閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

ニューカレドニア:SLN社、企業再編をめぐりストライキを実施する労働者側に対し、ニッケル事業継続の危機であることを警告

 2019年4月5日付の地元メディアによると、ニューカレドニアでNi採掘・製錬事業を操業している仏Eramet社などが出資するSLN社は、今後SLN社の損失発生が食い止められない場合、2020年にも破産する可能性があると従業員側に警告している。同社のNi鉱山では、輸出量の拡大や生産性の向上、安価な電力の入手などを目的と・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ニューカレドニア:SLN社が操業する3つのニッケル鉱山でストライキ

 2019年1月8日付の地元メディアによると、ニューカレドニアで仏Eramet社などが出資するSLN社が操業するThioとTiebaghiの2つのニッケル鉱山において1月3日からストライキが実施された。1月8日にはNepoui鉱山にもストライキが拡大している。このストライキは、SLN社が損失拡大を防ぐための企業再編の一・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ニューカレドニア:Kouaouaニッケル鉱山で2018年15件目の放火事件が発生、トラックやベルトコンベアが損傷を受け、3人の容疑者が逮捕される

 2018年11月26日付の地元メディアによると、相次ぐ放火やバリケード設置などにより2018年8月以降操業休止が続くKouaoua Ni鉱山において、21日未明から22日にかけて再び放火事件が発生し、トラック15台とベルトコンベアの一部が深刻な損傷を受け、容疑者3人が逮捕された。この放火は、2018年に入って15件目・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ニューカレドニア:Kouaouaニッケル鉱山におけるアクセス道路の再封鎖を警察が排除、その後ベルトコンベアが放火される

 2018年11月10日付の地元メディアによると、仏Eramet社などが出資するSLN社が操業するKouaoua Ni鉱山のアクセス道路に再び設置されたバリケードが、ニューカレドニアの警察60人により撤去された。これは首都Noumeaの裁判所により、11月上旬にバリケードを設置した地元民グループの排除が承認されたことを・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ニューカレドニア:SLN社、2018年8月から設置されていたKouaouaニッケル鉱山のバリケードが解除されたことを報告

 2018年10月26日付の地元メディアによると、仏Eramet社などが出資するSLN社は、固有樹林の保全を求めて鉱山拡張計画に反対する地元グループによるバリケードが設置されたことで鉱山操業を中止しているKouaoua Ni鉱山に関し、8月から続いたバリケードが解除されたことを明らかにした。SLN社は、紛争が解決したと・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ニューカレドニア:Kouaouaニッケル鉱山において、鉱山操業に反対するグループがアクセス道にバリケードを設置

 2018年8月9日付の地元メディアによると、仏Eramet社などが出資するSLN社が操業するKouaoua Ni鉱山において、採掘地の拡大に反対する40~60人の若者を中心とするグループが鉱山へのアクセス道にバリケードを築いて往来を妨害している。反対グループは、開発に伴う森林伐採などによる環境破壊を止めるため、鉱山の・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ