閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

ザンビア:鉱山省、輸出鉱物の品位確認を強化

 2020年6月10日付けメディアによると、ザンビア鉱山省は、鉱物輸出の品位を確認するべく、鉱山サイトにおけるサンプル採取を行う。同省によると、輸出申告時に鉱山側から提出されるサンプルが故意に低品位なものである可能性があり、鉱業ロイヤルティの徴収を逃れているのではないか、との疑惑があるとした。2020年7月より、鉱山省・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:EITI(採取産業透明性イニシアティブ)、2018年税収実績を報告

 2020年6月1日付けでEITI(採取産業透明性イニシアティブ)より、ザンビアにおける2018年税収実績の報告書が公表された。報告書によると、2018年の鉱業セクターからのザンビア政府の税収は17,978mZMW(ザンビア・クワチャ:約981mUS$)になり、上位6社の鉱山会社で7割以上を占める。上位6社は、Kans・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:タンザニアとの国境の町の封鎖を解除

 2020年5月15日付けメディアによると、ザンビアの国境の町Nakondeでの新型コロナウイルス感染が確認されたことに伴い、5月11日から国境が封鎖されていた。その後、15日にはザンビアからの銅輸出や燃料・医療品などの必需品の輸入など、トラック輸送による越境が再開された。
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:タンザニアとの国境の町を封鎖、銅輸送にも影響

 2020年5月12日付けメディアによると、ザンビアがタンザニアとの国境の町Nakondeを5月11日から閉鎖したことを受けて、ザンビアからのタンザニアDar es Salaam港への銅輸送が停滞している。国境封鎖は、Nakondeにて新型コロナウイルス感染として76件が確認されたためであり、封鎖解除の見通しは不明であ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱業協会、政府に対して緊急支援措置を要請

 2020年4月22日付けメディアによると、ザンビア鉱業協会は、このコロナ感染に伴う経済危機が危惧される中、鉱山会社への政府の支援策を要請し、同協会からいくつかの提案を行った。その中では、IMFや世界銀行からのファイナンスによる緊急支援措置やパンデミックが弱まった後の経済再建のための財政体制にも触れている。既に深刻な電・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:国有電力会社Zesco、電力料金の値上げが承認される

 2019年12月28日付けメディアによると、ザンビアのエネルギー規制当局は、国有電力会社Zescoによる2020年1月からの電力料金の値上げを許可し、平均で113%の値上げになる。Zescoによると、同国の電力不足は、2019年9月時点で750MWであったものが、11月時点では810MWに拡大しているため、発電プラン・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:FQM、不正送金疑惑に対して国際調停の手続きを開始

 2019年12月13日付けメディアによると、ザンビア国有会社ZCCM-IHが加First Quantum Minerals社(FQM)を相手に起こした不正送金に係る訴訟に対し、FQMはロンドンでの仲裁手続きを開始する模様。ZCCM-IHが2016年10月に起こした訴訟であり、問題にする不正送金とは、FQMの現地子会社・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Lusaka高等裁判所、KCMの仮清算人による鉱区売却に対して差し止め命令を出す

 2019年11月29日付けメディアによると、ザンビア銅生産者Konkola Copper Mines(KCM)社の仮清算人が同社の鉱業権を売却しようとしたことに対して、ザンビアのLusaka高等裁判所が差し止め命令を出した。2019年5月に、国有企業ZCCM-IH(KCMのシェア20.6%所有)が仮清算人を立てたこと・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱山会社への政府の還付未払い金額215mUS$相当と発表

 2019年10月11日付けメディアによると、ザンビアのNg'andu財務大臣は、大手鉱山会社に対する2019年6月30日現在の税還付は2.834bZMK(ザンビア・クワチャ:約215mUS$相当)であるとした。同大臣によると、鉱山会社からは、付加価値税還付について、証拠書類がないままに4.955bZMK(375mUS・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:懸案であった還付不可能な売上税の導入を否定

 2019年9月27日付けメディアによると、ザンビアNg'andu財務大臣は、懸案となっていた付加価値税(VAT)を廃止し、還付不可能な売上税の導入はない、と述べた。同大臣は予算演説で、政府はVATを継続することを決定した。コンプライアンスと管理上の課題に対応していくとした。7月に任命されて以来、同大臣は鉱業界との関係・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:ザンビアの民間航空会社、カッパーベルトの鉱山地帯から南ア・ヨハネスブルグまでの直行便を開通

 2019年9月4日付けメディアによると、ザンビアの民間航空会社Proflight Zambiaが、ザンビア・カッパーベルトに位置するNdola市からヨハネスブルグまでの週3回の直行便を開始した。カッパーベルトの鉱業・産業の中心地と、南アのビジネスの中心地を直結する。ザンビアKafwaya運輸通信大臣は、Ndola/J・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱業審議会、鉱業ロイヤルティの上限7.5%を要望

 2019年9月3日付けメディアによると、ザンビアの鉱山会社の業界団体である鉱業審議会は、国の財政当局への要望の中で、鉱業税制の変更に伴い、鉱山に対する税負担が増えたことで鉱業における競争力が失われ、持続的な操業が困難と主張した。2020年度予算策定に際しては、銅生産の鉱業ロイヤルティの上限を7.5%とすることを要望し・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:財務大臣、消費税の導入を2020年1月まで延長する考え

 2019年8月5日付けメディアによると、ザンビアNg'andu財務大臣は、懸案となっていた新消費税の法案を見直し、2020年1月まで施行を遅らせる旨を発表した。還付を可能とした従前の付加価値税を廃止し、新たに還付ができない9%の消費税を、当初は2019年4月より導入することが予定されていたが、これまで施行は見合されて・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Konkola Copper Mines社を巡る論争、親会社Vedanta社は調停の手続きを開始

 2019年7月31日付けメディアによると、ザンビアKonkola Copper Minesr社(KCM)の清算を巡り、親会社であるVedanta社は、JVパートナーで国有会社のZCCM-IH(KCMの20%シェアを保有)に調停手続き開始の通知を行ったとのこと。2019年5月にZCCMがKCMの仮清算人を立てて清算手続・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:KCMの清算に係るVedanta社からの提訴に対し、南ア高等裁判所は判決を保留

 2019年7月18日付けメディアによると、南ア高等裁判所は、インド系企業グループの傘下Vedanta Resource社による申し立て(Konkola Copper Mines社(KCM)に係る精算手続きに対する暫定的停止命令)について、判決を保留した。ザンビア政府は、Vedanta Resource社がライセンス条・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱山・鉱物開発大臣、9社がKCMの入札に関心を持つと言及

 2019年7月17日付けメディアによると、ザンビアMusukwa鉱山・鉱物開発大臣は、同国のKonkola Copper Mines社(KCM)に対して数週間以内に入札を行う見通しであり、現在9社が関心を持っている。KCMを巡るザンビア政府とVedanta Resource社の論争は、南ア高等裁判所に提訴されている。・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱山会社に地元調達を義務付ける法律を準備中

 2019年7月4日付けメディアによると、ザンビアのMusukwa鉱山大臣が、国内のサプライヤーや労働組合が集まる会合の席上で、鉱山会社に一定量の調達を地元サプライヤーから行うことを義務付ける法律を準備していると語った。鉱山セクターが輸入する物品やサービスは約4bUS$になるものの、地元サプライヤーが関係するのはその1・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:大統領、鉱業関連カンファレンスにて、法を破る鉱山会社に制裁を科すと語る

 2019年6月14日付けメディアによると、LusakaでのMining and EnergyカンファレンスにおいてザンビアLungu大統領が書簡にて「政府は、投資家には法律の規制の下での操業を期待している。できない場合、政府は制裁を科し、関係者を撤退させる」と述べた。その背景には、2019年5月より、英Vedanta・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Konkola Copper Mines社の清算に係る公聴会、英Vedanta社も参加申請するが高裁は判断を保留

 2019年6月11日付けメディアによると、英Vedanta Resources社が同社の子会社Konkola Copper Mines(KCM)社の仮清算に係る公聴会参加の申請をLusaka高裁に提出するも、その判断が保留され、日程も延期されている。また、Vedanta社によると、国営ZCCM-IH社の一方的な陳述で・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:増税計画に対して加First Quantum社、1,000人以上の鉱山労働者のレイオフを計画

 2018年12月15日付けメディアによると、ザンビア政府の1月からの増税計画を受けた加First Quantum社の同国Kalumbila銅・ニッケル鉱山における1,000人以上のレイオフ計画について、同国労相はarm-twisting(強い圧力)と批判している。先日には同国鉱業協会から21,000人以上の鉱山関係労・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
金属企画部
担当者:
特命調査役 原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ