閉じる

ニュース・フラッシュ

南ア:Glencore、電気料金の上昇で南アのフェロクロム事業が競争力を失う

 2020年8月11日付けメディアによると、Glencoreは上半期決算報告時に、フェロクロム事業について言及した。世界のフェロクロム需要は堅調であるが、中国製錬プラントによるフェロクロム生産が多くを占め、南アから中国へのクロム鉱石輸出が増加している。南アにおける電気料金の値上げのために、同国でのフェロクロム生産は競争・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:2020年6月の鉱物輸出額、金・PGMで顕著にV字回復を示す

 2020年8月10日付けメディアによると、2020年6月の南ア鉱物輸出額は、現地通貨ランドが大幅に下落したこともあり、3月末までの12か月平均を上回ったと南ア鉱物協議会チーフエコノミストLangenhoven氏が分析した。また同氏は「商品輸出額を見るとV字回復が見られる。輸出量についてはまだ回復には至っていないが、鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、探鉱促進等を含むコロナ後の鉱業再生戦略を提示

 2020年8月6日、南ア鉱業協議会は、コロナ後の今後4年間で生産と雇用を回復及び拡大していくための8つの重要分野を特定した。6月には、産業界の団体であるBusiness for South Africa(B4SA)がコロナ後の経済再生戦略を策定し、政府への提示がなされており、鉱業協議会もそれに準じて、鉱業分野における・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM中堅生産者Royal Bafokeng社、コロナ禍の中でも2020年上半期において高利益

 2020年8月4日付けメディアによると、南アのPGM中堅生産者Royal Bafokeng(RBPlat)社が2020年上半期の実績にて非常に高い利益を報告した。同社のHeadline Earningsについて、2019年上半期は164.4mZAR(南ア・ランド)のマイナスであったものの、今期は前年同期比624.7%・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:予算大臣、鉱山輸入物品に対するVAT免除の停止を財務省に通知

 2020年8月4日付けメディアによると、DRコンゴにて、鉱山会社を対象とした輸入物品に係る付加価値税(VAT)免除の停止を実施するよう同国予算大臣が財務省に通知した。DRコンゴ政府は、鉱物価格が低迷した2016年から、鉱山会社が輸入する物品については、VATの支払いを免除する優遇措置を実施してきた。今回の通知は、国の・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Mutanda銅・コバルト鉱山の保守管理の影響大きく、Glencoreの2020年上半期の銅・コバルト生産量が減少

 2020年7月31日、Glencoreは2020年上半期の操業実績報告を発表した。同社全体の上半期実績で銅量588.1千t(対前年同期比11%減)、コバルト金属量14.3千t(対前年同期比33%減)の生産量であった。この減少は、主にMutanda銅・コバルト鉱山が2019年12月より保守管理に入ったことによる。一方で・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:2020年上半期の銅・コバルト生産量が前年同期より増加

 2020年7月15日付けDRコンゴ中央銀行の統計によると、2020年1~6月末の上半期の銅・コバルトの生産量は、銅675,157t(対前年同期比13.4%増)、コバルト38,816t(対前年同期比5.6%増)であった。新型コロナウイルスの影響下においても同国の鉱山生産量は昨年以上の数字を示している。なお、2019年の・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ