閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

南ア:鉱業審議会、Moody’sの格付け引き下げを受けて、政府の経済構造改革の欠如を批判

 2020年3月28日付けメディアによると、格付け会社Moody’sが南アの外貨建て長期債の格付けをジャンク級にあたるBa1に引き下げた。引き下げの理由としては、財政力の継続的な悪化や構造的な低成長、また、現在の政策課題に効果的に対処できていない点を挙げた。また、新型コロナウイルス肺炎の急激な拡大により、世界経済の見通・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業審議会、ロックダウン時の操業に関し鉱物資源エネルギー大臣と議論

 2020年3月25日付け南ア鉱業審議会の声明によると、ロックダウン期間中の鉱業活動の実施について、鉱業界を代表してMantashe鉱物資源エネルギー大臣と建設的な議論を行った。その中で企業は、限定された業務については状況に応じて同大臣に実施の申請ができるとした。同大臣によると、電力公社Eskomや液化燃料工場への石炭・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Balamaグラファイト鉱山、豪Syrah Resources社が停止を発表

 2020年3月27日付け、豪Syrah Resources社の発表によると、モザンビーク・Balamaグラファイト鉱山の操業を3月28日から一時的に停止する。新型コロナウイルス肺炎感染予防のため、同国の国内外移動の制限をはじめ、規制が強化されたことに伴うもの。現状の在庫については引き続き発送する予定であるが、同鉱山か・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:South 32社、ロックダウンに伴い資本支出を減らす

 2020年3月27日付け、豪・総合鉱山会社South 32社の発表によると、南アの新型コロナウイルス肺炎感染予防に伴うロックダウンの影響で、今後15ヵ月に渡る資本支出160mUS$を削減する。同社は、ロックダウンの21日間、南アにおけるマンガン生産及び輸出用石炭の操業(子会社South Africa Energy C・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、1MW以下の発電に係る手続きの簡素化を発表

 2020年3月26日付け、南アMantashe鉱物資源エネルギー大臣からの通達によると、電気規制法の附則を改正し、1MW以下の発電施設では政府の発電ライセンスが不要になり、規制当局(Nersa)への登録制になる旨が規定された。同大臣は、今回の改正は2月のRamaposa大統領による施政方針演説を踏まえたもので、わが国・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Ramaphosa大統領、21日間のロックダウンを宣言

 2020年3月23日付け、南アRamaphosa大統領は、新型コロナウイルス肺炎感染への抜本的対策として3月26日から21日間のロックダウンを行うことを宣言した。ロックダウンの間、原則、ビジネスや商店が閉鎖、例外的に食料等の生活必需品店、医薬品店、銀行、ガソリンスタンド、株式市場や医療機関など必要不可欠なものに限定さ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:国家エネルギー規制庁、統合資源計画にある新規電力供給のプロセスを開始

 2020年3月19日付けで、南ア・国家エネルギー規制庁(Nersa)は、Mantashe鉱物資源エネルギー(DMRE)大臣による新規発電供給の閣僚決定案に関する協議文書を公表し、利害関係者のコメント募集を開始した。新規の発電容量の供給や建設の前に必要なプロセスであり、同国の電気規制法にて規定されている。
 協議文書・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:加ジュニアAJN社、Kibali金鉱山のマイナー権益買収を断念

 2020年3月1日付け加AJN Resources社の発表によると、DRコンゴの公社SOKIMO社が所有するKibali金鉱山の10%フリーキャリー権益について、デューデリジェンスの結果、AJN社は同権益の買収を進めないとした。ただし、SOKIMO社所有の他の金プロジェクトの権益については、引き続きデューデリジェンス・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:DRコンゴ中央銀行、外貨準備高を増やすべく、鉱山会社からの米ドル購入を計画

 2020年3月2日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行は、減少する外貨準備高を増やすべく、同国の鉱山会社から米ドルを購入する計画を進めている。政府による米ドルの購入は、IMFの正式融資プログラムの資格を得るため、国の経済復興が確実なものであることを示すためである。2018年に改正された同国の鉱業法によると、鉱山会・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ