閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

中国:洛陽モリブデン業社、世界知名度の高い金属取引企業IXM社の100%株式権益を買収予定

 洛陽栾川モリブデン業集団株式有限公司の全額出資子会社である洛陽モリブデン持株社(CMOC Limited社)は、NCCL Natural Resources Investment Fund LP社の全額出資子会社であるNew Silk Road Commodities Limited(NSR社と略称する)と「株式権益・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:鉱冶集団社は、金川集団社と「戦略的協力枠協議」を締結した

 北京鉱冶科学技術集団有限公司は、12月5日、金川集団株式有限公司と「戦略的協力枠協議」を北京で締結した。両社は、鉱物資源への投資開発や運営、技術イノベーション、成果移転、事業間の協力と業界の統合等の分野に、多層的かつ全面的な協力事業を展開し、資源の共有、資本の融和、産業の連携、技術的イノベーション等の活動を通じ、産業・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他 ニッケル マンガン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:広晟有色社、重要資産の再編を計画し、広東大宝山鉱業社の管理権を買収予定

 広晟有色金属株式有限公司は、広東省大宝山鉱業有限公司の管理権に対する買収を計画している。当該買収事業は、重要資産に対する再編事業となる。
 公告によると、広晟有色社は、現金または株式の発行等の方法で大宝山公司の管理権を買収する予定である。大宝山公司は、多金属鉱山の採掘企業で、銅の保有埋蔵量が極めて大きい。今回、取引・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:雲南国有資産監督管理委員会は中国銅業有限公司に雲南冶金集団社の51%株式権益を無償譲渡へ

 中国アルミ業社が2018年11月13日に発表した公告によると、中国アルミ業社の持株主である中国アルミ業集団社傘下の子会社である中国銅業有限公司は、雲南省国有資産監督管理員会と「雲南冶金集団株式有限公司の権益に関する無償譲渡契約」を締結した。それによると、雲南省国有資産監督管理委員会は、中国銅業有限公司に雲南冶金集団株・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年第3四半期、国内10種の非鉄金属生産量は、対前年同期比4.2%増の4,027万t

 安泰科によれば、2018年第3四半期、国内10種非鉄金属生産量は、対前年同期比4.2%増の4,027万tで、伸び率は対前年同期比0.1ポイント増加した。
 そのうち、銅生産は対前年同期比11.2%増の661万t(伸び率4.9ポイント増加)、電解アルミニウム生産量は対前年同期比4.2%増の2,500万t(伸び率0.8・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ギニア:中国アルミ社、ギニアBoffaボーキサイトプロジェクトの建設開始

 安泰科によれば、中国アルミ株式有限公司は海外で初めてのアルミニウム関連プロジェクトとして、ギニアBoffaボーキサイトプロジェクトの起工式を10月28日、Boffa市で行った。当該プロジェクトの第1期における年間生産規模は1,200万tと設定し、当該鉱山の採掘率を75%までに引き上げることとしている。ギニアのBoff・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:雲南省で100億元規模の新材料産業基金を設立見込み

 安泰科によれば、雲南省政府は、新材料産業基金を設立する見込みで、規模は約100億元で、初期の規模は約20億元である。国内戦略的新興産業と「中国製造2025」戦略の中で主要成長分野とされている10大分野の中でも、新材料産業は、21世紀に最も将来性のある産業として認識されており、いわゆるハイテク産業である。雲南省発展改革・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年9月の精製銅生産量は76.4万t

 安泰科によれば、国家統計局によると2018年9月の精製銅(電解銅)生産量は、対前年同月比10.4%増の76.4万tである。中国の2018年1~9月の精製銅生産量は、対前年同期比11.2%増の660.7万tであった。
 中国の9月の鉛生産量は、対前年同月比13.7%増の44.7万tで、2017年3月以降の最高生産量と・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国鉱業連合会、深セン国際仲裁院と協力枠組協議を締結

 安泰科によれば、中国鉱業連合会は、深セン国際仲裁院と協力枠組協議を締結した。両者は、業界内の調停及び商業仲裁のような紛争の解決メカニズムの設立を図り、中国企業による鉱業取引紛争を解決する。また、中国企業が「一帯一路」発展戦略実施の中に生じた投資トラブルを解決し、投資企業による正当な権益を守り、鉱業業界の質の高い成長を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:新疆衆和社、電解アルミニウム生産能力変換指標に基づく取引を実施

 安泰科によれば、新疆衆和株式有限公司は、企業の資産利用率を高めるため、2.3万tの電解アルミニウム生産能力変換指標に基づく取引を実施すると発表した。関連する省、市レベルの主管部門から正式な承認及び承認文書を取得した後、生産能力変換に関する取引を行うことができる。
 2.3万tの生産能力指標とは、2012年「国務院・・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:山西省陽泉市郊区政府、100万tのボーキサイト処理プロジェクトに関する契約を締結

 安泰科によれば、山西省陽泉市郊区政府は、山西景潤再生科学技術有限公司と年間処理能力100万tの低品位ボーキサイト処理プロジェクトに関する契約を締結した。当該プロジェクトに対する投資総額は3億元で、建設後、年間低品位ボーキサイト100万tを処理することができる。ボーキサイト廃棄スラグの占用深刻化問題や土地汚染問題を有効・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国は、ブラジルのアルミニウム材主要供給国に

 安泰科によれば、ブラジルは、2018年中国から13.2万tのアルミニウム材を輸入しており、2009年と比べ、輸入総量は1.1万t増加する見込み。中国は、既にブラジルにとって主要な供給国となった。米国は、主に中国からアルミニウム材を輸入してきたが、対中関税の実施により中国からの輸出商品の関税を引き上げた。中国は世界最大・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:盛達鉱業社、金山鉱業社の株式権益67%を買収予定

 安泰科によれば、盛達鉱業株式有限公司は、現金または債務の引き受け方式で盛達集団社が保有している金山鉱業社の67%の株式権益を買収する予定で、取引額は12.48億元と設定している。金山鉱業は、採掘、選鉱、精製を一体化する非鉄金属鉱山企業で、現在主に銀に対する探査や採掘選鉱事業を展開している。合併により、銀埋蔵量規模や経・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:赤峰黄金社、MMG Laos社を買収

 安泰科によれば、赤峰黄金社は、募集額17.79億元の未公開株を発行し、MMG Laos社の発行済み株式を全て買収する。
 MMG社は、中国五鉱集団社の子会社で、世界各地で亜鉛、銅等鉱物資源に対する探査、開発及び採掘事業を行い、主に豪州、アジア及び南米等地域で生産事業を展開している。同社の保有している世界的な大手亜鉛・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ジンバブエ:青山持株集団社、鉄鉱採掘権を取得

 安泰科によれば、ジンバブエ政府は、中国青山持株集団(Tsingshan Group)社にMashonaland East省Chivhu地域にある鉄鉱石鉱山の採掘権を譲渡する。これによって同社は現地でステンレス工場を建設することができる。
 ただしステンレス工場を建設する前に、鉄鉱石、ニッケル鉱石と石炭等主要製鋼原料・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:天津の非鉄製錬企業、2019年より汚染物排出に許可証が必要

 安泰科によれば、天津市環境保護局は、非鉄製錬企業等による汚染物排出許可証の申請受領に関する通達を公表した。
 本通達では、2018年末までに汚染物排出許可証の申請受領対象となる非鉄製錬企業は、所在地の行政審査認可局または関連部署で汚染物排出許可証の申請受領作業を行い、法律に基づき許可証に従い汚染物を排出する。201・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト アンチモン コバルト チタン ニッケル マグネシウム 亜鉛 水銀
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:広西生態アルミニウム(Green Ecological Aluminum)、防城港で生産拠点の建設開始

 安泰科によれば、広西生態アルミニウムは、防城港で建設を開始した。
 当該プロジェクトに対する投資総額は、154億元で、年間生産能力400万t酸化アルミニウム及び関連エネルギー供給施設を建設する予定。現在第1期工事として広西華昇社が200万t酸化アルミニウムプロジェクトを建設し、それに対する投資額は58.05億元であ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:河南省露天掘り鉱山における3年間総合整備活動を実施

 安泰科によれば、河南省政府は、河南省露天掘り鉱山における3年間総合整備実施案(2018~2020年)を発表した。政府は、3年間をかけて露天掘り鉱山に対する環境保護や安全開発を総括的に推し進めるため、2020年末までに、省内の露天掘り鉱山はすべてグリーン鉱山建設基準を達成し、鉱業経済の構造転換・高度化及びレベルの高い成・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国アルミ業社、インドネシアのアルミニウム精製事業の一部株式権益を買収予定

 安泰科によれば、中国アルミ業社は、インドネシアのアルミニウム製錬事業の一部株式権益を投資額8.50億US$で購入する予定である。当該事業における他の協力企業は、インドネシアの国有企業PT Indonesia Asahan Aluminium及びその子会社PT Aneka Tambangである。中国アルミ業社は、何%の・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:盛屯鉱業社は、四環亜鉛・ゲルマニウム社97.22%株式権益の買収に21億元以上を投入

 安泰科によれば、盛屯鉱業社は、1株6.5元で持株主である盛屯集団社が保有する四環亜鉛・ゲルマニウム科学技術株式有限公司の97.22%株式権益を買収する予定。総額は213,874.60万元になる見込み。今回の取引が完了後、盛屯鉱業社は、四環亜鉛・ゲルマニウム科学技術株式有限公司の100%株式権益を保有する。今後、当該企・・・ 続きを読む
鉱種:
ゲルマニウム その他 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ