増の2.078bUS$であったことを発表した。好業績は価格の効果だけでなく、黒字の57%は生産と販売の増加、工場の操業継続性等の適切な管理状況による貢献であると説明している。銅生産は2019年より30千t多い1,618千tに達し、直接コスト(C・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Mantos Copper社、Mantoverde銅鉱山拡張のための資金調達完了を発表

 Mantos Copper社は2021年2月12日、Mantoverde銅鉱山の深部硫化鉱を対象とした拡張プロジェクトのため、846.6mUS$の資金調達が完了したことを発表した。融資パッケージには520mUS$のシニア担保付債務(12年償却)と閉山計画履行保証のための51.6mUS$のシニア担保付債券が含まれる。三・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:SQM社、5百万株が競売にかけられ75.7%を海外ファンドが取得

 2021年2月8日付けメディア報道によると、SQM社の株式競売(5百万株)が行われ、1株あたり37,500CLP(チリペソ)で売却され、総額は253.7mUS$に達した。市場の注目を集めたのは、多くの海外投資家が競売に参加したことであり、75.65%の株式を海外投資家が取得した。関係筋によれば、名前は明らかにされてい・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Cochilco、2021年の銅価格を3.3US$/lbと予想

 2021年1月27日、Cochilcoは2021年の銅価格の予想を3.3US$/lb、2022年は3US$/lbと発表した。2020年11月時点では、2021年の銅価格を2.9US$/lbと予想していた。CochilcoのJorge Cantallops氏は、「コロナワクチン接種の早期開始への楽観的な見方が広がったこ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2020年の再生可能エネルギー容量は1.34GW増加し約7.3GWに

 地元メディアは、2020年にチリ国内で増加した再生可能エネルギー容量は1.34GWであり、約7.3GWに達したと報道した。また、チリ再生可能エネルギー協会(Asociación Chilenade Energias Renovables AG:ACERA)の記者会見の内容として、現在5.9GW分の発電施設の建設計画が・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Gold Fields社、Salares Norte金プロジェクトの建設開始

 2021年1月22日付、Gold Fields社は、Salares Norte金プロジェクトの建設を開始したことを発表した。投資額は860mUS$であり、2022年末までに建設を完了し、2023年から年間2百万tの鉱石を処理しドーレの生産を行う計画。Atacama州のDiego de Almagro市東部、標高3,9・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Antofagasta Minerals社、2020年の銅生産量は前年比4.7%減の733.9千t

 2021年1月20日付けAntofagasta Minerals社は、2020年第4四半期銅生産量を発表した。操業効率の向上により、2020年第4四半期の銅生産量は前年比13.6%増の192.6千tに達した。通年の銅生産量は733.9千t(前年比4.7%減)となり、コロナ禍にもかかわらず当初予想通りの生産量に達した。・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Cochilco、鉱業セクターの電力消費量が今後10年間で34%増加すると予想

 2021年1月19日、CochilcoはWebinar「銅鉱業におけるエネルギー消費の現状と展望」を開催し、鉱業セクターの電力消費量が今後10年間で34%増加(2020年の25TWhから2031年には33.4TWh)する予想を発表した。鉱山各社は再生可能エネルギー使用のため電力会社との再契約を進めており、2023年に・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ