閉じる

ニュース・フラッシュ

フィリピン:政府は閉鎖・操業停止中の鉱山の操業再開を企図

2020年6月26日付け地元メディアによると、フィリピン環境天然資源省(DENR)は引き続き、政府の一連の鉱山監査の指摘による同国内の閉鎖・操業停止中の鉱山に対する確認を実施している。確認結果に問題の無い鉱山を操業再開させることにより、雇用を増加させ、ひいては国の鉱業からの収入を増加させることが目的で、新型コロナウイル・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:コロナの影響により2020年のニッケル生産量は減少の見込み

 2020年6月30日付け地元メディアによると、フィリピン・ニッケル産業協会(PNIA)のDante Bravo会長は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年の同国のニッケル生産量が減少する見通しであることを明らかにした。同会長は理由として、世界全体の景気後退により中国のステンレス鋼輸出が減少、それにより鉱石・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:2020年第1四半期の金属総生産額が前年同期比11%減少

 2020年5月24日付け地元メディアによると、フィリピン環境天然資源省鉱山地球科学局(MGB:Mines and Geoscience Bureau)は、2020年第1四半期の金属生産額が前年同期比10.7%減の24.86bPHP(フィリピンペソ:約534.5億円)となったことを明らかにした。同国では既に新型コロナウ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:閉鎖されていた鉱山も含めて、すべてのニッケル鉱山は再開

 2020年5月14日付け地元メディアによると、世界第1位のニッケル鉱石輸出国であるフィリピンのニッケル鉱山は、新型コロナウイルス感染拡大を受け操業停止していた鉱山もあったが、現在はすべての鉱山に操業許可が出ている。ただし、感染拡大防止のため、現場(鉱山・製錬所・工場)での労働力を操業能力の50%以下にし、在宅勤務や他・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:2019年の金属生産額が7%増

 2020年4月20日付け地元メディアによると、フィリピン環境天然資源省鉱山地球科学局(MGB:Mines and Geoscience Bureau)は、2019年の金属生産額が前年比7%増の130.73bPHP(フィリピン・ペソ:約2,780億円)となり、3年連続増加したことを明らかにした。
 そのうち、ニッケル・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン・マレーシア、インド:東南アジア等での新型コロナウイルス感染拡大による鉱山等操業停止について

 標題のニュースに関して、現時点での東南アジア諸国等における金属鉱山・製錬所の操業停止について、主な報道情報を取りまとめた。
 2020年4月1日付け地元メディアによると、フィリピンMindanao島北Surigao州の鉱山が4月1日から一時操業停止になった。3月28日付けの州知事命令に基づく措置で、期間は不明。鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:MGBが閉鎖された鉱山に対する措置についてガイドラインを通達

 2020年2月6日付地元メディアによると、フィリピン環境天然資源省鉱山地球科学局(MGB:Mines and Geoscience Bureau)は、閉鎖された鉱山における環境の修復等の措置及び維持のプログラム(CMP:Care and Maintenance Program)について、その実行に必要なガイドラインを・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:中国・盛屯鉱業社、ウェダベイ工業団地でニッケルマット年産3.4万tの事業投資決定

 安泰科によれば、盛屯鉱業集団株式有限公司は、第9回取締役会第37期会議で「インドネシアウェダベイ工業団地におけるニッケルマット年間生産3.4万t事業投資案」を採択した。子会社の宏盛国際資源有限公司を投資主体、合弁企業友山ニッケル業インドネシア有限公司を実施主体と設定し、自己資金や外部からの融資を資金元とする。投資総額・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

フィリピン:ニッケル産業発展のロードマップを2020年内に策定へ

 2020年1月8日付け地元メディアによると、フィリピンニッケル産業協会(PNIA)Isidro C.Alcantara会長は、ニッケル産業発展のロードマップを2020年内に設定するため、同国環境天然資源省(DENR)と調整を開始していることを明らかにした。PNIAが設置するロードマップ策定のための作業グループには、D・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:国内製錬会社への鉱物販売価格、HPM(鉱物ベンチマーク価格)を基準に設定へ

 2020年1月28日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省は、鉱業会社による国内製錬会社への鉱物販売価格を、毎月同省が設定しているHPM(Harga Patokon Mineral:鉱物ベンチマーク価格)を基準にして決定することを義務付ける規定を準備していることを明らかにした。同省Yunus Saefulha・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2019年のニッケル鉱石生産量及び輸出量が急増

 2020年1月23日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省は、インドネシアの2019年のニッケル鉱石の生産量及び輸出量が急増したことを明らかにした。同省Yunus Saefulhak鉱物事業開発局長は、生産量が2018年の22.14百万tから138.3%増の52.76百万t、輸出量が2018年の20.07百万・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTVIのInalumへの株式20%譲渡は2020年9月完了の見通し

 2020年1月23日付け地元メディアによると、PT Vale Indonesia(PTVI)のPT Inalum(PT Indonesia Asahan Aluminium(Persero))への株式20%譲渡について、2019年末に予定されていた最終合意書への署名を2020年第1四半期まで延期していたが、2020年・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:国民議会、2020年内に鉱業法等の改正を終える方針

 2020年1月22日付け地元メディアによると、インドネシア国民議会第7委員会は、2020年内に3法案の改正・策定を終える方針を明らかにした。3法案とは、2009年鉱業法、2001年石油ガス法、そして再生可能エネルギー法案を指す。このうち、鉱業法の改正については、鉱物の国内加工義務(高付加価値化)、外資の出資比率及び石・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFIの国内新規製錬所建設は2020年第2四半期から本体建設工事に着手

 2020年1月20日付け地元メディアによると、Papua州Grasberg銅・金鉱山を操業するPTFI(PT Freeport Indonesia)のTony Wenas社長は1月17日、東Java州Gresik・Java統合工業港湾団地(JIIPE)において進めている新規銅製錬所建設について、2020年第2四半期に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:国内新規製錬所の建設進捗に遅れ、2019年は1か所のみ稼働開始

 2020年1月13日付け地元メディアによると、インドネシア鉱物加工精製協会(AP3I)Jonatan Handojo副会長が国内新規製錬所建設の進捗に遅れが出ていると述べた。エネルギー鉱物資源省によると、2019年中に3か所の稼働開始が予定されていたが、実際に稼働開始となったのはPT Wanatiara Persad・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:EUがインドネシアをWTOに提訴及びその後の動向

 2019年11月22日、EU(欧州連合)がインドネシアをWTO(世界貿易機関)に提訴したと発表した。以降の地元メディアの報道を取りまとめた。
 EUの欧州委員会は11月22日、EU域内のステンレス製造会社の原料調達が不当に制約されており、国内の製錬所・ステンレス産業に有利となるよう、インドネシア政府がニッケル鉱石等・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:鉱業ロイヤルティの料率を改定

 2019年12月11日付け地元メディアによると、インドネシア政府は鉱業事業者に納付を義務付けている鉱業ロイヤルティの料率を改定した。新料率を定めるエネルギー鉱物資源省政令(鉱物石炭分野の税外収入に関する改定政令:2019年第81号)は、2019年11月20日付けで制定、11月25日付けで公布、12月25日から施行され・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 ニッケル マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:Global Ferronickel社、上海宝鋼資源国際有限公司とニッケル鉱石1百万tの供給契約を締結

 現地報道によれば、2019年11月20日、フィリピン第2位のニッケル鉱石生産会社であるGlobal Ferronickel社は、宝鋼資源国際有限公司(Baosteel Resources International Co.,Ltd.)と、2020年にニッケル鉱石を1百万t供給するという契約を締結したと発表した。当該企・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

インドネシア:政府が一時的な低品位ニッケル鉱石輸出禁止措置を解除

 2019年11月8日付け地元メディアによると、Luhut Pandjaitan海事投資調整大臣は11月7日、10月29日から実施していた一時的な低品位ニッケル鉱石の輸出禁止措置を解除したことを発表した。輸出許可が付与されており、低品位鉱石(品位:Ni 1.7%未満)であるという条件を満たしていれば、規定どおりに201・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:インドネシア・低品位ニッケル鉱石禁輸前倒しに対する具体的な動き

 2019年10月8日付け地元メディアによると、フィリピンのニッケル大手Nickel Asia(NAC)社はDinagat Islands州・Cagdianaoニッケル鉱山の2020年生産量を3百万wmtで計画していると述べた。2019年より10%増となる。
 また、2019年10月11日付け地元メディアによると、環・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ