閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ:鉱業省は新鉱業法の議論の余地はないと主張

 2019年2月5日付けのメディア情報によると、DRコンゴ鉱業省のJoseph Ikoli事務局長は、南アで行われた鉱業大会Mining Indaba内のパネルディスカッションにおいて、2018年に改定された同国の新鉱業法に議論の余地はないと述べた。新鉱業法では戦略鉱物のロイヤルティを最高10%まで引き上げ、現行の鉱業・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

タンザニア:大統領が大手事業者のライセンス没収、鉱業税負担の引き下げに言及

 2018年1月22日及び23日付の報道によると、タンザニアのJohn Magufuli大統領は1月22日に、探査・開発が実際に行われていない大手事業者のライセンスは没収し、小規模事業者へ付与すると言及した。また、Magufuli大統領は現在のタンザニアの鉱業税は鉱山企業にとって高額であり、税負担を下げて鉱山企業に納税・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

DRコンゴ:China Molybdenum社、権益買い増しにより、DRコンゴの銅・コバルト鉱山の管理を強化

 2019年1月18日付けのメディア情報によると、中国China Molybdenum社が、中国のプライベート・エクイティBHR Partners社から世界最大の銅・コバルト鉱山の一つであるTenke Fungurume鉱山の24%の権益を11.4億US$で買収したことがわかった。今回購入した権益を合わせてChina ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

南ア:Gwede Mantashe鉱物資源大臣、Xolobeni地域で鉱業権を与える前に独自調査を実施する方針

 2019年1月16日付けのメディア情報によると、南アのGwede Mantashe鉱物資源大臣は、Xolobeni地域(Eastern Cape州)における鉱業権付与の前に独自調査を実施すると発表した。これは、同地域で鉱業に対する反発があり、2018年の高裁判決で、現地コミュニティの賛同が得られるまで鉱業権の発出を止・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

南ア:鉱山労働者・建設組合連合(AMCU)がSibanye-Stillwater社のプラチナ鉱山において1月22日からストライキを開始

 2019年1月14日付けのメディア情報によると、南ア鉱山労働者・建設組合連合Association of Mineworkers and Construction Union(AMCU)は、鉱山企業Sibanye-Stillwater社に対する2度目のストライキを、1月22日からルRustenburg周辺のプラチナ事・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

ポーランド:地震によりRudna銅鉱山の生産が一時停止

 2019年1月14日付けのメディア情報によると、1月12日にPolkowice(ポーランド南西)で起きた地震によって、欧州最大銅生産者のKGHM Polska Miedz社が運営するRudna銅鉱山の生産が一時停止した。同社の広報担当は事業の一部(G-7)のみが一時停止しており他の事業はまだ操業していると話しているが・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

その他:Fitch社、銅市場は継続的な供給不足になると予測

 2019年1月7日付のメディア報道によると、Fitch Solutions Macro Research社は、最新レポート“Outlook for copper demand”内で、中国及びインフラセクターからの消費量増及び、EV生産量拡大から世界の銅市場は恒常的な供給不足になると予測した。2018年の銅地金市場は2・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

タンザニア:政府とAcacia Mining社の間の“泥仕合”ともいえる係争の中、新エネルギー鉱物大臣を任命

 2019年1月8日付けのメディア情報によると、タンザニア政府はDotto Biteko氏を新エネルギー鉱物大臣に任命した。タンザニア政府は英産金会社Acacia Mining社に追徴税など総額1,900億US$の支払いを求めており、同社は東アフリカでの操業に制限をかけられている。Biteko氏はJohn Magufu・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ザンビア:Konkola Copper Mines社、Ngchanga銅製錬所の操業を一時停止

 2019年1月8日付のメディア報道によると、Konkola Copper Mines(KCM)社は、ザンビア政府による銅輸入関税5%の導入により、DRコンゴ、ボツワナ及びチリからの銅精鉱輸入が困難になることを理由に、Ngchanga銅製錬所の操業を一時停止することを発表した。また、First Quantum Mine・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ポルトガル:政府、2019年にリチウム探査ライセンスの入札を計画

 2018年12月18日付けのメディア報道によると、ポルトガル政府のState Secretary for Energyを務めるJoao Galamba氏は2019年にリチウム探査ライセンスの入札開始を計画していると言及した。2018年9月、Joao Galamba氏の前任者であるJorge Seguro Sanche・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ドイツ・ボリビア:ドイツ・ボリビア、リチウム開発におけるパートナーシップを締結

 2018年12月12日付けのメディア報道によると、ドイツとボリビアは工業用のリチウム開発におけるパートナーシップを締結した。独Peter Altmaier経済エネルギー大臣は、ドイツはバッテリー製造の主要国になるべきだが、生産コストの大部分は原材料に関係しており、ドイツ産業界は産業の遅れを避け、アジアへの依存を減らす・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ザンビア:ザンビア鉱業協会、政府に対し鉱業ロイヤルティ引上げの対案を提示

 2018年12月11日付けのメディア報道によると、Glencore、First Quantum Minerals社、Vedanta Resources社、Barrick Gold社等を代表するザンビア鉱業協会は、ザンビア政府が計画している鉱業ロイヤルティの引き上げは、2.1万人以上の雇用喪失をもたらし、今後3年間で資・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Gecamines、Boss Mining社の権益を49%に拡大

 2018年12月10日付けのメディア報道によると、DRコンゴの国営公社GecaminesはENRC Africa Holdings社(ENRC)とのJVであるBoss Mining社の権益を30%から49%に拡大することを発表した。GecaminesのAlbert Yuma会長は、既存のJV契約は、外国投資家に対して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Gecamines、Hongkong Excellen Mining Investment社と生産物分与契約を締結

 2018年12月3日付けのメディア報道によると、国営公社Gecaminesは中Hongkong Excellen Mining Investment社とKingamyambo及びKilamusembo銅・コバルト鉱床の生産物分与契約を締結した。Hongkong Excellen Mining Investment社は・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:DRコンゴ政府、コバルトを戦略鉱物として指定

 2018年12月3日付けのメディア報道によると、DRコンゴ政府はコバルトを戦略鉱物に指定したことを発表した。戦略鉱物に指定されたことで、コバルトのロイヤルティは約3倍の10%になる。同国で操業するGlencore、China Molybdenum社を含む鉱山会社による反対にも関わらず、Bruno Tshibala首相・・・ 続きを読む
鉱種:
ゲルマニウム コバルト タンタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:E&Y、鉱業ビジネスリスクのトップ10を発表、1位は操業許可

 Ernst & Young(本社:ロンドン)は、2018年12月4日付で鉱業セクターにおける企業が直面するビジネスリスクのランキングを示す「Top 10 business risks facing mining and metals,2019-2020」を発表した。1位には、操業許可(License to Opera・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:Glencore、資本投資額を上方修正

 2018年12月3日付けのメディア報道によると、GlencoreのIvan Glasenberg CEOは同日開催されたInvestor Updateで今後3年間の資本投資額を上方修正した。資本投資額の総額は、2018年に48億US$、2019年に50億US$、2020年に49億US$と見積もっており、チリColla・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

その他:Moody’s、リチウム市場は2020年代初めに供給過剰になると予測

 2018年11月30日付けのメディア報道によると、格付け会社Moody'sはリチウム市場を2020年代初めに供給過剰になると予測した。EVで使用されるリチウムバッテリーの需要増加にも関わらず、2020~2022年にかけて新規リチウムプロジェクトが相次ぎ開始するこため。また、同社では今後10年間で業界構造が変化するとし・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:BMW社、BASF社、Samsung SDI社及びSamsung Electronics社と共同でコバルト鉱山の労働条件改善を目指すパイロットプロジェクトを実施することを発表

 2018年11月29日、独自動車メーカーBMW社は同社プレスリリースにて、独BASF社、韓Samsung SDI社及びSamsung Electronics社と共にDRコンゴでのコバルトパイロットプロジェクトを実施することを発表した。パイロットプロジェクトでは、コバルト小規模採掘者の労働条件及び生活条件を改善すること・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Gecamines、非政府組織による同社批判に対し総括報告書を公表

 2018年11月29日付けのメディア報道によると、DRコンゴの国営公社Gecaminesは、Carter Center及びGlobal Witnessを含む非政府組織による同社への批判について、総括報告書を公表した。Global Witness及びCarter Centerは、2017年にそれぞれ各社レポートにて、2・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ