閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー:2018年4月、国内争議状況、過去1年で最多の国内社会争議が発生

 オンブズマン(Defensoria del Pueblo)事務所は、2018年4月の国内の社会争議総件数は4か月連続で増加した結果196件となり、過去1年間で最大の争議件数となったことを公表した。
 このうち係争中の案件は144件、潜在状態の案件は52件だった一方、新規案件が8件発生した。潜在状態から再び顕在化した・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minsur社、Mina Justa銅プロジェクトの鉱山建設準備を開始

 2018年5月18日付け地元紙によると、Minsur社は、投資総額1,500mUS$にのぼるMina Justa銅プロジェクト(Ica州)の開発に向けた準備を開始した旨明らかにした。同社のKruger社長は、現在詳細設計を実施中であるほか、鉱山建設プログラムに従って必要な機材の購入を進めていると説明した。
 さらに・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Anglo American、2か月以内を目途にQuellaveco銅プロジェクト一部権益を売却か

 2018年5月18日付け地元紙によると、Anglo Americanは、今後2か月以内を目途に、Quellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)の一部権益を売却する見通しである。
 Anglo Americanは、現在81.9%にのぼる本プロジェクトの自社権益を50~70%まで縮小する方針であり、最大約30・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:国会エネルギー鉱山委員会、鉱業権者に対する固定資産税の対象エリア拡大を承認

 2018年5月10日付け地元紙によると、国会のエネルギー鉱山委員会は、鉱業活動が実施される自治体の経済的な地方分権の強化を目的として、市街地域や市街化可能地域の特徴を有する農村エリアにおける鉱業活動を、固定資産税の課税対象とすることを定める法案を承認した。
 現在、鉱業一般法において固定資産税の対象は市街地域のみに・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Incháustegui鉱山副大臣が就任

 2018年5月14日付け地元各紙によると、政府は5月14日付で、最高決議004-2018-EMを公布し、Luis Miguel Incháustegui Zevallos鉱山副大臣を任命した。Ricardo Labó Fossa前副大臣は、15か月の任務を終え、新たな副大臣が就任した。
 Incháustegui新・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cajamarca州とApurimac州に鉱業プロジェクト投資額の47%が集中

 2018年5月8日付け地元紙によると、リマ商工会議所の経済・企業開発研究所は、鉱山建設が計画されている鉱業プロジェクト49件の投資総額は58,507mUS$で、このうち47%に相当する27,562mUS$がCajamarca州とApurimac州に集中しているものの、これら2州はいずれも高い金銭的貧困率と多くの社会争・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Southern Copper社、Tia Maria銅プロジェクト実施地域における上下水道整備を検討

 2018年5月8日付け地元紙によると、Southern Copper社のJacob財務部長は、ラジオ番組において、Tia Maria銅プロジェクトが実施されるArequipa州Isaly郡において、上下水道を整備するための調査が2018年6月に完了することを明らかにした。Jacob部長は、本事業はSouthern C・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

グアテマラ:加Tahoe Resources社、Escobal鉱山の操業停止問題を楽観視

 2018年5月3日付け地元紙によると、加Tahoe Resources社は、同社がグアテマラに保有するEscobal鉱山の操業停止、保守・点検費等の影響を受け、2018年第1四半期は6.9mUS$の損失を計上した。なお、金生産量は前年同期の119,000oz(3.7t)から90,900oz(2.8t)に減少している。・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
森元英樹

ペルー:Tia Maria銅プロジェクト地域住民、2018年5月9日にデモ行進を計画

 2018年5月5~7日付け地元各紙によると、5月5日、ラジオ番組に出演したVizcarra大統領は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)について、Tambo渓谷やCocachacra区、Islay郡等の地域住民がプロジェクトに対して抱えている疑念を解くには、まだしばらくの時間が必要だとの考えを示した・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Yanacocha金鉱山、マインライフ延長に2,100mUS$の投資を検討

 2018年5月7日付け地元紙によると、Minera Yanacocha社は、2,100mUS$を投資し、Yanacocha金鉱山の3つの操業エリア(Cerro Negro、Suplementario Yanacocha Oeste、Suplementario Yanacocha Este)の統合や操業プロセス改善によ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:清算手続き中のMinera Castrovirreyna社、資産売却の入札不調に終わる

 2018年5月7日付け地元紙によると、清算手続き中のMinera Castrovirreyna社の資産・入札管理を担うRight Buisiness社は、Minera Castrovirreyna社の鉱区266件や選鉱プラント等の資産売却を目的とした第3回目の入札が4月30日に実施されたものの、応札企業はなく不調に終・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Doe Run Peru社従業員団体、Cobriza銅鉱山買収に向け英Talex Commodities Capital社と合意

 2018年5月3日付け地元各紙によると、5月2日、Doe Run Peru社債権者集会は、従業員団体によるLa Oroya精錬所とCobriza銅鉱山の買収申請を承認した。債権者のうち、政府(エネルギー鉱山省、国税庁、エネルギー鉱山省)やDoe Run Cayman社が賛成を表明した一方、Buenaventura社や・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Nexa Resources社動向

 2018年5月3日付け地元紙によると、Nexa Resources社は、Pukaqaqa銅プロジェクト(Huancavelica州)の操業開始を2023年とすることを発表した。本プロジェクトについては、同社は具体的な操業開始時期を明らかにしていなかったものの、エネルギー鉱山省は2022年となる見通しを示していた。
・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:経済財政省、2018年鉱業投資見通しを上方修正

 2018年5月2日付け地元紙によると、経済財政省は、「多年度マクロ経済見通し報告」において、2018年の鉱業投資を、前回までの前年比5%増から16%増に上方修正した。この見通しが実現した場合、2018年の鉱業投資額は5,000mUS$を超え、2011年以来の高い伸び率となる。上方修正の理由として、同報告書は①金属価格・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minera Condestable社、選鉱プラント拡張を申請

 2018年5月2日付け地元紙によると、Minera Condestable社は、エネルギー鉱山省に対し、Condestable銅鉱山(Lima州)の選鉱プラントの処理能力を7,000tpdから8,400tpdに拡張するとともに、ズリ堆積場を拡大するための申請を行った。本プラントでは銅のほかに金や銀の選鉱が行われている・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年第1四半期、鉱業投資額は839mUS$

 2018年5月2日付け地元紙及びエネルギー鉱山省によると、2018年第1四半期における鉱業投資額は839mUS$で、前年同期比で30.2%の増加となった。分野別では、「インフラ」が218mUS$、「プラント設備」が181mUS$で、鉱業投資全体の47.5%を占めた一方、「探鉱」には106mUS$が投資された。企業別で・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Corani銀プロジェクト、2018年は4.5mUS$の投資を計画

 2018年5月2日付け地元紙によると、Bear Creek Mining社(本社バンクーバー)は、2018年に15mUS$の投資を計画しており、このうち4.5mUS$をCorani銀プロジェクト(Puno州)における探鉱や開発準備にあてる方針を示した。
 同社は、本プロジェクトの鉱山建設許可は2018年第2四半期に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ペルー・Ilo港からの輸出に向け初の貨物船が接舷

 2018年4月26日及び28日付け地元紙によると、ボリビア港湾サービス管理会社(Administradora de Servicios Portuarios de Bolivia、ASPB)のDavid Sánchez社長は26日、ペルーのIlo港に、同港から初となるボリビア貨物の大西洋横断のための貨物船が接舷したと・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年3月鉱産物生産量

 2018年4月30日、エネルギー鉱山省は2018年3月の鉱産物生産量を発表した。
 主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅5.84%増、亜鉛7.17%増、鉄8%増だった一方、金4.87%減、鉛10.6%減と減産した。
 このうち銅に関しては、Antamina鉱山が2月からAntamina 1鉱区の採掘を開始したことに・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusaniウラン・リチウムプロジェクト、2018年第2四半期にリチウム資源量を発表

 2018年4月30日付け地元紙によると、Plateau Uranium社(カナダ)は、Macusaniウラン・リチウムプロジェクト(Puno州)におけるFalchaniリチウム鉱床の資源量を第2四半期に発表することを明らかにした。同社のO'Conner CEOは、Falchani鉱床は大規模なリチウム鉱山となる可能性・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ