閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:電解アルミニウムが新たな変局を切り開く

 2021年4月1日の現地報道によれば、新旧生産能力の置換が電解アルミニウム業界に第一次供給改革をもたらす場合、カーボンニュートラルとその政策は、この業界を第二次供給改革に突入させることになる。
 2020年9月、中国はより強力な政策と措置をとり、二酸化炭素排出量を2030年までにピークアウトさせ、2060年までにカ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:再生可能エネルギー開発・利用規模は世界一を維持

 2021年3月30日の現地報道によると、中国の再生可能エネルギー開発利用規模は世界一を維持し、エネルギーのグリーン・低炭素型への転換を強力に支援している。
 国家能源局によると、2020年末時点の全国の再生可能エネルギー総発電設備容量は930百万kWで、総設備容量に占める割合が42.4%に上り、2012年より14.・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

豪・中:中国における鉄鉱石の月間輸入が2021年3月に増加、豪州からの輸入も増加した模様

 2021年4月13日付けの地元メディアによると、中国における鉄鉱石の2021年3月の月間輸入量及び輸入高が102.11百万t及び16.4bUS$と、前年同月比でそれぞれ18.9%増及び32.0%増となり、全品目における豪州からの輸入額も13.2bUS$と、前年同月比48%増となったことが中国税関当局の最新の発表で明ら・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

中国:レアアース製品の追跡を推し進め、レアアース産業業界の品質を高める

 国際標準化組織レアアース技術委員会は現在、レアアース製品の追跡に関する国際基準の検討を行っており、「レアアース鉱山から分離段階までのサプライチェーンにおけるレアアース製品のトレーサビリティ」と名付けている。同基準について、カナダと豪州が先頭に立って基準案を作成しており、2021年11月に公表される予定である。
 海・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:北方希土、磁石企業の株式権益を買収予定

 2021年3月27日の北方希土の公告によると、同社は現金3,218.2万元を投入し、傘下の包頭希土研究院の持株子会社である内モンゴル包鋼希土磁石材料有限公司(以下、「磁石材料公司」という。)の11.31%株式権益を買収予定である。買収により、北方希土の磁石材料公司に対する統制がさらに強化され、会社の内部企業株式投資関・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:自然資源部、レアアースなど国家戦略的資源・重要鉱種に対する監督管理を強める

 自然資源部は最近通知を発表した。本通知に基づき、衛星画像による法執行作業を組織的に展開することにより、耕作地の違法占有や破壊、長江流域や黄河沿岸の土地の違法使用、レアアースなどの戦略的鉱種の違法採掘等の天然資源の違法行為を速やかに発見する。「月次内に処理、四半期ごとに調査確認、年度ごとに評価」とする要求に従い、各地で・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:新規洋上風力発電設備の設置が速まり、風力発電における銅需要の複合成長率は10%に達する

 銅は、風力発電所で幅広く使われており、洋上風力発電による銅使用量は陸上風力発電の約3倍である。
[caption id="attachment_154914" align="aligncenter" width="625"]            資料供給ソース:WoodMackenzie、GWEC、IRENA、東・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中:輸入鉄鉱石の価格が167.88US$/tと6.58%値上がり、鋼鉄製品の需要拡大が背景か

 2021年3月30日付けのメディアによると、Fastmarkets MBによる品位:Fe 62%粉鉱の中国CFR価格が、中国における建設産業や製造産業が活発化していることに伴う鉄鋼需要の伸びを背景に、2021年3月29日の時点で167.88US$/tと前回取引の価格から6.58%値上がりしたことが明らかになった。中国・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

中国:2020年12月、国内の錫精鉱輸入が再び減少、錫地金の純輸入は継続的な伸び

 中国税関のデータ統計によると2020年12月、錫精鉱の輸入量は前年同月比19.1%減の16,162tで、前月比7.8%減となった。金属量に換算すれば、前年同月比7.9%増の3,861tで、前月比5.2%減となった。このうち、ミャンマーからの輸入量は前年同月比27.5%減の13,735tで、前月比10.2%減となった。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年の亜鉛製品輸入概要、国内亜鉛製錬能力拡張の効果により、輸入製品の構造が変化

 税関の最新値によると、2020年12月、国内の亜鉛精鉱は324千tを輸入し、前年同月比49.9%増であった。2020年通年の輸入総量は3.822百万tで、前年比20.4%増であった。過去10年以来の最高の輸入量を更新した。
 2020年12月の中国の亜鉛地金及び亜鉛合金輸入量については、前月比7.0%減の66千t、・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:工業情報化部、新しい鉄鋼産業生産置換方法と事業登記に関する指導意見を策定中

 国新弁公室が2021年1月26日に開いた記者会見によると、工業情報化部運営監視協調局の黄利斌局長は、次のように表明した。
・今後、工業情報化部は主に鉄鋼業界の合併・再編業務等下記4分野を推し進め、鉄鋼生産の低減を促進する。
・新規鉄鋼生産能力の増加を禁止する。建設の必要がある鉄鋼製錬プロジェクトに対しては、生産能・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:リチウムイオン電池用銅箔業界、2021年も好調

 現地報道によると、リチウム電池(LIB)負極集電体の主要材料である銅箔の価格は、2020年後半に上昇した。2021年に入ってリチウム銅箔産業の高い景気度の持続性に関して、上海証券報の記者が業界の複数企業を取材したところ、業界には2つの新たな態勢が現れている。第1に、大手企業が次々と生産を拡大していること。第2に、銅箔・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:白金族金属の供給が以前不足、ロジウムは最高価格を更新

 安泰科によると、Nedbank銀行のアナリストArnold Van Graan氏は、白金族金属市場、特にパラジウムとロジウムの長期的な供給逼迫の可能性が高く、これは白金族金属価格を下支えすることが予想されると述べた。供給の逼迫、市場の不足、中国の自動車触媒の需要の強さにより、ロジウム価格は引き続き過去最高値を記録した・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:再生銅、2020年の振り返りと2021年の見通し

 2020年は、再生銅供給が需要に追いつかない状態が続いた。再生銅の2020年の供給総量は、前年比8%増の3百万tであった。そのうち、輸入量は前年比36.89%減の944千tであった。2020年の再生銅供給総量は小幅に伸びたが、コンサル・我的有色網の統計によると、2020年川下分野の廃棄物利用企業の生産能力は1.59百・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2021年のレアアース関連企業の春節動向調査

 現地報道によると、間もなく訪れる2021年の春節を前に、コンサル会社・我的有色網がレアアース業界へ春節の影響について調査を行った。状況は以下の通り。
1.レアアース分離・製錬企業では、通常生産を行い、磁石材料企業は早めの休みとなる
 2021年のレアアース分離・製錬企業の生産現場は、春節期間中、ほぼ通常生産を保つ・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:国務院、電気自動車の低温走行性能向上のための技術検討会を開催

 2021年1月26日、国務院新聞弁公室の記者会における工業情報化部の報道官・運行監視協調局の黄利斌局長の紹介によると、工業情報化部は最近、専門家を集め、低温下での電気自動車(EV)の利用問題の解決促進の技術検討会を開催した。
 従来型のガソリン車と比べ、EVは省エネ・排出物削減・利用コストの低下、メンテナンスの便利・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:工業情報化部原材料工業司は、中国有色金属工業協会を視察

 安泰科は2021年1月22日、工業情報化部原材料工業司が中国有色金属工業協会を視察、会議を開催し、2021年の重要業務及び「第14次5か年計画」業界発展構想などの問題について交流を行った。
 中国有色金属工業協会側は、政府へのサポート業務、企業に対するサービス提供、業界自身の強化などの分野で展開している関連業務を説・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年インドから鉄鉱石輸入が90%近く伸び

 現地報道によると、2020年、世界最大級の鉄鉱石生産国である豪州とブラジルは、依然中国にとって最大の供給国となった一方で、鉄鉱石の価格高騰により、中国の製鉄所は原材料の調達先多様化を図り、インドからの鉄鉱石輸入が88%伸びた。中国税関総署が2021年1月20日に発表したデータによると、豪州の鉄鉱石出荷量は7%増の71・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年12月、豪州からの銅鉱石輸入がゼロに

 現地報道によると、2021年1月20日の税関統計値では、2020年12月、中国は豪州から輸入する銅精鉱が完全になくなり、月間出荷量が16年ぶりにゼロとなった。両国の関係が緊張状態にあり、数多くの製錬所が豪州からの供給を避けていることが主な要因であった。
 データによると、豪州は2020年には中国にとって6番目に大き・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年12月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科によると、2020年12月のサンプル企業22社※の銅カソード生産は、前年同月比5.96%増の803.9千tで、前月比9.34%増となった(11月の修正後月間生産量は735.2千t)。12月、一部企業では点検作業が実施されたが、銅カソードの生産に対する影響は少なく、また、年間生産目標を達成するため、一部企業では生・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ