閉じる

ニュース・フラッシュ

加・米:加・米両政府、クリティカルミネラル協力行動計画を最終決定

 2020年1月9日付けでカナダ政府と米国政府は、クリティカルミネラルの協力に関する共同行動計画を最終決定した。
 新たに最終決定された行動計画は、産業との連携、戦略的産業と防衛産業のための重要な鉱物サプライチェーンを確保する取り組み、鉱物資源に関する情報共有の改善、多国間フォーラムおよび他国との協力等の分野における・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏

加:Geomega社、レアアース磁石リサイクル工場の実証試験用地の決定を公表

 加Geomega社は、2020年1月14日付けニュースリリースで、同社が有するISR技術を活用したレアアース磁石(REM)リサイクル実証プラントの建設用地を、QC州モントリオール近郊のSaint-Bruno-de-Montarville(以下、St Bruno)の工業サイトとすることを公表した。同社によるとSt Br・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏

メキシコ:環境天然資源省、米Argonaut Gold社のCerro del Galloプロジェクトの環境影響評価を非承認

 2020年1月14日付け地元紙によると、環境天然資源省(SEMARNAT)は、米Argonaut Gold社が保有するCerro del Gallo金・銀・銅プロジェクト(Guanajuato州)が周辺環境や地域経済に悪影響を及ぼすと判断し、同プロジェクトの環境影響評価および土地利用変更許可を非承認とした。SEMAR・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

豪:EcoGraf社、WA州Kwinanaにおけるグラファイト処理施設建設計画でGR Engineering社と基本合意書を締結

 2020年1月13日付けの地元メディアによると、豪EcoGraf社(2019年10月にKibaran Resources社より社名を変更)はWA州Kwinanaで進めるグラファイト処理施設の建設計画において、豪GR Engineering社とエンジニアリング、調達、建設を委託する基本合意書(LOI)を締結した。Eco・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:加Kirkland Lake Gold社、VIC州Fosterville 金鉱山の2019年生産量が目標値を上回り619千ozに

 2020年1月10日付けの地元メディアによると、加Kirkland Lake Gold社は、VIC州で操業するFosterville金鉱山の生産量が2019年通年で619,366ozと、目標値の570~610千ozを上回り、2019年10~12月四半期の生産量も前年同期比21%の191,893ozと、過去最高水準とな・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:WA州のサイクロン「Blake」、Pilbara地域における鉄鉱石鉱山に影響

 2020年1月10日付けの地元メディアによると、1月7日にWA州Broom付近の沖合で発生したサイクロン「Blake」は、翌8日にWallal沿岸を通過する際、一部の地域に100mm以上の降雨をもたらし、これによる洪水でPilbara地域における一部の鉱山操業が影響を受けた。一方、同地域の港湾施設は、風雨による最悪の・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:First Quantum社、WA州Ravensthorpeニッケル鉱山再開後の生産目標を発表

 2020年1月10日付けの地元メディアによると、加First Quantum Minerals社は、1月に操業を再開したWA州Ravensthorpe Ni鉱山の2020年における生産目標を15~20千tとする。2021年には25~28千tに増加させることを目標とし、2022年以降は生産量を維持する予定である。同社の・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Galaxy Resources社、2019年のリチウム精鉱輸出量が前年比26%減に

 2020年1月10日付の地元メディアによると、WA州Mt Cattlin Li鉱山を操業する、豪Galaxy Resources社の2019年における同州Esperance港からのLi精鉱輸出量は、118千t以下と前年の159千tから約26%減となった。2019年10~12月四半期の輸出量は29,778tと目標値の3・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:独BMW、5年間の水酸化リチウム調達契約をGanfeng Lithium社と締結

 2020年1月9日付けの地元メディアによると、独BMWは、同社が生産する電気自動車(EV)の第5世代バッテリーに使用する水酸化Liのほぼ全量を、中国のリチウム企業大手Ganfeng Lithium(贛鋒リチウム業)社を通じて豪州の鉱山から調達するための5年契約を同社と締結した。Ganfeng Lithium社は、豪M・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Rio TintoがWA州Citadel銅・金プロジェクトで累計11mA$を拠出し、権益51%を取得

 2020年1月9日付けの地元メディアによると、Rio Tintoは豪Antipa Minerals社とのJVで推進するWA州Citadel銅・金プロジェクトの探鉱に累計で11mA$を拠出し、同プロジェクトの権益51%を取得してオペレーターとなった。Rio Tintoは、今後3年以内に更に14mA$を探鉱費用として拠出・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

DRコンゴ:2019年1月から11月の鉱業生産実績、銅16%増、コバルト18%減

 2020年1月9日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行の発表値として、2019年1月から11月の銅生産量は前年同期比15.9%の増の1.308百万tであった。コバルト生産量82,220tは前年同期比18.3%減、金生産量31,847kgは前年比6.3%の減であった。
 DRコンゴにおける銅生産量について、201・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、経済危機に対処すべく政府による早急な措置を訴える

 2020年1月13日、南ア鉱業協議会の声明によると、南ア経済と社会の現状を好転させるには、南ア政府による緊急措置が必要であるとし、取り組むべき施策を整理した。特に、国有電力会社Eskomの問題と電力供給危機は南ア経済にとって最大のリスクであるとし、緊急の改革と再編が必要であり、短期的な電力供給のためには、民間部門によ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Sibanye-Stillwater社、尾鉱からの金回収を行う南アDRDGold社の過半シェアを取得

 2020年1月10日付け南ア金・PGM生産者Sibanye-Stillwater社の発表によると、同社は南アDRDGold社のシェアを既存の38%から50.1%にするオプションを行使した。DRDGold社は尾鉱からの金回収を行う鉱山会社であり、南アにてErgoプロジェクトとFar West Gold Recoveri・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英:加Mkango社の子会社、レアアースリサイクル会社HyProMag社の株式取得完了

 2020年1月10日付けのプレスリリース等によると、加Mkango Resources社が株式75.5%を保有している同社の子会社のMaginito社は、レアアース磁石リサイクル会社の英HyProMag社の株式25%の取得を完了した。Maginito社はまず0.3m£で25%の株式を取得し、さらに1m£を投資して株式・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

豪:Mineral Commodities社、DFSの結果に基づきWA州Munglinupグラファイトプロジェクトの権益比率を51%から90%に拡大

 2020年1月8日付けのメディアによると、豪Mineral Commodities社は、WA州で推進するMunglinupグラファイトプロジェクトのDFS結果に基づき、同プロジェクトの権益保有比率を現在の51%から90%に拡大すると発表した。Mineral Commodities社は2017年9月、豪Gold Ter・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

パナマ:加First Quantum社の2019年銅生産量、過去最高に

 2020年1月9日付け地元紙は、加First Quantum社の2019年銅生産量が過去最高に達したほか、2020年の生産量は最大25%増加する見込みであることを報じている。同社の2019年銅生産量は計702千tで、同年10月に生産を開始したCobre Panamá鉱山が銅60千tと貢献し、全体生産量は2018年より・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Magna Gold社、San Judas金プロジェクト買収に係るオプション契約を締結

 2020年1月9日付け地元紙は、加Magna Gold社(本社:バンクーバー)がSonora州に位置するSan Judas金プロジェクト買収に係るオプション契約を地元の土地保有者と締結したことを明らかにした。同プロジェクトは州都Hermosilloから北西240kmのTrincheras市に位置し、このエリアはSon・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:AMLO大統領、鉱山分野は開発と環境のバランスを追求すると強調

 2020年1月9日付け業界紙によると、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は定例記者会見において、鉱業は雇用創出に加え、国の経済の強靭化に寄与する重要な分野であり、持続的な開発が必要であると述べ、特にメキシコ北部の雇用創出につながっていると付け加えた。
 また、同大統領は、環境大・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:国内3件のメガプロジェクト進捗状況

 2020年1月8日付け地元紙によると、投資額1,000mUS$を超える国内3件のメガプロジェクトについて、生産量が合計で年間銅290千t、金17.1t(550千oz)、銀279.93t(9百万oz)、亜鉛40千tと大幅増加が期待されているが、開発が中断しているプロジェクトや、生産開始までに最低でも5年が見込まれている・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

チリ:CODELCO、2bUS$の社債を発行

 2020年1月7日、CODELCOは、現在の歴史的低金利を利用しニューヨーク市場において1bUS$の社債(10年債、利回り3.175%)を新規発行、ならびに2019年9月に既に2bUS$発行している30年債(利回り3.958%)を1bUS$再発行し、2.8倍のオーバーサブスクリプションがあったことを発表した。これによ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ