閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

モザンビーク:Balamaグラファイト鉱山、豪Syrah Resources社が停止を発表

 2020年3月27日付け、豪Syrah Resources社の発表によると、モザンビーク・Balamaグラファイト鉱山の操業を3月28日から一時的に停止する。新型コロナウイルス肺炎感染予防のため、同国の国内外移動の制限をはじめ、規制が強化されたことに伴うもの。現状の在庫については引き続き発送する予定であるが、同鉱山か・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:South 32社、ロックダウンに伴い資本支出を減らす

 2020年3月27日付け、豪・総合鉱山会社South 32社の発表によると、南アの新型コロナウイルス肺炎感染予防に伴うロックダウンの影響で、今後15ヵ月に渡る資本支出160mUS$を削減する。同社は、ロックダウンの21日間、南アにおけるマンガン生産及び輸出用石炭の操業(子会社South Africa Energy C・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、1MW以下の発電に係る手続きの簡素化を発表

 2020年3月26日付け、南アMantashe鉱物資源エネルギー大臣からの通達によると、電気規制法の附則を改正し、1MW以下の発電施設では政府の発電ライセンスが不要になり、規制当局(Nersa)への登録制になる旨が規定された。同大臣は、今回の改正は2月のRamaposa大統領による施政方針演説を踏まえたもので、わが国・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Ramaphosa大統領、21日間のロックダウンを宣言

 2020年3月23日付け、南アRamaphosa大統領は、新型コロナウイルス肺炎感染への抜本的対策として3月26日から21日間のロックダウンを行うことを宣言した。ロックダウンの間、原則、ビジネスや商店が閉鎖、例外的に食料等の生活必需品店、医薬品店、銀行、ガソリンスタンド、株式市場や医療機関など必要不可欠なものに限定さ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:国家エネルギー規制庁、統合資源計画にある新規電力供給のプロセスを開始

 2020年3月19日付けで、南ア・国家エネルギー規制庁(Nersa)は、Mantashe鉱物資源エネルギー(DMRE)大臣による新規発電供給の閣僚決定案に関する協議文書を公表し、利害関係者のコメント募集を開始した。新規の発電容量の供給や建設の前に必要なプロセスであり、同国の電気規制法にて規定されている。
 協議文書・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:加ジュニアAJN社、Kibali金鉱山のマイナー権益買収を断念

 2020年3月1日付け加AJN Resources社の発表によると、DRコンゴの公社SOKIMO社が所有するKibali金鉱山の10%フリーキャリー権益について、デューデリジェンスの結果、AJN社は同権益の買収を進めないとした。ただし、SOKIMO社所有の他の金プロジェクトの権益については、引き続きデューデリジェンス・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:DRコンゴ中央銀行、外貨準備高を増やすべく、鉱山会社からの米ドル購入を計画

 2020年3月2日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行は、減少する外貨準備高を増やすべく、同国の鉱山会社から米ドルを購入する計画を進めている。政府による米ドルの購入は、IMFの正式融資プログラムの資格を得るため、国の経済復興が確実なものであることを示すためである。2018年に改正された同国の鉱業法によると、鉱山会・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:鉱山大臣、ライセンス料未払いに伴う鉱業権取り消しを警告

 2020年2月19日付けメディアによると、ジンバブエChitando鉱山大臣は、鉱業権を所有する会社による年間ライセンス料の未払いは2020年1月末時点で約11mUS$になるとし、4月末までは支払い猶予を与えるが、それ以降は権利を失う可能性があると警告した。同国は世界第2位の白金、リチウムの大規模鉱床、金やクロムのポ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア大統領、施政方針演説において電力危機対処を表明

 2020年2月13日付けメディアによると、南ア・Ramaposa大統領は、国民議会で施政方針演説を行い、その中で電力危機への対処を明言した。当面、計画停電等による電力の負荷分散は避けられず、国有電力会社Eskomの操業能力回復に努めていくとした上で、Eskom以外の電力確保を行うべく方策を実施するとした。具体的には以・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Maputo港の取扱実績増加

 2020年2月10日付けメディアによると、モザンビークMaputo港における2019年の取扱実績が21百万tに達し、2018年実績19.5百万tを上回った。クロム及びマグネタイトの取扱量が増えており、特にクロムの取扱量は全体の30%を占め6.4百万tであった。また、コンテナターミナルの拡張に伴い、コンテナ輸送量は前年・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、鉱山会社による自家発電に関し規制緩和を確約

 2020年2月3日付けメディアによると、Mantashe南ア鉱物資源エネルギー大臣は、Mining Indaba(Cape Townにて開催)でのオープニングスピーチの中で、電力に係る規制緩和について言及した。鉱山会社などの民間企業の自家発電に対するライセンスを撤廃し、届け出制にする。また、電力供給のフェイルセーフの・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱山会社による発電計画、国の許認可次第

 2020年1月28日付けメディアによると、南ア鉱業協議会は南ア鉱山会社による609MWの発電計画があるものの、国の許認可が待たれていると語る。主に太陽光発電であり、自らの鉱山操業に使われるという。例えば、南アSibanye Gold社は、50MWの国の承認を得ているが、少なくとも追加で150MWの承認を必要としている・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア、2019年海外直接投資額(FDI)が回復し5bUS$になる

 2020年1月20日付けメディアによると、国連貿易開発会議(UNCTAD)のレポートは、2019年アフリカにおける海外直接投資額(FDI)は49bUS$(前年比3%増)となり、そのうち、南アにおいては2018年の2.0bUS$から5.3bUS$と前年比2倍以上であったと推定した。また、同レポートにおいて、南アにおける・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:豪Deep Yellow社、Tumasウラン鉱床の予備的経済評価を完了しPFSに進む

 2020年1月21日付けメディアによると、豪ウラン探鉱ジュニアDeep Yellow社は、ナミビアTumasウラン・プロジェクトについてスコーピングスタディ(予備的経済評価)の結果を踏まえ、PFSを進めることとした。同プロジェクトは古河川堆積物のカルクリート鉱床であり、今回、露天採掘と選鉱施設の建設のためのスコーピン・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、経済危機に対処すべく政府による早急な措置を訴える

 2020年1月13日、南ア鉱業協議会の声明によると、南ア経済と社会の現状を好転させるには、南ア政府による緊急措置が必要であるとし、取り組むべき施策を整理した。特に、国有電力会社Eskomの問題と電力供給危機は南ア経済にとって最大のリスクであるとし、緊急の改革と再編が必要であり、短期的な電力供給のためには、民間部門によ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:国有電力会社Zesco、電力料金の値上げが承認される

 2019年12月28日付けメディアによると、ザンビアのエネルギー規制当局は、国有電力会社Zescoによる2020年1月からの電力料金の値上げを許可し、平均で113%の値上げになる。Zescoによると、同国の電力不足は、2019年9月時点で750MWであったものが、11月時点では810MWに拡大しているため、発電プラン・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:鉱物ポテンシャルマッピングのための協定をロシアと締結

 2019年12月19日付けメディアによると、ロシア国営地質調査会社JSC Rusgeology社がDRコンゴ鉱山省とダイヤモンドや金を含む探査の協定を締結した。DRコンゴ北部にてダイヤモンド鉱床の抽出のほか、北西部にて金、タンタル、ニオブ、マンガン、ニッケル、ボーキサイトなどの鉱徴のマッピングを行うとする。また、協定・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト タンタル ニオブ ニッケル マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ルワンダ:中国、鉱物資源探査技術協力事業開始

 2019年12月9日付けメディアによると、中国が3年間の技術協力として、地化学探査実施のために専門家派遣を開始した。衛星画像解析を活用して国内の鉱物ポテンシャル地域を抽出し、地化学探査を行う。本調査は、2018年7月に中国・習近平国家主席がルワンダを訪問した際に、ルワンダ石油ガス・鉱山局と締結した同意書に基づく技術協・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、電力供給のための提案について公募を開始

 2019年12月13日付けで、南ア・鉱物資源エネルギー省は電力供給に関する緊急措置として、「リスク軽減のための電力購入プログラム」(Risk Mitigation Power Purchase Program)を進めるとし、現在の需給ギャップ(3,000MW)を埋めるべく、短期的にグリッドに接続できる電力供給の提案R・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、民間の発電事業の推進に向けた政府の取り組みを要請

 2019年12月12日付けで、南ア・鉱業協議会が電力問題に関して、声明を発表した。国営電力会社ESKOMによる計画停電がステージ6(6,000MWの不足、ここ10年で最も深刻なレベル)に達した12月9日には、坑内採掘を行う鉱山において、夜間及び早朝の作業が停止したが、その後のステージ4の影響もあり、大半の鉱山が1週間・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ