閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

ドミニカ共和国:ついに、鉱業法改正案を議会に提出

 2019年6月11日付け地元紙によると、Antonio Isa Condeエネルギー鉱山大臣は、制定後48年が経過した鉱業法の見直しを目的とした法案を議会に提出したと述べた。(2018年4月27日付 カレント・トピックス18_09:ドミニカ共和国鉱業の現状(2.4.鉱業法改正の動向)参照)同省によると、同法案は、鉱業・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:鉱業・石油会議所、鉱業法改正業界案をエネルギー鉱山省に提出

 2019年2月28日付け地元紙によると、ドミニカ共和国鉱業・石油会議所は、同国で議論が続いている鉱業法改正案の見直しをエネルギー鉱山省に求めたことを明らかにした。同会議所は、鉱業法の改正には賛同しているが、エネルギー鉱山省が提出した草案は業界の支持を得たものではなく支持しない意向を示していた(2018年4月27日付 ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:憲法裁判所、鉱業コンセッション取得に係る関連条項改正を無効とする

 2018年11月28日付地元紙の報道によると、2017年10月に議会において採決された鉱業法の一部改正法案(2017年10月25日付 ニュース・フラッシュ:鉱業コンセッション取得に係る関連条項を改正参照)が、憲法裁判所により無効とされた。同法案は2017年10月13日にエネルギー鉱山省により決議番号R-MEM-REG・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ドミニカ共和国:Ávila政府保有鉱業潜在性地域が承認される

 2018年11月19日付け地元紙によれば、Pedernales県に位置する地域が「Ávila政府保有鉱業潜在性地域(Reserva Fiscal)」として大統領により新たに承認された。同地域ではレアアース資源ポテンシャルが見込まれており、国家あるいは特別契約を結んだ事業者により探鉱及び開発が可能になる。法令430-1・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ドミニカ共和国:Pan Terra Gold社、ドミニカ共和国政府にLas Lagunasプロジェクトの契約義務違反の損害賠償を求める

 2018年5月24日付け業界紙によると、豪Pan Terra Gold社は、同社子会社がドミニカ共和国に保有するLas Lagunasプロジェクトで再処理されたズリ(尾鉱)を保管する廃滓ダムを建設しなかったため、契約履行義務違反として、ドミニカ共和国政府に対し25mUS$の損害賠償を求める。Pan Terra Gol・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:Pueblo Viejo鉱山、天然ガスへの転換を進める

 2018年5月14日付け地元紙によると、Barrick Gold社は、Pueblo Viejo鉱山を保有する子会社(Barrick社:Goldcorp社=60:40)が、米AES Andres社と10年間の天然ガス供給契約を締結したことを明らかにした。AES Andres社は、ドミニカ共和国において発電事業を展開して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:豪EnviroGold社・Las Lagunas鉱山周辺住民による抗議活動

 2018年4月29日付け業界紙によると、Sánchez Ramírez州の中央部に位置するCotuí郡のLa Piñita、La Cerca、El Naranjo、Las Lagunasといった市町村は、豪EnviroGold社(本社:シドニー)が保有するLas Lagunas鉱山は周辺地域の水源を汚染しているとして・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:新規鉱業法による鉱業投資への影響

 2018年1月3日付け地元紙は、2017年12月にドミニカ共和国政府が鉱業法の近代化を目的として承認した改正鉱業法案について論じている。概要は以下のとおり。
・改正案は、鉱業コンセッション、税制および環境規制のための新しい枠組みを確立し、1971年に承認された現行の鉱業法である第146号法に代わるものとなる。この法・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:海底鉱物資源開発に関する法的枠組み制定

 ドミニカ共和国は、海底鉱物資源開発の新たな法的枠組み整備を進めている。エネルギー鉱山省によると、草案は既に作成されており、国会の承認を受けることとなる。エネルギー鉱山省は、鉱業法41条に基づき、2年以内に規則を作成する必要がある。なお、海底鉱物資源開発は、環境保護規制及び新たに制定された税制、ロイヤルティにより運用さ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:鉱業法改正に向けた動き

 2017年12月19日付け地元紙によると、ドミニカ共和国議会は鉱業法を大幅に改正し、税制とロイヤルティに関する法案の見直しが行われた。1971年に制定された鉱業法第146号の改正法案は、3か月に渡る協議の末、修正されることとなった。草案では、鉱業収入の最低40%を州が徴税する旨定められ、金属市況価格が上昇するとその額・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ドミニカ共和国:鉱業法改正プロセスは鉱業投資の阻害要因となる可能性

 2017年12月14日付け地元紙によると、ドミニカ共和国エネルギー鉱山省前鉱業部長は、同国の鉱業法改正草案で示された税率は、ドミニカ共和国への将来の投資を損なう可能性があると警鐘を鳴らした。
 前鉱業部長は、同改正法案での鉱業企業への総税率は60%超に達する可能性があり、これは、ドミニカ共和国において鉱業を実施する・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:豪PanTerra Gold社、Las Lagunas処理プラント計画白紙の可能性を示唆

 2017年12月5日付け地元紙によると、豪PanTerra Gold社は、Las Lagunas処理プラント操業へのドミニカ共和国政府の支援が不十分であるとして、同プラントの計画停止を示唆した。同社の計画では、2019年中旬に尾鉱(ズリ)再処理プロジェクトを完了させ、輸入鉱石を含めた処理を開始する予定であった。同社幹・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ドミニカ共和国:採取産業透明性イニシアティブ(EITI)報告書を発表

 2017年11月30日付け業界紙によると、金属鉱業埋蔵量600億US$及び非金属同400億US$と推計されているカリブ海最大の鉱業経済国であるドミニカ共和国は、同国が加盟している採取産業透明性イニシアティブ(EITI)の報告書を発表した。同国エネルギー鉱業大臣のコメントは以下のとおり。
・同報告書と同イニシアティブ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ