閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

モザンビーク:Maputo港の取扱実績増加

 2020年2月10日付けメディアによると、モザンビークMaputo港における2019年の取扱実績が21百万tに達し、2018年実績19.5百万tを上回った。クロム及びマグネタイトの取扱量が増えており、特にクロムの取扱量は全体の30%を占め6.4百万tであった。また、コンテナターミナルの拡張に伴い、コンテナ輸送量は前年・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム 鉄鉱石
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、鉱山会社による自家発電に関し規制緩和を確約

 2020年2月3日付けメディアによると、Mantashe南ア鉱物資源エネルギー大臣は、Mining Indaba(Cape Townにて開催)でのオープニングスピーチの中で、電力に係る規制緩和について言及した。鉱山会社などの民間企業の自家発電に対するライセンスを撤廃し、届け出制にする。また、電力供給のフェイルセーフの・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱山会社による発電計画、国の許認可次第

 2020年1月28日付けメディアによると、南ア鉱業協議会は南ア鉱山会社による609MWの発電計画があるものの、国の許認可が待たれていると語る。主に太陽光発電であり、自らの鉱山操業に使われるという。例えば、南アSibanye Gold社は、50MWの国の承認を得ているが、少なくとも追加で150MWの承認を必要としている・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア、2019年海外直接投資額(FDI)が回復し5bUS$になる

 2020年1月20日付けメディアによると、国連貿易開発会議(UNCTAD)のレポートは、2019年アフリカにおける海外直接投資額(FDI)は49bUS$(前年比3%増)となり、そのうち、南アにおいては2018年の2.0bUS$から5.3bUS$と前年比2倍以上であったと推定した。また、同レポートにおいて、南アにおける・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:豪Deep Yellow社、Tumasウラン鉱床の予備的経済評価を完了しPFSに進む

 2020年1月21日付けメディアによると、豪ウラン探鉱ジュニアDeep Yellow社は、ナミビアTumasウラン・プロジェクトについてスコーピングスタディ(予備的経済評価)の結果を踏まえ、PFSを進めることとした。同プロジェクトは古河川堆積物のカルクリート鉱床であり、今回、露天採掘と選鉱施設の建設のためのスコーピン・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、経済危機に対処すべく政府による早急な措置を訴える

 2020年1月13日、南ア鉱業協議会の声明によると、南ア経済と社会の現状を好転させるには、南ア政府による緊急措置が必要であるとし、取り組むべき施策を整理した。特に、国有電力会社Eskomの問題と電力供給危機は南ア経済にとって最大のリスクであるとし、緊急の改革と再編が必要であり、短期的な電力供給のためには、民間部門によ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:国有電力会社Zesco、電力料金の値上げが承認される

 2019年12月28日付けメディアによると、ザンビアのエネルギー規制当局は、国有電力会社Zescoによる2020年1月からの電力料金の値上げを許可し、平均で113%の値上げになる。Zescoによると、同国の電力不足は、2019年9月時点で750MWであったものが、11月時点では810MWに拡大しているため、発電プラン・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ