閉じる

ニュース・フラッシュ

英:各社がプラチナウィークに合わせプラチナ需給予測を発表

 2019年5月初旬に英国で行われているプラチナウィークに合わせ、プラチナ関係各社がプラチナの需給予測を発表した。World Platinum Investment Council(WPIC)は、2019年は37.5万ozの供給過剰となると予測した。同社の前回の今年3月のレポートでは、68万ozの供給過剰になると公表し・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:ICSGの銅需給予測、2019年は約19万t、2020年は約25万tの供給不足

 2019年5月9~10日、ポルトガル・リスボンにおいて国際銅研究会(ICSG)が開催され、2019年及び2020年の銅需給予測について協議が行われた。2019年及び2020年の銅需給バランスについて、2019年は約19万t、2020年は約25万tの供給不足と予測した。
 供給サイドについて、銅鉱山生産量については、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:ILZSGの鉛需給予測、2019年は7.1万tの供給過剰

 2019年5月8日に、ポルトガル・リスボンで春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2019年の鉛需給予測について協議された。ILZSGは鉛需給バランスについて、2019年は7.1万tの供給過剰になると予測した。
 供給サイドについては、鉛鉱山生産量は、2019年は主に中国とインドの鉱山の生産増により、前年比・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:ILZSGの亜鉛需給予測、2019年は12.1万tの供給不足

 2019年5月8日に、ポルトガル・リスボンで春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2019年の亜鉛需給予測について協議された。ILZSGは亜鉛需給バランスについて、2019年には12.1万tの供給不足になると予測した。
 供給サイドについては、亜鉛鉱山生産量は、2018年が前年比1.3%増となった後、201・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:INSGのニッケル需給予測、2018年は14.6万t、2019年は8.4万tの供給不足

 2019年5月6日から7日にかけて、ポルトガル・リスボンで国際ニッケル研究会(INSG)が開催され、ニッケルの2018年の実績見込み及び2019年の需給予測について協議された。INSGはニッケル需給バランスについて、2018年の供給不足幅を14.6万t、2019年の供給不足幅を8.4万tとした。
 供給サイドについ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:ICMM等、鉱滓貯蔵施設に対する独立レビューの議長を決定

 2019年4月24日付けの国際金属・鉱業評議会(The International Council on Mining and Metals,ICMM)のプレスリリースによると、ICMMは、責任投資原則(Principles for Responsible Investment,PRI)及び国連環境計画(United・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

英:LME、責任のある調達に必要な基準案に対するコンサルテーションを開始

 2019年4月23日付けのLMEのプレスリリースによると、2018年発行した責任ある調達に関する方針説明書(Responsible Sourcing:LME Position Paper)へのフィードバックを受けて、新たな基準案を発表するとともに、それに対するコンサルテーションを開始した。今回提案された基準案では、全・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

スイス:Trafigura社が経営難のNyrstar社の経営権を握ると発表

 2019年4月15日付けのメディア情報によると、経営難に陥っている鉛・亜鉛生産者のベルギー・Nyrstar社は、資金増強のため、同社の大株主であるスイス・Trafigura社が同社の経営権を握ることになる旨を発表した。Trafigura社は資金難に陥っているNyrstar社に対し2.5mUS$を資金提供することに同意・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:Rio TintoとAnglo American、Climate-Smart Miningプログラムに参加

 2019年4月9日付けのメディア情報等によると、Rio TintoとAnglo Americanは、世界銀行のClimate-Smart Miningプログラムに参加すると発表した。このプログラムは、鉱業に関連するサプライチェーン全体として社会や環境・気候変動への影響を最小限に管理しつつ、開発途上国におけるリチウム、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ポーランド:国会下院が銅税の15%減税を可決

 2019年4月12日付けのメディア情報によると、ポーランド共和国下院は、4月12日に銅税の15%減税を可決した。ポーランドの国有銅鉱山会社のKGHM社は、ここ数年の事業コストの上昇、銅価格の低迷、技術的な問題と予想以上に膨らんだ資本投資に悩まされていたが、この減税により同社は投資に資金を回すことができると見られる。こ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ノルウェー:豪Mineral Commodities社がノルウェーSkaland Graphite社を買収

 2019年4月4日付けのメディア情報によると、豪Mineral Commodities 社はノルウェーLeonhard Nilsen & Sønner - Eiendom AS(LNS)社と920万US$で買収契約を結び、LNS社の子会社Skaland Graphite社のTraelenグラファイト鉱山と精錬工場を取・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

EU:欧州委員会、紛争鉱物の事前調査に係る審査手続き規則を公表

 2019年4月1日付けのメディア情報等によると、欧州委員会は紛争鉱物の事前調査(デューデリジェンス)を審査し、認可する手続き規則を公表した。今回公表した規則2019/429は、2017年5月に公表した規則2017/821に沿ったもので、規則2017/821に定められた事前調査(EU内へ輸入する錫、タンタル、タングステ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 タングステン タンタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

コソボ共和国:英Beowulf社、750千£を資金調達し、コソボ共和国に投資

 2019年4月1日付けのメディア情報によると、ロンドン証券取引所のAIM(Alternative Investment Market)上場の英Beowulf社は、調達した750千£で英Vardar Minerals 社への出資比率を14.1%から31.3%に増やし、Vardar Minerals社がコソボ共和国で行っ・・・ 続きを読む
鉱種:
ボロン/ホウ素 リチウム 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

EU:EUは持続可能な電池の生産・利用において世界のリーダーを目指す

 2019年3月28日付けのメディア情報によると、欧州委員会のHead of Unit Resource Efficiency and Raw Materials, Peter Handley氏は、2050年に向けた脱炭素化戦略において電池の原材料の確保は重要であり、欧州内における電池原材料の利用を増やしたいとコメント・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ