閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ:Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山、鉱山隔離に伴うボーナス支給決定

 2020年5月25日付けメディアによると、China Molybdenum社が操業するDRコンゴ・Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山にて、従業員によるストライキが発生したが1日で終結し、隔離中の従業員への補償を行うことで決着した。同鉱山は、新型コロナウイルス感染からの予防のため、3月24日から鉱山を隔離し・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働組合AMCU、全従業員を対象とした検査を実施すべく再要請

 2020年5月25日付けメディアによると、南アの鉱山労働者・建設組合(AMCU)は、雇用主に対して、全ての従業員の新型コロナウイルス感染の検査の実施について再要請する書簡を発出した。既に、一部の鉱山現場にて無症状の感染者が検出されている。「AMCUは、スクリーニングだけでは重大な欠陥があると警告したが、雇用者側は現状・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Ramaphosa大統領、6月からのロックダウンのレベル引き下げを発表

 2020年5月24日付け南アRamaphosa大統領の演説によると、6月1日から、新型コロナウイルス感染に伴うロックダウンの警戒レベルを1ランク緩和して、レベル3にするとした。大多数の産業について、全面的に職場に復帰できるようにし、全国的な外出禁止を解除する方針を発表した。一部のサービスを除き、卸売・小売業の再開も許・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:AngloGold Ashanti社のMponeng金鉱山にて164名の新型コロナウイルス感染者を確認

 2020年5月24日付けメディアによると、南アMponeng金鉱山(AngloGold Ashanti社所有)にて164名の新型コロナウイルス感染の陽性が検出された。患者は、すぐさま隔離されたが、ほとんどは症状が見られなかった。一時操業を停止し、現場の消毒などの作業を行った。
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Haib銅鉱床、バイオ・ヒープリーチングを盛り組むPEAを更新

 2020年5月20日付け加Deep South社の発表によると、ナミビアNamaqua-Natal地方に位置するHaib斑岩型銅鉱床の予備的経済評価(PEA)を更新した。バイオ・ヒープリーチングによる生産で、マインライフ24年間、年間20百万tの鉱石を処理し、回収率80%、年産銅カソード35.3千t、硫酸銅51.1千・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:硫黄価格の上昇が銅・コバルト鉱山のコストを圧迫

 2020年5月20日付けメディアによると、今年に入って硫黄価格が前年比10%ほど上昇し、硫酸を大量に消費する湿式製錬にて銅・コバルトを生産するDRコンゴの鉱山操業コストを圧迫している。DRコンゴでは、ザンビアの乾式製錬からの硫酸を購入する一方で、硫黄を購入して山元で硫酸を生産することも多くある。硫黄の方が流通の上での・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働組合NUM、すべての鉱山の一時閉鎖を要請

 2020年5月20日付けメディアによると、鉱山労働者国家連合(NUM)は、Limpopo州におけるすべての鉱山の一時休止を有給の形で行うことを要請している。5月に入りロックダウンのレベルを1ランク下げ、各鉱山が操業を開始している中で、同州の鉱山(Implats社のMarula PGM鉱山、Dwarsriverクロム鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Harmony Gold社の金山にて2名のコロナ感染陽性を確認

 2020年5月20日付け南アHarmony Gold社の発表によると、同社所有のKalgold金山(北西州Mafikeng市)にて2名のコロナ感染の陽性反応が確認された。無症状ではあるものの、すぐさま隔離された。鉱山操業についてもほとんどを休止し、一部のプラントにて、検査をクリアした従業員で操業を継続している。同鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、鉱山における行動規範策定に係るガイドラインを告示

 2020年5月18日付け政府官報にて、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)は、「COVID-19アウトブレイクの軽減と管理に関する行動規範に係るガイドライン」を告示した。鉱山健康安全法(1996年法律第29号)に基づく政令であり、鉱山従業員及び周辺地域社会における新型コロナウイルス感染のアウトブレイクを軽減・管理する・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働組合、鉱山労働者全員を対象とした検査の導入を要請

 2020年5月18日付けメディアによると、南ア労働組合AMCU(鉱山労働者・建設組合連合)は、先のImplats社Marula PGM鉱山において新型コロナウイルス感染が事前の検査にて確認されたことを受けて、作業開始前には鉱山労働者全員の検査を義務付けるべきとした。Marula鉱山の例のように、感染しても無症状のケー・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:タンザニアとの国境の町の封鎖を解除

 2020年5月15日付けメディアによると、ザンビアの国境の町Nakondeでの新型コロナウイルス感染が確認されたことに伴い、5月11日から国境が封鎖されていた。その後、15日にはザンビアからの銅輸出や燃料・医療品などの必需品の輸入など、トラック輸送による越境が再開された。
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Rosh Pinah亜鉛鉱山拡張の投資決定を先延ばし

 2020年5月14日付け加Trevali社の発表によると、同社所有のナミビアRosh Pinah亜鉛鉱山の拡張に係るPFSを第2四半期(6月末)までに終わらせるものの、景気の低迷に備えて、投資決定は先延ばしするとした。もともとは、コスト削減、回収率と精鉱品位の向上のための投資として60~80mUS$が想定されていた。・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Implats社のMarula PGM鉱山にて19名の新型コロナウイルス感染者を確認

 2020年5月16日付けImplats社の発表によると、南アMarula PGM鉱山にて、19名の新型コロナウイルスの感染者が検査によって確認され、操業を一時停止した。感染者のうち、14名は作業に復帰する前の事前検査にて陽性が確認された。残る5名は、接触者の追跡において確認されている。2名は東Cape州から戻った従業・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:タンザニアとの国境の町を封鎖、銅輸送にも影響

 2020年5月12日付けメディアによると、ザンビアがタンザニアとの国境の町Nakondeを5月11日から閉鎖したことを受けて、ザンビアからのタンザニアDar es Salaam港への銅輸送が停滞している。国境封鎖は、Nakondeにて新型コロナウイルス感染として76件が確認されたためであり、封鎖解除の見通しは不明であ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、鉱山セクターのための感染予防ガイドラインに関するパブリックコメントの公募開始

 2020年5月12日付けメディアによると、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)は、鉱山セクターにおける新型コロナウイルス感染予防及び管理のための行動規範策定に係るガイドラインについてパブリックコメントの公募を開始した(5月14日まで)。本ガイドラインは、先日の労働裁判所の指導に従い策定されたもの。DMREは、事業者に・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:フェロクロム生産者Afarak社、経営難のため会社更生手続き開始

 2020年5月11日付けクロム製品生産者Afarak Groupの発表によると、南ア子会社のMogale製錬所及びAfarak South Africa社について、会社更生手続きを開始した。南アが3月27日にロックダウンに入って以降、操業及び輸出も停止しており、経営困難な状況が続いていた。会社更生期間であっても操業は・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:フェロクロム生産者Glencore-Merafe JV事業の生産再開

 2020年5月8日付けメディアによると、南アにおけるフェロクロム生産事業Glencore-Merafe JVは、Lionフェロクロム製錬所とEasternクロム鉱山の操業を再開する。一方で、同JV事業の他の製錬所(Boshoek、Rustenburg、Wonderkop)及びKroondal鉱山は引き続き保守管理を続・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Dwarsrivierクロム鉱山、従業員のコロナ感染に伴い操業を停止

 2020年5月6日付けメディアによると、南アAssore社は、同社が操業するDwarsrivierクロム鉱山の従業員に新型コロナウイルス肺炎の感染者が確認されたことに伴い、全操業を停止した。感染予防のための措置であり、操業管理部門による監査が終了次第再開される予定。同鉱山のクロム鉱石生産量は1.55百万tであった。
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:銅・コバルト輸送のルート上の国境で一時的なロックダウン

 2020年4月28日付けメディアによると、同日DRコンゴの鉱業の中心地Lubumbashi市にて24時間のロックダウンが行われた。それに伴い、銅・コバルト輸送のルート上になるザンビアとの国境の町Kasumbalesaが封鎖された。Haut-Katanga州知事によると、同町で新型コロナウイルス感染者が初めて確認された・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Mopani Copper Mines社、一時的に生産を再開

 2020年5月3日付けメディアによると、ザンビアMopani Copper Mines社(Glencore 73.1%シェア所有)は、一時的に生産を再開し、90日後に保守管理に入る旨を発表した。同社からは、操業する銅鉱山における4月8日から3か月の保守管理が宣言されていたが、ザンビア政府の承認が取得できず、政府との議・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ