閉じる

ニュース・フラッシュ

インドネシア:地元メディアは低品位ニッケル鉱石等の輸出量が伸びていないと評価

 2018年4月18日付及び19日付記事において複数の地元メディアは、低品位ニッケル鉱石及び洗浄工程後ボーキサイトの輸出許可承認の条件となっている国内製錬所の開発が遅れており、従ってこれらの輸出量も伸びていないと評価した。政府は上記輸出を再開した2017年1月以来2018年3月までに、低品位ニッケル鉱石で3,227万t・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:Bumi Resource社、Dairi Prima社株式51%の中国NFCへの売却額合意

 2018年4月17日付地元メディアによると、PT Bumi Resources Minerals(BRMS)は13日、中国NFC(有色金属建設股份有限公司)取締役会が、同社から鉛亜鉛鉱業会社PT Dairi Prima Mineralの株式51%を198.9mUS$で取得することを承認したと発表した。Bumi Res・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:鉱業事業許可等16地域の入札は延期

 2018年4月17日付地元メディアによると、2018年4月中に計画されていた特別鉱業事業許可地域(WIUPK)6か所及び鉱業事業許可地域(WIUP)10か所の計16地域の入札は延期確実とのこと。エネルギー鉱物資源省Bambang Gatot Ariyono石炭鉱物総局長は、対象地域の鉱業契約締結の際に落札者が支払うべ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2017年の低品位ニッケル鉱石輸出緩和に係る問題点について

 2018年4月16日付記事において地元メディアは、2017年の低品位ニッケル鉱石輸出緩和に係る問題点を明らかにするとともに、ニッケル鉱業者協会(APNI)の鉱石国内販売価格設定に係る提案について同意を示した。
 2017年1月からこの輸出緩和は実施されているが、実施後の低品位ニッケル鉱石のほとんどが中国向けとなった・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:錫の輸出が一時停止、政府は早期対応へ

 2018年4月18日付地元メディアによると、インドネシアの錫の輸出が一時的に停止している。錫輸出にはエネルギー鉱物資源大臣の推薦状が必要だと規定している貿易大臣令(No.33/2015)が有効であるにもかかわらず、新しいエネルギー鉱物資源大臣令(No.11/2018)で推薦状制度を廃止したことが原因。
 インドネシ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFI、2019年にGrasberg鉱山の露天掘りピットを閉鎖

 2018年4月17日付地元メディアによると、PTFI(PT Freeport Indonesia)は4月16日、パプア州Mimika県のGrasberg銅金鉱山の露天掘りピットを2019年に閉鎖し生産量を大幅に削減すると発表した。2019年の生産は、それまでの200,000t/日から80,000t/日に減少する。
・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:Antam、ニッケル、ボーキサイト及び金事業に注力

 2018年4月13日付地元メディアによると、国営非鉄金属会社Antam(PT Aneka Tambang)はニッケル、ボーキサイト及び金の3つの主力事業に注力する。設備投資額は2017年の1兆3,900億インドネシアルピアから137.41%増の3兆3千億インドネシアルピア(約257億円)を計画している。具体的には、南・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ