閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー:政府、2018年における鉱業プロジェクト5件の推進に言及

 2017年10月13日付け地元紙によると、国会に出席したAraoz首相は、政府は全体で51,000百万US$の投資が計画される大規模鉱業プロジェクトの開発実現に取り組んでいく方針を示し、特に2018年にQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)、Corani銀・鉛・亜鉛プロジェクト(Puno州)、Mic・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Shougang鉄鉱山、増産の見通し

 2017年10月12日付け地元紙によると、Shougang Hierro Peru社のVera副社長は、Marcona鉄鉱山における2017年の生産量が、鉱石の処理量や破砕量の増加により、2016年の1,100万tを22.7%上回る1,350万tとなる見通しを明らかにした。同鉱山では、2018年に拡張計画が完成し、さ・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Glencore、Volcan社株式の公開買い付けを開始

 2017年10月11日付け地元紙によると、Glencoreは、Volcan社の議決権付き株式Aに対する公開買い付け(TOB)の開始を正式に発表した。TOBは10月10日から11月7日まで実施され、必要に応じて期間延長を行う計画となっている。TOBによってGelncoreは株式Aを少なくとも26.73%、最大で48.1・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Shougang鉄鉱山でストライキ開始

 2017年10月10日付け地元紙によると、Shougang Hierro Peru社は、Shougang鉄鉱山(Ica州)の労働組合員らが、2017~2018年の労使協議が合意に達しなかったことを理由として、無期限ストライキを開始したことを発表した。本鉱山では、2016年9月にもストライキによる操業停止が起こり、スト・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年1~8月、鉱業投資額が増加

 2017年10月9日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、2017年1月から8月までの鉱業投資額は2,833mUS$で、前年同期比で3.8%増加し、6か月連続で前年同期比を上回ったことを明らかにした。このうち、探鉱投資額は289.9mUS$で前年同期比31.1%増となったほか、インフラ投資額773mUS$も前年同期・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年8月鉱産物生産量

 2017年10月8日、エネルギー鉱山省は、2017年8月の鉱産物生産量を発表した。 8月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅が3.78%増、亜鉛7.02%増、鉄鉱石5.10%増、モリブデン9.75%増、金6.23%増等となったが、鉛は7.58%減、錫は3.23%減だった。 一方、2017年1~8月までの累計生産量・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Glencore、Volcan社株式の公開買い付け実施を発表

 2017年10月4日及び5日付け地元各紙によると、Glencoreは、Volcan社の議決権付き株式Aの26.73%を所有する3名の株主から、公開買い付け(TOB)を通じて531mUS$で買収することで合意したことを明らかにした。Gelncoreは、10月27日までにTOBの実施を正式に発表し、株式Aを少なくとも26・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、Junin州で新たな探鉱を計画

 2017年10月3日付け地元紙によると、Volcan社は、Andaychagua鉱山(Junin州)内で実施されるOyama Triunfo探鉱プロジェクトにおいて、銅や銀を目的としたボーリング調査を行うための環境影響申請書(DIA)を提出した。本計画では、582,000US$を投資し、海抜4,800~4,900m地・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Panoro Minerals社、Cotabambas銅金銀プロジェクトの新規EIAsdを完成

 2017年10月3日付け地元紙によると、Panoro Minerals社(本社バンクーバー)は、Cotabambas銅金銀プロジェクト(Apurimac州)南西部に位置するClustar2エリア内のChaupecターゲットを対象とした5,000mのボーリング調査を実施するための、新たな環境影響概要調査(EIAsd)を・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hochschild Mining社、2018年は約135百万US$の投資を計画

 2017年10月2日付け地元紙によると、Hochschild Mining社のBustamante社長は、2018年は125mUS$から135mUS$の投資を実施し、このうち8割がペルー国内への投資となる方針を示した。さらに、投資の大部分が既存鉱山のメンテナンスに充てられるものの、探鉱プロジェクトも実施される旨明らか・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

エクアドル:政府、Zaruma郡に非常事態宣言を発令

 2017年9月15日付け地元各紙等によると、Lenín Moreno大統領は9月14日、El Oro県のZaruma郡に60日間の非常事態宣言を発令した。Zaruma郡では一昨年違法鉱業活動により住宅街地下に掘られた坑道が陥没し小学校校舎が傾くなどの被害が発生、その後鉱業当局により対応策が取られてきたが、9月13日に・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

エクアドル:Río Blanco金プロジェクト巡り住民が対立

 2017年9月13日付け地元紙によると、Azuay県のRío Blancoプロジュクトでは、プロジェクト賛成派と反対派の住民による対立が起こっている。2016年8月に鉱山建設が開始された本プロジェクトでは、鉱業活動に反対するRío Blanco、Zhin Alto、Cochapampa地区の住民グループが鉱山入口に集・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Michiquillay銅プロジェクト入札、国内外企業8社が関心を表明

 2017年9月28日付け地元紙によると、11月15日に入札が予定されるMichiquillay銅プロジェクト(Cajamarca州)について、投資促進庁(PROINVERSION)のQuijandria長官は、現在までにペルー企業3社と外国企業5社が、入札指示書の購入や、入札参加への関心を表明した旨明らかにした。Qu・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、鉱業関連法規則265件を見直し

 2017年9月26日付け地元紙によると、Aljovionエネルギー鉱山大臣は、政府が鉱業の推進を目的として、2021年に向けて①新たな探鉱促進、②プロジェクトの実現推進、③操業の継続保証、④インフォーマル鉱業合法化の4つの目標を掲げたことを明らかにした。さらに、これら目標の実現には包括的な戦略が必要であるとの考えを示・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年上半期金属鉱産物輸出額

 2017年9月18日、エネルギー鉱山省は、2017年上半期の金属鉱産物輸出額が12,265mUS$となり、前年同期(9,571mUS$)を28.15%上回ったと公表した。内訳は、銅44.59%増(6,184mUS$)、亜鉛74.45%増(1,052mUS$)、金3.24%増(3,623mUS$)、鉛3.19%増(71・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、鉱業手続規則一部改正案を公表

 2017年9月17日、エネルギー鉱山省は、鉱業手続規則の第35条、36条、37条、38条と75条の改正と、新たに76条を策定する改正案文を公表した。  これらの条文では、選鉱権付与のほか、探鉱開始や、操業開始の許認可プロセスが規定されている。改正案では、これらのプロセスを簡素化することが提案されている。  改正案・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、銅プロジェクト開発に外国企業との提携を検討

 2017年9月25日付け地元各紙によると、Volcan社のIR部長のGleit氏は、現在同社が探鉱を実施している初の銅プロジェクトに関して、開発の際には国際的な銅生産企業との提携を組みたいとする方針を示した。 ペルーを代表する亜鉛生産企業であるVolcan社は、2017年から本格的な銅プロジェクトへの参入を開始し、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、水資源法改正への懸念を否定

 2017年9月22日付け地元紙によると、2017年7月26日に国会承認され、8月15日に公布された水資源法改正法(法律30640)が、今後の鉱業プロジェクトに影響を及ぼすとの懸念をもたらしていることに対して、政府は、鉱業への影響はないと主張すると共に、改正法の趣旨を説明した。 水資源法改正法では、①水資源庁(ANA・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Zafranal銅プロジェクト、2018年にEIA開始

 2017年9月21日付け地元紙によると、Minera Zafranal社のDel Castillo代表は、2018年にZafranal銅プロジェクト(Arequipa州)のEIA及びFSを実施することを明らかにした。さらに、全ての行程が順調に進行した場合、2022年上半期には生産を開始できるとの見通しを示しつつ、銅価・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Las Bambas銅プロジェクト、周辺エリアの鉱物ポテンシャルに期待

 2017年9月21日付け地元紙によると、MMG Las Bambas社のVadnagra社長は、Las Bambas銅鉱山では、保有する全鉱区(34,000ha)のうち探鉱が実施されたのは10%にすぎないとし、鉱区内だけでなく、鉱区周辺エリアにおいても多大な鉱物ポテンシャルが存在するとの考えを示した。その上で、既存の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ