閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー:三菱商事、Quellaveco銅プロジェクト権益40%に増加でAnglo Americanと合意

 2018年6月14日付け地元各紙によると、Anglo Americanは、三菱商事が保有するQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)の権益を18.1%から40%に増加することで両社が合意した旨明らかにした。
 Anglo Americanによれば、Quellaveco銅プロジェクトを所有するAngl・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、Animon鉱山とIslay鉱山の操業を再開

 2018年6月14日付け地元紙によると、Volcan社は、子会社Chungar社が操業しているAnimon亜鉛・鉛・銅鉱山及びIslay亜鉛・銀鉱山(共にPasco州)は、安全上の理由により5月末から操業を停止していたものの、安全確認が完了したことから操業を再開したことを明らかにした。
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー政府とSouthern Copper社、Michiquillay銅プロジェクト権益移譲契約を締結

 2018年6月13日付け地元各紙によると、6月12日、ペルー政府とSouthern Copper社は、Michiquillay銅プロジェクトの権益移譲契約を締結した。投資額は約2,500mUS$にのぼる。
 Southern Copper社のGonzales社長は契約の調印後、2019年の詳細設計から初期投資を開始・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:鉱山企業6社、OxI制度により74mUS$相当の農業プロジェクトを検討

 2018年6月10日付け地元専門紙によると、Mostajo農業大臣は、鉱山企業6社が、OxIと呼ばれるスキーム(政府や自治体が優先案件として指定する公共事業を民間企業が実施し、投資額を所得税の納付額として認める制度)を利用して、約74mUS$の農業プロジェクトの実施を検討していることを明らかにした。
 同大臣は、「・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年の鉱業Canon税、ロイヤルティ地方送付額、前年比26.5%増加

 2018年6月9日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、中央政府から地方自治体に対する2017年の鉱業Canon税・鉱業ロイヤルティ・鉱区維持料・罰則金の合計送付額は3,303mソーレス(約1,006.9mUS$)で、2016年の送付額2,611mソーレス(約796.0mUS$)を26.1%上回ったことを明らかにし・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:El Brocal社、100%銅生産企業に転換の方針

 2018年6月4日付け地元紙によると、Buenaventura社のGobitz CEOは、Marcapunta銅鉱山の拡張プロジェクトは順調に進行しており、2018年第4四半期には本プロジェクトが完了し、粗鉱処理量は現在の8,000t/日から13,000t/日に増加する見通しを示した。さらに、投資額は20~30mUS・・・ 続きを読む
鉱種:
マンガン 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Ismodesエネルギー鉱山大臣、直近の取り組みや制度改正についてコメント

 2018年6月11日付け地元紙によると、同紙のインタビューに応じたIsmodesエネルギー鉱山大臣は、鉱業Canon税の改正案を独立記念日である7月28日までに提示する見通しを明らかにした。
 同大臣は、鉱業Canon税(鉱山企業が納付する所得税の50%)は鉱山操業が行われるエリアの自治体に配分されているものの、行・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト、Chinalco社と住民との合意発表も協議は継続中

 2018年6月7日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、Chinalco社がToromocho鉱山拡張プロジェクトに関して、Morococha区の自治体や住民との合意に至ったと発表した。同省によれば、地域社会の発展に資する公共工事の実施を目的としたToromocho社会基金を創設し、本基金を通じて約34haの土地を・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:APM Terminals社、La Oroya精錬所のドライポートへの転換の可能性を提案

 2018年6月4日付け地元紙によると、Callao港北ターミナルを運営するAPM Terminals社(オランダ)は、La Oroya精錬所をドライポートへと転換する可能性について検討している。
 経営破綻したDoe Run Peru社の資産だったLa Oroya精錬所とCobriza銅鉱山は、長年にわたり入札の失・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:中国Shandong Gold社、ペルーに対する鉱業投資を模索

 2018年6月4日付け地元紙によると、Shandong Gold社(中国)のChen Yumin社長は、ペルーに対する投資案件を模索していることを表明した。同社は、2017年4月にBarrick Gold社とアルゼンチンのValardero金プロジェクトを共同で実施することで合意している。さらに現在、Shandong・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Chinalco社、Toromocho銅鉱山拡張を公式発表

 2018年6月2日付け地元紙によると、Chinalco社は、大統領府において、Toromocho銅鉱山(Junin州)拡張プロジェクトの実施を公式に発表した。本プロジェクトには1,335mUS$が投資される計画で、エネルギー鉱山省によれば、2018年に建設が開始される計画となっている。さらに同社のHonglin社長に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Caylloma鉱山廃さい堆積場、2019年に完成予定

 2018年5月31日付け地元各紙によると、第13回金銀シンポジウム(ペルー鉱業石油エネルギー協会主催)に出席したFortuna Silver社のGanoza社長は、Caylloma銀鉱山(Arequipa州)においてこの2年間実施してきた探鉱活動により発見された鉱床の採掘を目的として、21mUS$を投資し、新たな開発・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Gold Fields社、新規プロジェクトを模索

 2018年5月30日付け地元紙によると、Gold Fields社のHollando社長は、10年以上操業を行っているCerro Corona銅・金鉱山(Cajamarca州)の拡張プロジェクトに100mUS$を投資し、少なくとも2030年までマインライフを延長する計画を示した。さらに同社長は、ペルーにおける新規の鉱業・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:地質鉱業サービス局(Sergeomin)、地質科学データベースを開設

 2018年5月28日付け地元各紙によると、地質鉱業サービス局(Sergeomin)のRoberto Pérez局長は、これまで58年間の地質、鉱業、環境、水文地質など、ボリビアの地質科学に関する分野の作業を組織化したデータベースであるIDE(Infraestructura de Datos Especiales)を開・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー・ボリビア:Ilo港からの輸出に向けた技術会合を開催

 2018年6月1日付け地元紙によると、同日、Milton Claros鉱業大臣が率いるボリビア技術チームと、Edmer Trujillo運輸通信大臣が率いるペルー技術チームがIloで会合し、Claros大臣は、会合後に、Ilo港を通じたボリビア貨物の輸出のために、同港の建設に注力し、中長期的には南米大陸横断道路プロジ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社プロジェクト進捗状況

 2018年5月31日付け地元紙によると、第13回金銀シンポジウム(ペルー鉱業石油エネルギー協会主催)に出席したBuenaventura社のGobitz代表取締役は、San Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)の状況について、地質的側面についてはかなり進展しているものの、岩石が柔らかいことから、鉱山技術的・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Tahoe Resources社、Shahuindo金鉱山における生産倍増を計画

 2018年5月31日付け地元紙によると、第13回金銀シンポジウム(ペルー鉱業石油エネルギー協会主催)に出席したTahoe Resources Peru社(本社カナダ)のDalke操業担当副社長は、2018年におけるShahuindo金鉱山(Cajamarca州)の生産量は目標の90,000oz(約2.8t)を僅かに下・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Souhern Copper社、Tia Maria銅プロジェクト開発時期の見通しについて表明

 2018年6月1日付け地元紙によると、Southern Copper社のJacob財務部長は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)について、現時点において建設工事が開始されることはないことを表明し、2018年内の鉱山建設許認可の取得を目指していることから、許認可が下りた場合2019年に工事を開始する・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、Canon税法及び鉱業法の改正の方針示す

 2018年5月30日付け地元紙によると、同紙が主催した経済・財務・政治フォーラムに出席したVillanueva首相は、鉱業、炭化水素、漁業等の資源産業に適用されるCanon税制の改正を検討している旨明らかにした。首相は「Canon税が機能した時代もあったが、今は違う。ペルーは“Canon税依存国”になってしまっている・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Newmont Mining社、Yanacocha金鉱山硫化鉱プロジェクトへの融資を検討

 2018年5月30日付け地元紙によると、第13回金銀シンポジウム(ペルー鉱業石油エネルギー協会主催)に出席したNewmont Mining社のVelarde代表取締役は、Yanacocha金鉱山の金・銅硫化鉱プロジェクトにおける生産工程の改善を検討しており、この取り組みに必要な投資額2,100mUS$への融資を検討し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ