閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

モザンビーク:Balamaグラファイト鉱山、中国需要減に伴う販売実績低下

 2020年4月22日付け豪Syrah Resources社の2020年1月~3月期四半期報告によると、同社が操業するモザンビークBalamaグラファイト鉱山の1月~3月末までの四半期におけるグラファイト生産量は12千t(前期15千t)、販売量は7千t(前期17千t)と減少しており、中国におけるコロナ感染の影響で需要が・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Balamaグラファイト鉱山、豪Syrah Resources社が停止を発表

 2020年3月27日付け、豪Syrah Resources社の発表によると、モザンビーク・Balamaグラファイト鉱山の操業を3月28日から一時的に停止する。新型コロナウイルス肺炎感染予防のため、同国の国内外移動の制限をはじめ、規制が強化されたことに伴うもの。現状の在庫については引き続き発送する予定であるが、同鉱山か・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Maputo港の取扱実績増加

 2020年2月10日付けメディアによると、モザンビークMaputo港における2019年の取扱実績が21百万tに達し、2018年実績19.5百万tを上回った。クロム及びマグネタイトの取扱量が増えており、特にクロムの取扱量は全体の30%を占め6.4百万tであった。また、コンテナターミナルの拡張に伴い、コンテナ輸送量は前年・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:グラファイト鉱床を持つ豪Battery Minerals社、米Urbix社とグラファイト処理JV事業のMOUを締結

 2019年10月10日付け、豪Battery Minerals社の発表によると、同社は米国のグラファイト加工メーカーUrbix Resources社とモザンビークにおけるJV事業に関するMOUを締結した。Urbix社独自の精製法を応用したグラファイト精製施設の開発をモザンビークで行い、Battery Minerals・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Ancuabeグラファイト鉱床の採掘権の認可取得

 2019年5月6日付け豪Triton社の発表によると、同社はモザンビーク北部Cabo Delgado地方に持つAncuabeグラファイト鉱床について、同国エネルギー天然資源省から採掘権を取得した。2020年前半にて操業を開始し、最大年産6万tのグラファイト精鉱の生産を計画。キャピタルコスト99.4mUS$とされ、資金・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:豪Triton社、Anquabeグラファイト鉱床のオフテイクに係るMOUを中国Jinhui社と締結

 2019年3月14日付け豪Triton社のプレスリリースによると、同社が100%権益所有するモザンビークのAnquabeグラファイト鉱床について、中国Qingdao Jinhui Graphite社と資金調達及びオフテイクに係る拘束力のないMOUを締結した。Anquabe鉱床はモザンビーク北東のCabo Delgad・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Balamaグラファイト鉱山における火災により、一次破砕機が損傷を受ける

 2018年10月4日付の地元メディアによると、豪Syrah社がモザンビークCabo Delgado州で操業するBalamaグラファイト鉱山において10月1日に火災が発生し、操業が一時中断された。火災は一次破砕機の下に設置されたパイプの熱間加工作業中に発生し、一次破砕機やパイプ、電気ケーブルなどの損害が出た。なお、人的・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

モザンビーク:Baobab Resources社、Tete銑鉄・フェロバナジウムプロジェクトの鉱業権申請が認可

 豪Baobab Resources社は2014年11月19日付で、Tete銑鉄・フェロバナジウムプロジェクトの鉱業権申請が認可されたと公表した。当該期間は25年間で、さらに25年間の更新が認められている。2015年1月末までに、鉱業権付与と鉱業契約締結に係る手続きが完了するとしている。Baobab社は、当該プロジェク・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 レアメタル バナジウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

南ア:Transnet社、スワジランド、モザンビークの鉄道公社と共同運営センターを発足へ

 南ア運輸公社のTransnet社は2014年9月22日、モザンビーク港湾鉄道公社(Caminhos de Ferro de Mocambique ; CFM)、Maputo Port Development社及びスワジランド鉄道公社(Swaziland Railway)との間で共同運営センター(Joint Opera・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

ザンビア:同国の鉱産物、鉄道輸送によりモザンビークBeira港から出荷が可能に

 2014年1月14日付のメディア報道によると、ザンビア国営鉄道会社のZambia Railways社は、同国で生産された銅生産物について、2013年に再開した鉄道を使用することにより、モザンビークのBeira港まで輸送し、同港から出荷することが可能になると述べた。同社は、カッパーベルト地域からの銅及びその他鉱産物の輸・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

モザンビーク:鉄道及び湾岸建設にかかる推定費用を30億US$から50億US$に修正

 2013年12月18日付のメディア報道によると、モザンビーク運輸省は同国Tete州からZambezia州のMacuseまでの525 ㎞を結ぶ鉄道と新しい港湾施設の建設事業に関する推定費用を当初の30億US$から50億US$へと大幅に上方修正した。同省は大幅修正の理由を明らかにしていないが、技術チームが鉄道建設と湾岸施・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:Tete鉄鉱石プロジェクトに係る電力調査を電力公社と共同実施

 Baobab Resources Plc.の2013年10月11日付け及び24日付けニュースリリースによれば、Tete州にて現在F/S中のTete鉄鉱石採鉱・銑鉄プロジェクトに関し、操業に必要な電力供給に係る調査をモザンビーク電力公社(EDM)と共同で行うことを発表した。調査は電源や電力供給体制の検討の他、料金水準の・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広

モザンビーク:Rio Tinto、安全面での懸念によりSena鉄道の利用を中断

 2013年6月26日付のメディア報道によると、Rio Tintoは、同社のBenga原料炭プロジェクトが位置するTete州から港までを結ぶSena鉄道の利用を安全面での懸念を理由に中断している。背景としては、前週に野党Renamo党(内戦時代の反政府ゲリラ)が幹線道路とSena鉄道における交通を防害するとの声明文を発・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:Tete州~Zambezia州間の鉄道建設事業の入札、Rio Tintoは有力候補の一つ

 メディア報道によると、モザンビークのPaulo Zucula運輸通信大臣は2013年4月10日、同国Tete州からZambezia州までの525 kmを結ぶ鉄道と新しい港湾施設の建設事業に関して、入札の有力候補である6社にRio Tintoが含まれていることを明らかにした。同国においては不十分なインフラが石炭プロジェ・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:洪水で閉鎖していたSena鉄道が再開

 2013年3月4日付の報道によると、洪水の被害により2013年2月12日から閉鎖していたSena鉄道は、閉鎖から2週間後の2月末に線路が再び利用可能となった。Sena鉄道はTete州で生産された石炭を港まで輸送できる唯一の鉄道であるため、同地域で石炭鉱山開発を行うVale及びRio Tintoは不可抗力条項の発動を宣・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:洪水によりSena鉄道運休、Vale及びRio Tintoは不可抗力条項発動を宣言

 モザンビークのTete州から港までを結ぶSena鉄道は、大雨による洪水の被害により2013年2月12日から運休しており、同州の石炭鉱山で生産された石炭の鉄道輸送が停止している。Valeは2013年2月15日、同国からの石炭の出荷に関する契約の不可抗力条項発動を宣言し、またRio Tintoは2月20日、Benga原料・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:港湾鉄道公社、鉄道及び港建設に関する国際入札を予定

 各社の報道によると、モザンビーク港湾鉄道公社(CFM)は2012年11月21日、同国内の鉄道及び港の建設に関して、国際入札を行う意向であることを明らかにした。同国における石炭事業の発展において輸送手段といったインフラ設備がボトルネックになっており、鉄道や港湾施設の整備が急がれている。CFMによると国際入札の内容は、T・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:Moatize石炭プロジェクト、鉄道拡張工事の遅れで生産量を下方修正

 2012年11月7日付の各社報道によると、Valeは同社がモザンビークに有するMoatize石炭プロジェクトに関して、2012年の生産及び輸出目標を460万tから260万tへ大幅に下方修正したことを明らかにした。Tete州の炭鉱からBeira港を結ぶSena鉄道の拡張工事の完成が遅れていることが原因である。鉄道拡張後・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:Vale、Moatize-Nacala港間の鉄道建設許可を取得

 各社の報道によると、モザンビーク政府は2012年7月3日、Valeが率いるコンソーシアムSociedade Corredor Logístico Integrado do Norte(CLIN)に対して、Moatize市からNacala港を結ぶ鉄道の建設及び運営に関する許可を与えた。同プロジェクトの費用・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

モザンビーク:Moatize石炭鉱山で現地住民が鉄道を一時占拠

 ValeがモザンビークTete州にて操業中のMoatize石炭鉱山に関し、鉱山操業に反対する近隣住民約500人が抗議活動を起こし、山元からBeira港まで石炭を輸送する鉄道(Sena線)において貨車の通行を妨害する事件が2012年1月10日に発生した。住民による妨害活動は警察によって鎮圧されたが、住民14名が逮捕され・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
小嶋吉広
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ