閉じる

ニュース・フラッシュ

マラウィ:政府、豪Paladin Energy社によるKayelekeraウラン鉱山の売却を承認

 2020年3月2日付け豪Paladin Energy社の発表によると、同社はKayelekeraウラン鉱山の権益85%の売却について、マラウィの天然資源エネルギー鉱業省と財務・経済計画発展省の承認を得た。権益の売却先は65%が豪Lotus Resources社及び20%がLily Resources社となり、15%は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マラウィ:加英ジュニアMkango Resources社のREEプロジェクトの進展

 2019年8月19日付け加英ジュニアMkango Resources社の発表によると、同社が保有するマラウィ・Songwe Hillレアアース鉱床(カーボナタイト)について、戦略的パートナーとなるTalaxis社(Noble Group)の拠出が行われており、FSが進捗中である。同鉱床の2012年のPEAの結果では、・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 ジスプロシウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マラウイ:Mkango Resources社、Songwe HillレアアースプロジェクトのプレF/S結果を公表

 加Mkango Resources社は2014年9月23日付で、同社が100%権益を保有するマラウイSongwe HillレアアースプロジェクトのプレF/S結果を公表した。それによると、当該プロジェクトの税引き後NPVは2.93億US$(10%ディスカウントレートを使用)、税引き後IRRは36%、CAPEXは2.17・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

マラウイ:PaladinのKayelekeraウラン鉱山、ウラン精鉱を輸送中のトラックが横転

 豪Paladin Energy Ltd.(本社:Perth、以下Paladin)は2014年2月17日、マラウィのKayelekeraウラン鉱山でウラン精鉱を輸送中のトラック一台が横転し、酸化ウラン(U3O8)が漏れ出す事故があったことを報告した。トラックはKayelekera鉱山からナミビアのWalvis Bayま・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

マラウイ:豪ジュニア、首都リロングウェ周辺でのグラファイト権益を取得

 銅、金をターゲットとする豪のジュニアSovereign Metals Ltd.(本社:パース)は、マラウイでグラファイトのプロジェクト(Central Malawiプロジェクト)を有するMcCourt Mining Pty Ltd.を買収する計画を2012年8月14日に発表した。同プロジェクトは、首都リロングウェ周辺・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

マラウイ:Lynas社、Kangankundeプロジェクトの所有について

 マラウイのKangankundeレアアースプロジェクトについて、Lynas Corporation Ltd.(本社:豪シドニー、以下Lynas)は、2007年9月7日に所有者であるマラウィ現地私企業と購入契約を締結、2010年12月22日に鉱山大臣及びマラウィ投資促進庁からの取得承認手続が完了したと発表していたが、2・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
栗原政臣

マラウイ:米政府がマラウイの電力インフラ整備に350百万US$を無償で供与

 2011年1月5日の米国政府機関の発表によると、米政府はマラウイの発電・送配電網整備に350.7百万US$の無償援助を行うことを決定した。 これは、2001年9月の同時多発テロを契機として2002年に米国が50億$を拠出して創設したミレニアムチャレンジアカウント(MCA)により支援されるものであり、MCAは途上国の中・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

マラウイ:Kangankundeレアアース・プロジェクト買収に関し、Lynas社はマラウィ政府からの承認取得

 2010年12月22日、Lynas Corporation Ltd.(本社:豪Sydney、以下Lynas)は、マラウィKangankundeレアアース・プロジェクトの取得手続が完了したと発表した。2007年9月7日に所有者であるマラウィ現地私企業と購入契約を締結していたが、今回の発表では、鉱山大臣及びマラウィ投資促・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
増田一夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ