閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ:ERG社のMetalkol RTRプロジェクトにおける児童保護センターの新設

 2019年10月15日付けメディアによると、Eurasian Resources Group(ERG)はDRコンゴ・Lualaba州Kolweziにて新設したBon Pasteur児童保護センターに続き、同社の新規プロジェクトであるMetalkol RTR・銅コバルト回収プロジェクトの近隣コミュニティにも同様のセンタ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱山会社への政府の還付未払い金額215mUS$相当と発表

 2019年10月11日付けメディアによると、ザンビアのNg'andu財務大臣は、大手鉱山会社に対する2019年6月30日現在の税還付は2.834bZMK(ザンビア・クワチャ:約215mUS$相当)であるとした。同大臣によると、鉱山会社からは、付加価値税還付について、証拠書類がないままに4.955bZMK(375mUS・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働組合AMCU、フェロクロム生産者Samancor Chrome社を提訴

 2019年10月9日付けメディアによると、南ア労働組合の一つ鉱山労働者・建設組合連合(AMCU)が、南ア・フェロクロム生産者であるSamancor Chrome社による利益移転に関し、詐欺事件として訴える申請をGauteng州高等裁判所に提出した。AMCUは、過去にSamancor Chrome社が行った利益移転のた・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ブルンジ:Rainbow Rare Earths社、Gakaraレアアース鉱山の試験操業の結果について公表

 2019年10月9日、英Rainbow Rare Earths社は、同社がブルンジに所有するGakaraレアアース鉱山の2019年6月末決算の結果を発表した。2018年に操業を開始し、現在まで試験操業の状況が続いているところ、今回が初めての年間決算である。同鉱山は1年間で850tの精鉱(品位:TREO 57%)を生産・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Konkola製錬所が水漏れにより予定を早めてメンテナンスに入る

 2019年10月9日付けメディアによると、ザンビアKonkola Copper Mines(KCM)社の銅製錬所がメンテナンスのため操業停止した。水漏れによる水分が銅に触れて蒸気が発生したため、予定より2日ほど製錬所閉鎖が早まった模様。37日間操業を停止し、2019年11月15日に生産再開予定。
 2019年5月に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:グラファイト鉱床を持つ豪Battery Minerals社、米Urbix社とグラファイト処理JV事業のMOUを締結

 2019年10月10日付け、豪Battery Minerals社の発表によると、同社は米国のグラファイト加工メーカーUrbix Resources社とモザンビークにおけるJV事業に関するMOUを締結した。Urbix社独自の精製法を応用したグラファイト精製施設の開発をモザンビークで行い、Battery Minerals・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:英Vedanta Resources社、Skorpion亜鉛鉱山を4か月間休止

 2019年10月10日付けメディアによると、英Vedanta Resources社はナミビアSkorpion亜鉛鉱山を2019年11月初めから2020年2月終わりまで操業休止する。休止の理由は、Skorpion鉱山サイトにおける鉱石生産量の減少に伴うものである。Vedanta社によると、2018年の同鉱山における亜鉛・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:英Galileo Resources社、亜鉛鉱石のオフテイク契約の交渉を進める

 2019年10月3日付け英Galileo Resources社の発表によると、同社は所有するザンビアStar Zinc及びKashitu亜鉛鉱床の鉱石のオフテイク契約を進めている。南ア・英Jubilee Metal GroupのKabwe亜鉛精錬所に亜鉛鉱石を入れるためのオフテイク契約であり、品位:Zn 14%以上の・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

加:Impala Platinum Holdings社、加PGM生産者North American Palladium社を758mUS$で買収

 Impala Platinum Holdings(Implats)社は10月7日付けニュースリリースで、加PGM生産者であるNorth American Palladium(NAP)社の発行済み株式の100%を取得する契約を締結したことを発表した。
 81.0%の株式を保有する最大株主のBrookfieldグループ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Joburg IndabaにてMantashe鉱物資源・エネルギー大臣が国の統合資源計画(IRP)に言及

 2019年10月3日、南ア・ヨハネスブルグにて鉱業投資家が集まるJoburg Indabaが開催され、Mantashe鉱物資源・エネルギー大臣が500名ほどの参加者の前で基調講演を行った。同大臣によれば、南ア鉱業界の懸案の一つである統合資源計画(Integrated Resource Plan:IRP)について、ドラ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

カメルーン:Minim Martapボーキサイトプロジェクトの資源量62%増を報告、豪ジュニアCanyon Resources社

 2019年9月27日付けメディアによると、豪ジュニアCanyon Resources社が、同社100%所有のカメルーンMinim Martapボーキサイトプロジェクトの資源量が62%増の892百万t(酸化アルミニウム45.1%、二酸化ケイ素2.8%)となったことを報告。同社のManaging DirectorのGal・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Armadale社、Mahenge Lianduグラファイトプロジェクトのオフテイク契約を中国CoolRU社と締結

 2019年9月26日付け英・投資会社Armadale Capital社の発表によると、同社がタンザニアに100%所有するMahenge Lianduグラファイトプロジェクトについて、中国CoolRU Information Technology社との間で5千tのグラファイト精鉱のオフテイクに係るMOUを締結した。現在・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:グラファイト鉱山会社と加工メーカー、JV事業で加工施設建設

 2019年9月30日付けメディアによると、マダガスカルにグラファイト鉱山を持つ豪Bass Metals社とグラファイト加工メーカー米Urbix Resources社は、マダガスカルにおける生産施設建設のためのJV事業を開始すべく、事前のMOUを締結した。Bass社がマダガスカルで操業する鉱山は、幅広い加工に適した大型・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:懸案であった還付不可能な売上税の導入を否定

 2019年9月27日付けメディアによると、ザンビアNg'andu財務大臣は、懸案となっていた付加価値税(VAT)を廃止し、還付不可能な売上税の導入はない、と述べた。同大臣は予算演説で、政府はVATを継続することを決定した。コンプライアンスと管理上の課題に対応していくとした。7月に任命されて以来、同大臣は鉱業界との関係・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Sibanye社のMarikana白金鉱山、5千人規模のリストラの協議に入る

 2019年9月25日、南ア・米Sibanye-Stillwater社の発表によると、同社所有のMarikana白金鉱山のリストラに関し、利害関係者との協議に入った。本リストラは、同鉱山の損失が続く中、経営を立て直すために採算性の悪いシャフトの操業停止に伴うもの。Sibanye社は、Marikana鉱山を所有していたL・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ 貴金属
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、BEEの鉱業権益保有率に係る判決について控訴を申請

 2019年9月19日付け、南ア鉱業協議会の発表によると、南ア・鉱物資源エネルギー大臣が、BEEの鉱業権益保有率に係る2018年4月4日の判決に対して、控訴申請が認められたことを明らかにした。2018年4月4日の高等裁判所の判決では、鉱業協議会の主張が通り、BEEの鉱業権益保有率について、過去に条件である26%を満たせ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ウガンダ:政府がKilembe銅・コバルト鉱山の再開発の公募を準備中

 2019年9月19日付けメディアによると、ウガンダ政府は、主に1970年代に採掘されていたKilembe銅・コバルト鉱山の再開発について、国際入札の準備を進めていると述べた。開発時には、政府との生産分与の契約を締結することになるという。同鉱山は、ウガンダ西部、DRコンゴとの国境付近に位置し、残存埋蔵鉱量は4百万t(品・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア鉱業協議会、炭素税の実施を遅らせるよう要請

 2019年9月19日付けメディアによると、南ア鉱業協議会は、炭素税の収入を管理する体制や規則が整うまでは、炭素税の実施を延期すべきとした。既に、2段階の運用のPhase1については、2019年6月より2022年まで実施されている。CO2排出量1t当たり120ZAR(南ア・ランド)の税金が課されるが、鉱山を含む経済活動・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:英ジュニアArcMinerals社、カッパーベルトにて銅鉱床捕捉を報告

 2019年9月12日付け、英ジュニア探鉱会社ArcMinerals社の発表によると、ザンビア北西部のカッパーベルトにて実施中の探鉱における銅鉱床捕捉を報告した。同社の子会社Zamsort(66%シェアを持つ)が鉱区を所有するKalaba地域の一部Cheyezaにて、空中物理探査と地化学探査にてターゲットを抽出しボーリ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Uis錫鉱床のJORC準拠規程の資源量を発表

 2019年9月16日付け英AfriTin Mining社の発表によると、ナミビアUis錫鉱床(ペグマタイト型鉱床)のJORC準拠規程の資源量は、71.54百万t、品位:Sn 0.134%(錫純分量95,539t)であった。再開発プロジェクトであり、2019年8月には生産を開始し、同年内には月間約60tの錫精鉱の生産を・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ