閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:2020年銅スクラップ輸入認可ライセンス(第1期分)発行

 現地報道によれば、2019年12月23日、2020年固体廃棄物輸入制限類認可ライセンス(第1期分)が発行された。銅スクラップの輸入に関わるライセンス量は27万885tで、2019年に輸入した銅スクラップの平均品位80%で推計すると、おおよそ金属量21.7万tに相当する見込み。今回発行した輸入許可ライセンスは、2020・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:寧徳時代社、年間生産能力30GWh駆動用バッテリー事業の建設開始

 現地報道によれば、寧徳時代新エネルギー科学技術株式有限公司は、四川省宜賓市で駆動用バッテリー事業を展開する。同社子会社である四川時代新エネルギー科学技術有限公司を本事業の実施主体に設定し、寧徳時代社が100億元を投入し、駆動用バッテリー工場を建設、年間生産30GWhを見込む。本事業は2期に分けて建設予定で、第1期にお・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:江西省自然資源庁、「2019年レアアース採掘、製錬分離総量規制指標及びタングステン採掘総量規制指標に関する通達」を公表

 江西省自然資源庁は以下のとおり、「2019年レアアース採掘、製錬分離総量規制指標及びタングステン採掘総量規制指標に関する通達」を公表した。
一、レアアース、タングステンは国が徹底して生産総量規制管理をする製品として、如何なる企業や個人も無計画生産や計画を超えた過剰生産を実施してはならない。今回の指標の中には第1期分・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国アルミ業社、雲南アルミ業社の新規A株式買収に12.9億元を投入

 現地報道によれば、中国アルミ業社は2019年12月19日、雲南アルミ株式会社(雲南アルミ業社)の購入承認契約を調印した。中国アルミ業社は、雲南アルミ業社が私募形式で発行する3億1,400万株を1株当たり4.10元で引き受ける。代金は12.876億元。取引完了後、中国アルミ業社は雲南アルミ業社の株式約10.04%を取得・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年11月、国内アンチモン地金生産量

 中国有色金属工業協会アンチモン業部会に所属する会員企業のアンチモン地金生産統計データによると、2019年11月のアンチモン地金の生産量は対前月比9.6%減の6,415tで、対前年同月比では15.1%減少した。2019年1~11月のアンチモン地金生産量は対前年同期比18.5%増の78,947tであった。省別の2019年・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年11月、国内三酸化アンチモン生産量

 中国有色金属工業協会アンチモン業部会に所属する会員企業の三酸化アンチモン生産統計データによると、2019年11月の三酸化アンチモンの生産量は対前月比10.9%減の7,673tで、対前年同月比では5.6%減少した。2019年1~11月の三酸化アンチモン生産量は対前年同期比6.8%増の84,366tであった。省別の201・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:四川省経済信息化庁、「2019年レアアース採掘製錬分離総量規制指標に関する通達」を公表

 2019年12月13日、四川省経済信息化庁は、「2019年四川省レアアース採掘、製錬分離総量規制指標に関する通達」を発表した。通達内容は以下のとおり。
 涼山州工業信息化部及び自然資源部は、発表した「2019年度レアアース採掘、製錬分離総量規制指標及びタングステン採掘総量規制指標に関する通達」(工信部聯原「2019・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:叢林アルミ業社、フランスのALSTOM社と協力枠協議を締結

 安泰科によれば、2019年12月11日、叢林アルミ業社は、フランスALSTOM社と叢林集団本部で協力枠協議を締結した。今後4年間(2020~2024年)、ALSTOM社は叢林アルミ業社から2,300台分の鉄道交通車体材料・部品を調達する。叢林集団有限公司は1982年に創立され、鉄道交通型材、軽量化自動車及び部品、特種・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年11月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科の調査研究データによると、2019年11月のサンプル企業22社の銅カソード生産は対前年同月比8.9%増の738千tで、対前月比4.3%減少した(修正後10月のデータは770千t)。2019年11月、江西銅業社は1号フラッシュ製錬炉の稼働を一時停止、48日間をかけ定修を実施したが、他の製錬所は定修を実施しなかった・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年11月、国内亜鉛地金生産量について

 安泰科は、国内48社亜鉛製錬所(合計亜鉛生産能力6,260千t)の生産統計状況を調査した。2019年1~11月の亜鉛及び亜鉛合金の総生産は、対前年同期比10.8%増の4,687千tで、そのうち11月の生産量は対前年同月比14.7%増の465千t、10月と比べ1,188t増加した。2019年1~10月の生産量の見直しを・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:銭江モーター社、リチウム電池事業への投資建設を中止予定

 安泰科によれば、銭江モーター社は、浙江省温嶺市政府と40億Whのリチウムイオン燃料と電力貯蔵用電池の組み立て事業の投資(投資総額見込31.8億元)事業の実施停止を決定し、中止契約書を締結した。銭江モーター社傘下の銭江新エネルギー公司が、温嶺市政府と契約締結を行っていたが、リチウムイオン電池(LIB)業界の変動等要素に・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:神州巨電科学技術有限公司、年間生産10GWhの固体電池事業の投資に60億元を投入

 現地報道によれば、遼寧省朝陽市政府は、北京神州巨電科学技術有限公司と年間生産能力10GWhの固体高分子形リチウム電池事業に関する契約を締結した。当該事業への投資予定額は60億元が見込まれており、第1期の投資予定額は20億元、建設期間は18か月、第2期の投資予定額は40億元、建設期間は18か月の予定である。当該プロジェ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:贛鋒リチウム業は、独BMW社と戦略的協力協議を締結へ

 安泰科によれば、贛鋒リチウム業傘下の贛鋒国際社は、BMW社と540m€の「長期供給契約」を締結した。2020~2024年の5年間、BMW社が指定したバッテリーまたは正極材メーカーにリチウム加工製品を提供する。品種、数量、価格については市場価格に基づいて調整する。両社は、BMW社のバッテリー生産に必要なリチウム原料を賄・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:江西省発展改革委員会、中国南方レアアース集団と中国ウラン業有限公司協力事業を積極的指導

 現地報道によれば、江西省発展改革委員会は公式ウェブサイトで「省政治協商第12期2回会議第20190745号提案に関する意見」を発表した。内容は以下のとおり。
(1)江西省発展改革委員会は、国家発展改革委員会との橋渡し役を務め、江西備蓄物資管理局と協力し、国家物資備蓄局への申告を行う。(2)関連企業による省内大湖塘タ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン タングステン マンガン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年、アルミナ生産企業が新たに11社増加

 安泰科によれば、中国アルミナ生産企業は、2019年に現在の25社から新たに11社増加した。新規増加のうち6社が山西省の企業で、河南省の企業は2社、その他は貴州省、重慶市と広西チワン自治区の企業である。新規増加した企業によるボーキサイトの年間消費能力は24.8百万tで、そのうち山西、河南の企業はそれぞれ56.5%、25・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年11月銅輸入量は、前月比12.1%増加

 中国税関総署のデータによると、2019年11月の銅輸入量が対前月比12.1%増加となり、活発な国内製造産業動向を受け年間最高レベルに達した。国内11月の未圧延銅及び銅材の輸入量は対前月比12.1%増の483千tで、2018年9月以来の最高レベルに達した。2019年1~11月の未圧延銅及び銅材の輸入総量は、対前年同期比・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:貴州省凱里市人民政府、四川其亜アルミ業集団とアルミナ事業の契約締結

 安泰科によれば、貴州省凱里市人民政府は、四川其亜アルミ業集団と成都市で「貴州其亜アルミ業公司における年間生産能力50万tアルミナ事業の投資趣意契約書」を締結した。貴州其亜アルミ業有限公司(凱里)の第3期50万tアルミナ事業への技術改善や生産能力拡大事業に対し、8億元を投入する。貴州其亜アルミ業有限公司は、四川其亜集団・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

加:中江西銅業社、1.116bUS$でPCH社の100%株式権益を買収

 安泰科によれば、江西銅業傘下の江西銅業(香港)投資有限公司(JCCI社)は、PIM Cupric Holdings Limited(PCH)社の株式権益を買収すると発表した。加Pangaea Investment Management Ltd.(PIM)社は、当該企業の100%の権益を保有している。当該買収事業の取引・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:安徽省自然資源庁、「2019年安徽省レアアース、タングステン採掘総量規制指標に関する通達」を公表

 2019年12月3日、安徽省自然資源庁は、「2019年安徽省レアアース、タングステン採掘総量規制指標に関する通達」を発表した。通達内容は以下のとおり。
宣城、池州市自然資源及び計画局:
 国内優良資源の保護と合理的利用を図り、工業信息化部及び自然資源部は、安徽省内のタングステン鉱石、レアアース鉱石に対する採掘総量・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:玉龍銅鉱山第2期事業は、2020年10月に生産開始予定

 現地報道によれば、西部鉱業社の責任者は、2019年第3四半期の成果交流会で同社傘下の製錬企業3社(青海西豫有色金属有限公司、青海銅業有限責任公司、西部鉱業株式有限公司亜鉛業子会社)を紹介した。そのうち西豫有色社は、2017年7月に鉛製錬技術の改善を行い、電解鉛の生産能力を100千t/年に引き上げた。青海銅業社は100・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ