閉じる

ニュース・フラッシュ

ベトナム:中南部Binh Thuan省のアルミナ輸出港の投資許可証を撤回

 2014年3月17日付け地元紙によれば、ベトナム中南部のボーキサイト鉱山及びアルミナプラント開発に伴い計画されていたBinh Thuan省のKe Ga港の投資許可証が撤回された。同港はベトナム国営石炭鉱物産業グループ(Vinacomin)が2007年に許可を得て、Tan Rai及びNhan Coの2つのアルミナ工場で・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:競売にかけない鉱業権鉱区を首相が承認

 2014年2月11日付け地元紙によれば、ズン首相は競売にかけない151の鉱業権鉱区を承認した。これらの鉱区は、Bac Kan, Ha Giang, Phu Tho, Yen Bai, Binh Dinh, Binh Thuan, Thai Nguyen, Quang Nam, Lam Dong, Lao Cai等、ベ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:新たな採掘権取得費用の導入に批判相次ぐ

 2014年1月21日付け地元紙によれば、1月17日にベトナム中部のダナンで開催された天然資源環境省と南部鉱山会社との会議において、新たな採掘権取得費用の導入に対して、参加した100社を超える鉱山会社から批判が相次いだ。ベトナムでは2013年末に政令第203/2013/NDCPにより採掘権取得費用の計算式が発布されてい・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:Binh Thuan省に2つ目のチタン産業コンビナートの建設に着手

 2014年1月20日付け地元紙によれば、ベトナム南部Binh Thuan省のThang Hai II工業団地に、Binh Thuan Mineral Industry Joint Stock社が476万US$を投資して、ベトナムで2つ目となるチタン産業コンビナート建設に着手した。同社社長によれば、年産18万tのチタン・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン レアメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:違法な金採掘現場で死亡事故続く

 2014年1月15日付け地元紙によれば、ベトナム中部Quang Nam省Phuoc Son地区の違法金採掘現場において、坑道崩壊により3人が死亡した。報道によれば、当地では2013年4月より5つの違法採掘現場で坑道が崩壊し12人が亡くなっている。地元当局はパトロールを強化し、3分の2の違法採掘現場を取り締ってきたが、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:国会常任委員会が金属鉱物資源採掘のロイヤルティ引上げを決定

 2013年12月31日付け地元紙によれば、ベトナム国会常任委員会は、金属鉱物資源の採掘量に応じて支払うロイヤルティについて新たに定めた決議No.712/2013/UBTVQH13を、2013年12月16日付けで採択した。ロイヤルティ引上げが検討された鉱種について、率の推移は下表のとおり。引上げ前のロイヤルティは、20・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:Sin Quyen銅鉱山周辺の鉱害問題

 2013年12月26日付け地元紙によれば、北部ラオカイ省にあるSin Quyen銅鉱山の周辺住民が粉塵等の鉱害問題を訴えている。廃石場から50 mに住む家族は、鉱山からの粉塵や臭気、大雨の際の避難の苦労について訴え、鉱山周辺ではもはや農作物が栽培できないと不満を述べた。2006年の開山以来、100世帯以上が鉱山操業の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

カンボジア:国民議会は新たに設置した鉱業エネルギー大臣にSuy Sem元大臣を承認

 2013年12月20日、カンボジア王国国民議会は、2013年11月に鉱工業・エネルギー省を2つに分割して新たに設置された鉱業エネルギー省の大臣にSuy Sem元大臣が就任することを承認した。Suy Sem大臣は、分割される前の鉱工業・エネルギー省の大臣であったが、2013年7月の国民議会選挙後に大臣ポストから外されて・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:Vinacominはボーキサイト採掘にかかる環境保護料の引き下げを提案

 2013年12月16日付け地元紙によると、ベトナム国営石炭鉱物産業会社Vinacominは商工省の支援を得て、財務省に対して、ボーキサイト採掘コストの1割に相当するトン当たり最大4千ドン(0.2US$)の環境保護料を提案した。現在、ボーキサイト採掘にかかる環境保護料は、2011年の政令No.74/2011/ND-CP・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:新鉱物法で導入された競売制度は機能せず

 2013年12月3日、政府がオンライン上で実施したベトナムの鉱業政策に関する議論の中で、Ngoc天然資源環境省副大臣は、2011年7月に施行された新鉱物法で導入され、政令22/2012/ND-CPで規定された鉱物資源採掘権に関する競売が、未だに1件も実施されていないことを明らかにした。副大臣は、その原因が政令等法整備・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ラオス:PanAust社がPhu Kham銅鉱山の新たな鉱山生産計画を発表

 2013年10月23日のPanAust社のニュースリリースによれば、ラオスのPhu Kham鉱山の銅生産は、2018年には精鉱中の銅量で9万tに達する見込み。2013年の生産量見込みは6万2千t~6万5千tに据え置いた。同社が包括的な鉱山計画の見直しを行ったところ、2014年の生産量は回収率増加プロジェクトの恩恵を受・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:ロイヤルティ引上げに対するBesra Gold社の見解

 2013年9月27日のBesra Gold社のニュースリリースの中で、John Seton CEOはベトナムにおけるロイヤルティ引上げについて以下のように述べた:「たとえ低率であってもロイヤルティの引き上げは、Besra Gold社のベトナムにおける更なる資本投資に深刻な影響を与え、その結果、投資が減少すればベトナム・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:外資系金鉱山の輸出税未払い問題で政府が助け舟

 2013年9月30日の地元紙の報道によれば、カナダのBesra Gold社が税務局から12百万US$の輸出税未払金を請求されている問題について、政府は財務省にこの問題を速やかに解決し、同社が引き続き金地金の輸出を継続できる提案をするように指示した。ベトナムでは99.99%以上の金は輸出税がかからないが、税務局は201・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム: 天然資源環境相が鉱業権の半数は不正であると国会常任委員会で証言

 2013年8月26日の地元紙の報道によれば、Quang天然資源環境省大臣は国会常任委員会の席上、新鉱物法の下で付与された鉱業権の半数は不正なものであると証言した。新鉱物法が施行となった2011年7月1日から2012年末までの1年半の間、ベトナムの地方各省が付与した鉱業権は、探査権が275件、採掘権が682件の計957・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム: 国会常任委員会、鉱物資源採掘のロイヤルティ引上げに同意せず

 2013年8月21日の政府オンラインニュースによると、ベトナムの国会常任委員会において、財務省が提案する鉱物資源採掘のロイヤルティ引上げ(2013/06/05ニュースフラッシュNo.13-22)について議論がなされたが、常任委員会の同意を得るには至らなかった。ベトナムにおいては、2010年4月、国会常任委員会決議No・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム: Nui Phao鉱山と独H.C.Starck社がタングステン加工で合弁会社設立

海外事務所:
その他

ベトナム: Ban Phucニッケル鉱山が正式に開山

 Asian Mineral Resources社の発表によれば、2013年6月29日、ベトナム北部ソンラ省にあるBan Phucニッケル鉱山が正式に開山し、天然資源環境省副大臣及びソンラ省人民委員会委員長が式典で祝辞を述べた。同鉱山はベトナム初のニッケル鉱山で、坑内掘りによりニッケルと銅の硫化物を採掘し、浮遊選鉱によ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム: 財務省、鉱業界の税金等に対する不満を受入れず

 地元紙の報道によれば、2013年6月3日のベトナムビジネスフォーラムの場において、財務省徴税政策局Pham Dinh Thi副局長は、税金、手数料、ロイヤルティ等の負担に関する鉱業界の不満に対し、再生不可能な資源に対する採掘を抑制するための課金は当然とした。同フォーラムの鉱業ワーキンググループのBill Howell・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:外資系金鉱山、税務局から輸出税の未払金を請求される

 2013年6月17日の地元紙の報道によれば、ベトナム中部Quang Nam省に2つの金鉱山を保有するBesra Gold社は、税務局から12百万US$の輸出税を未払金として請求されている。 同社が2007年12月から2012年12月までの間、Bong Mieu及びPhuoc Son金鉱山において生産して無税で輸出した・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

ベトナム:財務省が金属鉱物資源採掘のロイヤルティ引上げを提案

 ベトナム財務省によれば、金属鉱物資源の採掘量に応じて支払うロイヤルティを下表のとおり引上げることを提案している。ベトナムにおいては、2009年11月に採択されたロイヤルティ法に基づき、2010年4月、国会常任委員会決議No.928/2010/UBTVQH12によって各鉱物資源のロイヤルティが大幅に引上げられたところで・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ