閉じる

ニュース・フラッシュ

ウズベキスタン:2017年は金鉱床エリアの地質調査に外国企業4社を誘致

 2017年12月6日付の地元報道等によると、ウズベキスタン国家地質鉱物資源委員会(Goscomgeology)は、2017年、ウズベキスタンの金鉱床エリア10か所の開発可能性調査に外国企業4社(国際企業Nordgold社(本社:モスクワ)、カナダB2Gold社、トルコTUMAD社、韓国Shindong Resourc・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウズベキスタン:韓国と地質調査・鉱床開発共同プロジェクトで合意

 2017年11月21日付の地元報道等によると、2017年11月、ウズベキスタン政府筋は、新規鉱床発見が有望なエリアの地質調査に韓国による投資1,000万US$を充てる予定であると伝えた。
 Shindong Resources社とのSautbayタングステン鉱床(ナヴォイ州)開発プロジェクトも継続される・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:議会下院、新地下資源法案を承認

 2017年12月5日付の地元報道等によると、2017年11月29日、カザフスタン下院総会において、第2読会で新地下資源法案が承認された。この法案は、鉱物埋蔵量報告基準の国際制度導入、地下資源利用契約締結の簡易方式導入を定め、地下資源利用分野の投資魅力度向上に向けた関連法規の体系化を目標としている。
 新・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:Kazatomprom社、ウラン生産量の削減を発表

 2017年12月4日付の地元報道等によると、国営原子力会社Kazatomprom社(天然ウラン生産の世界大手)は、生産水準を需要量に合わせるため、地下資源利用契約に基づき計画したウラン生産量を20%削減する意向を発表した。この減産は2018年1月から3年間実施される。これにより2018年のカザフスタンのウラン生産量は・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:2017年の地質調査プロジェクトへの民間投資は40億KZTを予定

 2017年11月24日付の地元報道等によると、カザフスタンは、近年、地質調査分野に世界の有力企業を誘致する政策を推進しており、この取り組みにより、同国は大深度の地下資源を短期間で調査可能な世界的地質調査技術を利用できることになる。
 同国では、銅、金、レアメタル、レアアース、鉛、亜鉛、クロムといった戦略・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rusal社とNorilsk Nickel社、合併構想を断念

 2017年11月29日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社のポターニン社長は、今後同社とRusal社の合併交渉は行わないとの見通しを示した。同氏は、「Rusal社とNorilsk Nickel社は異なる企業であり、合併による相乗効果は見えない。したがって、両社は中期的には独自に発展することになる」と・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア政府、タングステンのくず・スクラップの輸出関税を決定

 2017年11月27日付の地元報道等によると、2017年11月27日付ロシア政府決定第1437号により、ロシアから関税同盟協定加盟国外に輸出されるタングステンのくず・スクラップに対する新しい輸出関税率が承認された。これにより、ユーラシア経済同盟商品分類コード8101 97 000 0(くず及びスクラップを含むタングス・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア天然資源環境省、国家環境審査の期間短縮を提案

 2017年11月27日付の地元報道等によると、ロシア天然資源環境省は、2017年11月、国家環境審査の実施期間を3か月から2か月に短縮するべく、関連法改正案を政府へ提出した。また、戦略・地域計画文書の評価を規定した連邦法案「連邦環境保護法及びその他の法令の変更」も政府に提出されている。
 これにより、環・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ