閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

カザフスタン:国家地質データバンクを利用した地下資源利用ライセンス申請が可能に

 2018年4月18日付の地元報道等によると、カザフスタン投資・発展省は、現在構築中の国家地質データバンクを活用して、地下資源利用ライセンスを容易に申請できるようにする予定である。
 チムール・トクタバエフ同省次官は、この同省の取組に関して、「地下資源利用者がライセンス申請のために膨大な書類を集める必要がなくなる。電・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア政府、米国のアルミニウム・鉄鋼輸入関税適用に対抗措置へ

 2018年4月2日付の地元報道等によると、ロシア政府は、米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入関税適用決定に対抗措置を準備している。ロシア経済発展省のアレクセイ・グルズデフ次官が明らかにした。
 同次官は、「ロシアは動向を注視し、あらゆる法的手続きに積極的に加わる。正式な評価を下し、しかるべき声明を用意する。私には政府・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:地下資源利用分野の国家データベース創設へ

 2018年3月13日付の地元報道等によると、2025年までの開発計画を定めたカザフスタン共和国発展戦略計画(2018年2月15日付大統領令第636号)に基づき、地下資源利用分野の国家データベースが創設される。これにより、投資家向けの地質情報の体系化、データの完全性・信頼性・透明性確保が行われる。
 資源基盤拡大と投・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、Murmansk輸送支社の管理システムを自動化

 2018年3月13日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社のMurmansk輸送支社(MTF)は、積み替え施設の業務自動管理システムSolvo.TOSを導入し、コンテナ貨物積み替え及び輸送機器操作の業務を効率的に管理できるようになった。MTFでは年間150万tのコンテナ貨物の処理が可能になった。
 ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rusal社、造船産業向けのユニークなスカンジウム合金を開発

 2018年3月13日付の地元報道等によると、Rusal社とThe Institute of Light Materials and Technologies(ILMiT)は、Al-Mg-Sc系のユニークな合金構成を開発した。その競争優位性は、スカンジウム・アルミニウム合金固有の高性能を維持しつつスカンジウム含有量を3・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト スカンジウム マグネシウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2017年決算

 2018年3月6日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、2017年の決算を発表した。これによると、純利益(IFRS準拠)は16%減の21億2,300万US$であった。収益は、各種金属の価格上昇により11%増の91億4,600万US$となった。EBITDAは2%増の39億9,500万US$となったが・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社とRussian Platinum社、タイムィル半島で合弁設立へ

 2018年2月7日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社とRussian Platinum社は、2018年2月7日、プーチン大統領同席の下で戦略的パートナーシップに関する包括協定に調印し、3つの鉱床開発による白金族金属年産70~100t(250万~350万oz)を見込む合弁企業が2018年内に設立され・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:サハ共和国(ヤクーチア)、CIS諸国からの鉱山労働者の雇用を禁止

 2018年1月24日付の地元報道等によると、2017年12月29日付サハ共和国(ヤクーチア)大統領令に基づき、2018年、同共和国の鉱業企業は、許可証ベースで働く外国人(CIS諸国の国民)を雇用できなくなる。同大統領令の目的は、国内労働市場の保護、失業率の低減、ロシア国民の優先的雇用支援である。
 これまでにも、2・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:カザフスタン、新地下資源法を採択

 2017年12月27日付の地元報道等によると、カザフスタン大統領は、2017年12月27日、地下資源利用の規制制度改善を目的とする「新地下資源法」に署名した。また、同法との他法令の整合化のため、「一部の地下資源利用関連法令の変更・追加に関する法律」も署名された。
 新地下資源法では、鉱物埋蔵量報告基準の国際制度導入・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:天然資源環境省、2018年に地下資源利用権入札・競売の悪質参加者のリスト作成開始へ

 2018年1月17日付の地元報道等によると、ロシア天然資源環境省は、2018年に、地下資源利用権入札・競売の悪質参加者のリスト作成を開始する。
 当該リストに掲載される者としては、入札・競売による地下資源区画利用権の取得に実際は関心がなく、明らかに不当に吊り上げた一回払い地下資源利用料の最終額を故意に支払わない悪質・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア産業貿易省、貴金属・貴石生産・加工分野発展に向けた研究調整評議会を設置

 2018年1月11日付の地元報道等によると、ロシア産業貿易省は、2017年12月29日付産業貿易省令第4796号に基づき、「貴金属採掘・生産、貴石採掘及びこれらの加工分野の発展に関する研究調整評議会」を設置した。この評議会では、戦略的計画、科学技術・イノベーション活動の発展・改善、人材開発、対外経済活動の発展支援に関・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:BMC社、Udokan採鉱製錬コンビナートの総合的環境影響評価を開始

 2018年1月10日付の地元報道等によると、Baikal Mining Company(BMC社)とロシアの設計研究所SHANECO社は、2017年末、Udokan採鉱製錬コンビナートの総合的環境影響評価の実施契約を締結した。この作業は2018年9月までを予定している。
 この総合的環境評価では、ロシア連邦法が定め・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、25億US$の与信枠獲得

 2017年12月18日付の地元報道等によると、2017年12月、Norilsk Nickel社は、銀行シンジケート団による最大25億US$の与信枠(ノンリボルビング方式)設定の契約を締結した。同契約の満期日は2022年12月15日である。契約金額(元本金額)は最大25億US$、取引総額(利子及び手数料を含む)は201・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:議会下院、新地下資源法案を承認

 2017年12月5日付の地元報道等によると、2017年11月29日、カザフスタン下院総会において、第2読会で新地下資源法案が承認された。この法案は、鉱物埋蔵量報告基準の国際制度導入、地下資源利用契約締結の簡易方式導入を定め、地下資源利用分野の投資魅力度向上に向けた関連法規の体系化を目標としている。
 新地下資源法で・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:Kazatomprom社、ウラン生産量の削減を発表

 2017年12月4日付の地元報道等によると、国営原子力会社Kazatomprom社(天然ウラン生産の世界大手)は、生産水準を需要量に合わせるため、地下資源利用契約に基づき計画したウラン生産量を20%削減する意向を発表した。この減産は2018年1月から3年間実施される。これにより2018年のカザフスタンのウラン生産量は・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:2017年の地質調査プロジェクトへの民間投資は40億KZTを予定

 2017年11月24日付の地元報道等によると、カザフスタンは、近年、地質調査分野に世界の有力企業を誘致する政策を推進しており、この取り組みにより、同国は大深度の地下資源を短期間で調査可能な世界的地質調査技術を利用できることになる。
 同国では、銅、金、レアメタル、レアアース、鉛、亜鉛、クロムといった戦略的金属の鉱床・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rusal社とNorilsk Nickel社、合併構想を断念

 2017年11月29日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社のポターニン社長は、今後同社とRusal社の合併交渉は行わないとの見通しを示した。同氏は、「Rusal社とNorilsk Nickel社は異なる企業であり、合併による相乗効果は見えない。したがって、両社は中期的には独自に発展することになる」と・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア天然資源環境省、国家環境審査の期間短縮を提案

 2017年11月27日付の地元報道等によると、ロシア天然資源環境省は、2017年11月、国家環境審査の実施期間を3か月から2か月に短縮するべく、関連法改正案を政府へ提出した。また、戦略・地域計画文書の評価を規定した連邦法案「連邦環境保護法及びその他の法令の変更」も政府に提出されている。
 これにより、環境アセスメン・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ザバイカリエ地方のウラン採掘プロジェクトに中国が資本参加の可能性

 2017年11月22日付の地元報道等によると、ARMZ社(Rosatom社の鉱業部門)傘下のPriargunsky Industrial Mining and Chemical Union(PIMCU、ザバイカリエ地方)の株主に、中国の投資家が加わる可能性がある。現在、Rosatom社は中国側との間で、第6鉱山建設向・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:RCC社、Dzhusinsky鉱山の操業開始を2018年に延期

 2017年11月21日付の地元報道等によると、Russian Copper Company(RCC社)は、傘下のOrmet社がDzhusinskoe多金属硫化鉱床(オレンブルク州アダモフカ地区)の坑内掘鉱山を2018年に操業開始すると発表した。これまでの同社発表では、Dzhusinsky坑内掘鉱山の操業開始予定は20・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ