閉じる

ニュース・フラッシュ

ザンビア:加Barrick Gold社がLumwana銅鉱山売却を準備中

 2019年5月14日付けメディアによると、加Barrick Gold社がザンビアに保有するLumwana銅鉱山を2019年下半期中に売却する可能性があり、売却先として中国企業に関心を寄せている。同社は、Randgold社の買収やNewmont社とのJV事業といった最近の2つの大規模投資案件を受けて、150mUS$相当・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:南アAmplats社のUnki白金族鉱山の製錬所を完工

 2019年5月16日付け南アAnglo American Platinum(Amplats)社の公表によると、ジンバブエのShurugwiにあるUnki白金族鉱山にて、62mUS$を投資して新設した製錬所の完工式が行われた。2015年に建設がアナウンスされ、ジンバブエ政府が掲げる経済成長や付加価値化政策に沿った形で進・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:CACSA(競争上訴裁判所)、Sibanye-Stillwater社のLonmin社買収を支持

 2019年5月17日付け南ア・米の金・白金生産者Sibanye-Stillwater社の発表によると、南アの競争上訴裁判所(Competition Appeal Court of South Africa;CACSA)が、同社による白金生産大手である南ア・英Lonmin社の買収を支持した。2018年11月の南ア競争裁・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:AngloGold Ashanti社、金鉱山の売却を検討開始

 2019年5月9日付け南アAngloGold Ashanti社の発表によると、同社は南アのアセット(Mponeng金鉱山や鉱山廃石からの金回収)の売却の検討を開始した。同社のポートフォリオの見直しの一環として、より収益性の高いビジネスに集中するという観点からアフリカのアセットのリストラが、ここ数年かけて検討されてきた・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:英Jubilee Metals社、好調な2019年第1四半期業績と積極的な事業展開

 2019年5月9日付け南ア・英Jubilee Metals Group社の発表によると、同社の第1四半期の収入は前年同期比で54%増の6.57m£、操業利益は57%増の3.22m£であった。同社は、鉱山の尾鉱廃滓を再処理し各種金属を回収しており、既存プロジェクトのみならず、新規プロジェクトを積極的に開拓している。20・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

アンゴラ:Longonjo REEプロジェクト、高品位Nd・Prの鉱化帯を捕捉

 2019年5月13日付け豪Pensana metals社の発表によると、アンゴラにて、高品位のNd・Prの鉱化帯(部分的に1%を越える)を確認した。同社保有のLongonjo Nd・Prプロジェクトは、カーボナタイトの風化殻に賦存する鉱床であり、地表から浅所にブランケット状に分布する。今回の結果は、実施済みの100m・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Mopani Copper社、2本の立坑を閉鎖

 2019年5月9日付けメディアによると、Glencoreの子会社Mopani Copper Mines PLC社はNkana銅鉱山(ザンビアKitwe州)の2本の立坑(Mindola NorthとCentral)を閉めると発表した。Mopani Copper社は年産銅量約10万tのアフリカ第2の銅生産者であった。当該・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:Molopoニッケル・白金族プロジェクトに豪ジュニアAfrican Battery Minerals社が参入

 2019年5月13日付け豪African Battery Minerals社(ABM)の発表によると、同社はボツワナの白金族・ニッケル探鉱プロジェクトについてEarn-in契約を締結した。対象となるMolopo Farms Complexプロジェクトは3鉱区(総面積2,725km2)からなる広範囲な地域の初期段階であ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:鉱山サブコントラクターの国内企業化を進める

 2019年5月3日付けメディアによると、DRコンゴでは、サブコントラクターを国内企業に限定すべく、規制当局であるARSP(The Regulatory Authority for Subcontracting in the Private Sector)がすべてのサブコントラクターの状況を確認するとのこと。オーナーシ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoa North銅鉱床、ボナンザの走行延長にて優勢な銅の着鉱を得る

 2019年5月3日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、DRコンゴのKamoa-KakulaプロジェクトのKamoa North鉱床にて優勢な銅の着鉱をボーリングで得た模様。同鉱床は、2019年初めに発見された。今回の着鉱は品位:Cu 13.05%、真幅22.3m(cut-off 2%)の塊状硫化鉱であっ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:ワールドクラスのBisie錫鉱床の試運転に進捗あり

 2019年4月30日付け米Alphamin Resources社の発表によると、DRコンゴ東部North Kivu地域に位置するBisie錫プロジェクト(同社が80.75%を所有)において、プラントの試運転が鉱石処理を含む段階(Hot commissioning)に入った。直ちに試運転も最終段階に入り、2019年の後・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:銅コバルト鉱山を操業する加Katanga Mining社の第1四半期の生産

 2019年4月29日付け加Katanga Mining社(Glencore子会社、DRコンゴにて銅コバルト鉱山を操業)の発表によると、同社の第1四半期・銅カソード生産は57,175tと前期(2018年第4四半期)の49,770tより増加。コバルトは3,511tで、前期4,646tより減少した。コバルトの生産減は、出荷・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:加Ivanhoe Mines社、アフリカプロジェクトを推進すべく中国CITIC Metal社の追加出資に合意

 2019年4月25日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、筆頭株主である中国CITIC Metal社が株式により612mC$(454mUS$)相当の追加出資(CITICのシェアは現在の19.9%から29.9%になる)を行う。結果として、Ivanhoe Mines社のキャッシュは合計1bUS$相当になり、同・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Ancuabeグラファイト鉱床の採掘権の認可取得

 2019年5月6日付け豪Triton社の発表によると、同社はモザンビーク北部Cabo Delgado地方に持つAncuabeグラファイト鉱床について、同国エネルギー天然資源省から採掘権を取得した。2020年前半にて操業を開始し、最大年産6万tのグラファイト精鉱の生産を計画。キャピタルコスト99.4mUS$とされ、資金・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Rustenburg白金族鉱山での坑内事故

 2019年4月30日付けメディアによると、南ア・米Sibanye-Stillwater社のRustenburg白金族鉱山(Thembelani shaft)にて、坑内運搬施設の故障により、1,800人の鉱山労働者が一時坑内に閉じ込められた。10時間後には全員無事に地表に戻ることができた模様。今回は、Rustenbur・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoto銅・コバルト鉱山、限定的にコバルト輸出を再開

 2019年4月16日付け加Katanga Mining社(Glencore子会社)のニュースリリースによると、同社が75%所有するKamoto銅・コバルト鉱山(DRコンゴ)からのコバルト輸出・販売について、ウランに関する法定基準に準拠した範囲の量に限定して再開するとのこと。同社は2018年第4四半期にKamoto鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:Kalahari銅ベルトの初期探鉱を行う英ジュニアKalahari Metals社、探鉱範囲を拡大

 2019年4月9日付け英Kalahari Metals社のニュースリリースによると、同社はボツワナ・Kalahari銅ベルトに探鉱鉱区4,651km2を持つKitlanya社を買収する契約を締結した。結果、Kalahari Metals社はKalahari銅ベルトに8,594km2の探鉱鉱区を持つことになる。本契約で・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:5か月間続いたSibanye-Stillwater社の金鉱山ストライキが終結

 2019年4月17日付け南ア・米国Sibanye-Stillwater社のニュースリリースによると、2018年11月から5か月間続いていたAMCU(鉱山・建設労働組合連合)による同社の金鉱山でのストライキが終結したと発表した。両者の合意には、先にNUM(国家鉱山労働者連合)等の他の組合との間で既に締結した2018年か・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南アBEE投資会社がPrieska亜鉛・銅鉱山開発を進める豪Orion社のシェアホルダーに加わる

 2019年4月16日付け豪・南アOrion Minerals社のニュースリリースによると、南アBEEの投資会社がOrion社の新株8mA$分を購入した模様。Orion社は、南ア・ノースケープにおいてPrieska亜鉛・銅鉱山プロジェクトを所有している。同鉱山は、1991年までAnglo Vaal社が亜鉛・銅を生産して・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

加:加Generation Mining社、Sibanye-Stillwater社のMarathon PGM・銅プロジェクトに参入

 2019年4月17日付け加Generation Mining社のニュースリリースによると、南ア・米国Sibanye-Stillwater社は所有する加ON州のMarathon PGM・銅プロジェクトへの同社のEarn-inに係るLOIを締結したとのこと。3.0mC$のキャッシュ支払い、8.0mC$のファイナンス、3.・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ