閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:中国政府、2019年5月15日よりミャンマーのレアアース鉱石を輸入禁止へ

 安泰科によれば、雲南騰沖税関は、2019年5月15日より正式に全てのレアアース業務関連商品に関する輸出入業務を停止する。2018年11月3日、雲南騰沖税関は、ミャンマーからの全ての資源類商品の輸入を停止し、その中にはレアアース鉱石も含まれている。
 過去2年間、中国はミャンマーから数多くのイオン吸着型レアアース鉱石・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:天池モリブデン業社、季徳モリブデン鉱山の建設開始予定

 安泰科によれば、2019年4月初め、内モンゴル天首科学技術発展株式有限公司は、傘下の子会社である天池モリブデン業社、中冶天工集団有限公司の3社間で「工事、採掘調達、総請負契約」を締結した。当該契約によると、天池モリブデン業社は発注企業として、小城季徳モリブデン鉱山採掘能力25千t/日の建設事業を発注する。中冶天工集団・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:内モンゴル・フフホト市政府は、保護区内における鉱業権の返却に関する補償方法を発表

 現地報道によれば、内モンゴル・フフホト市人民政府は、「フフホト市自然保護区内における鉱業権の返却に関する補償方法」を正式に発表した。法律に基づき自然保護区内にある鉱山企業による探査開発建設活動に関する生態環境問題を改善する。
 政府は、主導権を握り、一本化事業を推し進め、違法企業への取り締まりを行い、正当企業に補償・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:Dubal社は、中国北方工業公司と協力契約を締結

 安泰科によれば、Dubal Holding社は、中国北方工業公司(Norinco社)と契約を締結し、両社は工業、採掘とエネルギー分野で協力事業を展開することに合意した。
 Dubal Holding社は、ドバイ政府を代表し商品、採掘、電力、工業事業に投資している。エミレーツ航空世界アルミ業公司の50%の権益を保有し・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:包頭市蒙嘉科学技術有限公司は、年間生産能力1,000tのレアアース研磨材事業に1.5億元を投入

 現地報道によれば、包頭市蒙嘉科学技術有限公司は、年間生産能力1,000tのレアアース研磨材事業に投資し建設開始する。投資総額は1.5億元である。  当該事業は、包頭市金属高度加工団地に設立し、2019年年内に生産開始予定で、年間生産額4億元、税込利益額は4,000万元となる見込。
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国アルミ業社傘下の中国アルミ上海社は、蘇州中材社の100%株式を買収予定

 安泰科によれば、中国アルミ業株式有限公司傘下の子会社である中国アルミ(上海)有限公司は、協定方式で持株主である中国アルミ業集団有限公司傘下にある蘇州中色金属材料科学技術有限公司の100%の株式権益を買収予定。  蘇州中材社の持株主は中国アルミ集団社で、今回の取引は関連取引になる。
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ギニア:錦江集団社は、AIS社とギニアのアルミニウム産業における全面的戦略的協力協議を締結

 安泰科によれば、杭州錦江集団社は、AIS国際集団社とギニアのアルミニウム産業における全面的戦略的協力協議を締結し、ギニアのアルミニウム産業の振興、ボーキサイト資源の開発や新規エネルギー事業の展開についてギニア政府側、AIS国際集団社と詳細な話し合いを行った。
 杭州錦江集団社は、AIS国際集団社と協力し、ギニアで年・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年1~3月レアアース製錬分離製品の純輸入国に

 現地報道によれば、2019年1~3月において、中国はレアアース製錬分離製品の純輸入国になり、レアアース永久磁石材料の輸出量は継続的に拡大しており、輸入量は引き続き下落した。レアアース製錬分離製品と永久磁石材料の輸入低下と異なり、2019年1~3月のレアアース精鉱輸入幅は拡大し、対前年同期比50.8%増加した。
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年3月の中国のアンチモン鉱石及び精鉱輸入量、前年同月比34.9%減

 中国税関統計データによると、中国の2019年3月のアンチモン鉱石及び精鉱輸入量は3,399.4tで前月比27.4%減、前年同月比34.9%減少した。2019年1~3月のアンチモン鉱石及び精鉱の輸入量は前年同期比15.2%減の17,519.8tであった。2019年3月、中国のアンチモン鉱石及び精鉱は主にタジキスタン(2・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年3月の中国の未圧延アンチモン輸出量、前年同月比2,433.4%増

 中国税関統計データによると、中国の2019年3月の未圧延アンチモン輸出量は1,097.0tで前月比172.9%増、前年同月比2,433.4%増加した。2019年1~3月の未圧延アンチモン輸出量は前年同期比418.8%増2,695.1tであった。2019年3月、中国の未圧延アンチモンの輸出先は主に日本(180t、前年同・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年3月の中国の酸化アンチモン輸出量、前年同月比12.6%増

 中国税関統計データによると、中国の2019年3月の酸化アンチモン輸出量は3,996tで前月比100.7%増、前年同月比12.6%増加した。2019年1~3月の酸化アンチモン輸出量は前年同期比8.0%増9,679.5tであった。2019年3月、中国の酸化アンチモンは主に米国(1,461.2t、前年同月比2.8%減)、タ・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中科三環社、南方希土社に資本加入予定で、ハイレベル希土類磁石材料事業を共同投資

 現地報道によれば、中科三環社は、中国南方レアアース集団有限公司と「協力意向書」を締結した。中科三環社は、増資する形で南方レアアース社の5%の権益を獲得する。同時に江西省贛州市で年間生産能力5kt/年の高性能焼結ネオジム・鉄ボロン系レアアース生産企業を共同投資する予定。
 両社が贛州で共同投資する当該ハイレベル磁石材・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:北方レアアース社、包頭市平遠物資回収公司と共同でアルミニウム・マグネシウム合金基地を設置

 安泰科によれば、北方レアアース社は、25.5m元を出資し、包頭市平遠物資回収有限公司と合弁会社を創設し、主にレアアース・アルミニウム・マグネシウム合金(第1期)事業を展開する予定。
 新規設立した会社は、「北方レアアース・アルミニウム・マグネシウム新材料有限責任公司」という名称とし、登録資本金は50m元を設定してい・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト マグネシウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:国家電気投資山西アルミ業社、寧武寛草坪ボーキサイト鉱山の生産開始

 安泰科によれば、国家電気投資集団山西アルミ業社の寧武寛草坪ボーキサイト鉱山が生産を開始した。寧武寛草坪ボーキサイト鉱山は、山西アルミ業社が所有する鉱山で、2012年12月24日に山西省国土資源庁から統合後の採掘許可証を取得した。2010年2月、同社は、寧武ボーキサイト鉱山に対する建設事業を開始していたが、歴史的な問題・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ジンバブエ:中国青山集団は、ジンバブエでステンレス生産事業開始

 安泰科によれば、ジンバブエ政府は、中国青山集団と契約を締結し、年間生産1m万tのステンレスを輸出する予定。
 当該事業における第1期への投資額は、2bUS$で、事業全体における投資総額は10bUS$に相当する可能性がある。
 2018年6月に、両者は、ジンバブエ中部地域に製鉄所の設立可能性について覚書を締結した。・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国国内2019年3月のアンチモン製品生産状況について

 中国有色金属工業協会アンチモン部会の生産統計データによると、2019年3月のアンチモン原料(アンチモン精鉱及びその他)生産量は、3,879t(金属量)で、2019年1~3月の生産量は対前年同期比14.2%増の9,596tである。
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国国内2019年3月のアンチモン地金生産状況について

 中国有色金属工業協会アンチモン部会の生産統計データによると、2019年3月のアンチモン地金生産量は、対前月比77.2%増、対前年同月比40.5%増の7,142tで、2019年1~3月のアンチモン地金生産量は対前年同期比70.6%増の20,872tであった。
 2019年1~3月のアンチモン地金生産量上位4位の省区は・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国国内2019年3月の三酸化アンチモン生産状況について

 中国有色金属工業協会アンチモン部会の生産統計データによると、2019年3月の三酸化アンチモン生産量は、対前月比50.7%増、対前年同月比9.9%増の7,952tで、2019年1~3月の三酸化アンチモン生産量は対前年同期比14.7%増の21,110tである。
 2019年1~3月の三酸化アンチモン生産量上位5位の省区・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:厦門タングステン業新エネルギー社、年間生産能力2万tの正極材料工場を建設へ

 安泰科によれば、厦門タングステン業社傘下の子会社である厦門厦タングステン新エネルギー材料有限公司は、184,793.40万元を投入し、厦門海滄区で年間生産能力2万tの自動車エンジン用リチウムイオン電池の正極材料工場を建設する予定。
 当該工場の敷地面積は、おおよそ204,049.8m2である。建設期間は約3年間を設・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

PNG:2018年ニッケル・コバルトRamu鉱山のコバルト生産は、3,275t、対前年比ほぼ同様

 安泰科によれば、Ramu鉱山が2019年3月末に発表した2018年年度報告書によると、Ramu鉱山は安定的生産を維持しており、年間平均生産達成率は108.4%で、その製品である水酸化ニッケル・コバルト中のニッケル・コバルト金属量はそれぞれ35,354t、3,275tで、共に最高記録を作り、売上額は26.6億元であった・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ