閉じる

ニュース・フラッシュ

南ア:政府は、水素社会ロードマップの検討を進めている

 2021年4月14日付けメディアによると、南ア科学イノベーション省は、2020年より検討してきた南ア水素社会ロードマップ(HSRM)について、2021年の年末か2022年初めに閣議決定される予定であるとした。同省の水素・エネルギー担当部長のRebecca Maserumule氏は、「規制面でのサポートを迅速に整備でき・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Impala Rustenburg白金族鉱山、社会・労働契約によるインフラをコミュニティに引き渡す

 2021年4月9日付けメディアによると、南ア白金生産者Impala Platinum groupの鉱山のひとつImpala Rustenburg白金族鉱山にて、社会・労働計画(SLP)にあるインフラ建設プロジェクトが完了し、コミュニティへの引き渡しが行われた。鉱山周辺のコミュニティのためのインフラ整備として、3つの道・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英・南ア:Johnson Matthey社とSibanye-Stillwater社、戦略的なパートナーシップを締結

 2021年3月19日付けのプレスリリースによると、英Johnson Matthey社と南アSibanye-Stillwater社は戦略的パートナーシップを締結したと発表した。電池技術で使用されるPGM等の調達と応用について、資源循環と持続可能性に重点を置いて協力し、低炭素技術の開発と商品化を可能にする。さらに、より持・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:Anglo American、科学イノベーション省のHydrogen Valley開発スタディに参画

 2021年3月31日付けメディアによると、Anglo Americanは、南ア科学イノベーション省(DSI)が主導するHydrogen Valley開発のためのスタディへの参画を発表した。同スタディには、同社以外にもエネルギー・サービス会社Engie社、南ア国家開発協会、エネルギーソリューション事業を行うBambil・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:バナジウム生産者Bushveld Minerals社、VRFBメーカー豪Enerox社に追加投資

 2021年4月1日付けメディアによると、南ア・バナジウム生産者Bushveld Minerals社は、バナジウム・レドックス・フロー電池(VRFB)メーカーのEnerox社に7.5mUS$の追加投資を行う。Enerox社は、30mUS$を投じて同社の生産能力を拡張する予定であり、今回のBushvelds社による投資は・・・ 続きを読む
鉱種:
バナジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:過去の探鉱データ提出を義務付ける法律に係るパブリックコメントを開始

 2021年3月10日付け南ア官報において、鉱物資源エネルギー省(DMRE)が地球科学法規則のドラフトに関するパブコメ募集を開始した。同ドラフトは、保有者が同国における15年以前の探鉱データを含む地球科学データを同省所管の地球科学委員会(CGS)に提出することを義務付けており、そのデータをCGSが公開することも規定して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Sibanye-Stillwater、ロジウムのパラジウムによる代替について言及

 2021年3月24日にWeb開催されたPGMs Industry Dayのパネルディスカッションにて、南アPGM生産者Sibanye-Stillwater社のCEO Neal Froneman氏が、次の投資としてはロジウムをパラジウムによって代替することである旨を語り注目された。現在、同社及びImpala Plati・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Northern Capeにて豪Orion Minerals社、ニッケル・銅・コバルトの浅所着鉱を得る

 2021年3月22日付け豪Orion Minerals社の発表によると、同社が探鉱中のJacomynspan鉱床(Northern Cape州)にて実施したボーリングにおいて、新たにニッケル・銅・コバルト・PGMの着鉱を確認した。地表下85mからの比較的浅所の着鉱であり、高品位部でコア長7.00m(品位:Ni 1.5・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム コバルト ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Northam Platinum社、製錬所のために10MWの太陽光発電を計画

 2021年3月19日付けメディアによると、南アPGM生産者Northam Platinum社は、同社のZondereinde製錬所(Limpopo州)のために10MWの太陽光発電所の建設を発表した。CEO Paul Dunne氏によると、同発電所は2023年1月の稼働開始を予定する。国有電力会社Eskomに電力を依存・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、2,000MWの緊急調達入札プログラムの優勢交渉者を発表

 2021年3月18日付けメディアによると、南ア・鉱物資源エネルギー省(DMRE)Gwede Mantashe大臣は、2020年8月から入札を実施中である需給ギャップ2,000MWを補うための電力事業者調達プログラム(リスク軽減独立発電事業者調達プログラム:RMIPPPP)の優先交渉者8社を発表した。合計容量は1,84・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:政府系研究機関CSIR、過去10年の発電量の減少を報告

 2021年3月11日付けメディアによると、南ア政府系研究機関である科学産業研究協議会(CSIR)が同国の発電量の統計をまとめた報告書“Statistics of utility-scale power generation in South Africa in 2020”を発表した。それによると、2010~2020年・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、新たなオンライン鉱区管理システムの導入をDMREに提案

 2021年3月3日付け、南ア鉱業協議会は同国鉱物資源エネルギー省(DMRE)に対して、現在の鉱物資源管理システム(SAMRAD)を廃止し、全く新しいオンライン・システムによる鉱業権管理システムの開発を提案した。2021年2月24日にDMREから国民議会に提出された5千件を越える許認可申請が未処理になっており、SAMR・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:統計局、2021年1月の鉱業生産統計を発表

 2021年3月11日付け南ア統計局(Statistics SA)は、2021年1月の鉱業生産統計(初稿版)を発表した。主要鉱産物の生産量の前年同月比は、マンガン鉱石以外の鉱種で減少を示した。PGM14.5%減(前月比1.8%減)、金14.1%減(前月比45.9%減)、クロム鉱石3.9%減(前月比2.6%減)、マンガン・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム PGM(白金族) マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:政府、再生可能エネルギー開発の環境許認可を優遇する特定地域を追加

 2021年3月10付け南ア政府発表によると、再生可能エネルギー開発地域(REDZs)を3地域追加して11地域に増やした。REDZs内の再生可能エネルギープロジェクトは、環境許認可プロセスの過程を短縮することができる。従前より南ア国内に8か所のREDZsが設定されていたが、今回新たに3つの地域を指定しており、大規模な太・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM副産物からの電池材料用の高純度硫酸ニッケル精錬事業が操業開始

 2021年3月9日付けメディアによると、南アThakadu社は硫酸ニッケル精錬所(North West州)の操業を開始し、年末までに電池材料用の高純度硫酸ニッケル16千tを生産する予定。南ア産業開発公社(IDC)及び貿易産業省をパートナーとし、建設費20mUS$により2018年に建設を開始していたプロジェクトであり、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:フェロクロム生産者Merafe社、2020年度財務実績において損失幅を縮小

 2021年3月8日付け南アフェロクム生産者Merafe Resourcesは、2020年度(2020年12月末まで)の財務実績を発表した。同社は、GlencoreとのJVによるフェロクロム生産を南アにて行っており、20.5%のシェアを持つ。同国における電力料金の高騰やマーケット価格の低迷を受けて、容量の55%に抑えた・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Implats社、2鉱山での新規拡張計画について言及

 2021年2月25日付けメディアによると、PGM生産者Impala Platinum(Implats)社は、新規プロジェクトとして、南アTwo Rivers鉱山(Implats社46%、ARM 54%シェア)とジンバブエBimha Mupani鉱山(子会社Zimplats社による操業)の生産量拡張を計画しており、社内・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Amplats社、堅調な2020年度財務実績を発表

 2021年2月22日付けAnglo American Platinum(Amplats)社は、2020年度(12月末)の財務結果はPGM価格の高騰に伴い堅調であった旨を報告した。PGM精鉱の総生産量(合弁事業や第三者購入も含む)は、南ア及びジンバブエにおけるロックダウンの影響を受け、前年比14%減の3.8百万oz(6・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、鉱区管理システムの不完全な状況を議会に報告

 2021年2月25日付けメディアによると、議会の鉱物資源ポートフォリオ委員会にて、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)のThabo Mokoena局長から、南アの鉱業権を管理する鉱物資源管理システム(Samrad)は不完全であり、データ更新も十分に行われていない旨を認める発言がなされた。5,326件におよぶ許認可申請・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Implats社、記録的な半期財務実績(2020年12月末期)を発表

 2021年2月25日付けImpala Pratinum(Implats)社は、2020年12月末までの半期財務実績を発表した。PGMの堅調な価格と現地通貨ランド(ZAR)安の影響で、売上げ58,121mZARは前年同期の2倍になり、Gross profit 22,366mZAR(263%増)、EBITDA 25,06・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム その他 PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ