閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ウラン

豪:Energy Resources of Australia社、NT準州Rangerウラン鉱山の操業を終了

 2021年1月8日付けの地元メディアによると、Rio Tintoの子会社Energy Resources of Australia(ERA)社は、同社が操業するNT準州Rangerウラン鉱山の操業を2021年1月8日に終了したことを明らかにした。ERA社は同鉱山において、2021年1月に操業を終了することを兼ねてから・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:BHP、被雇用者数の男女均等化が進捗し2019/20年度は新規雇用数に占める女性の割合が40%近くに

 2021年1月6日付けの地元メディアによると、BHPは、2019/20年度における女性の新規雇用数が全体の新規雇用数に占める割合として39.3%となり、2014/15年度における10.4%の4倍近くに増加したことを明らかにした。BHPは、同社の被雇用者数を2025年までに男女均等とすることを目標としており、2019/・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

インドネシア:錫生産大手Timah、新規制によるレアアース開発促進を期待

 地元メディアが2021年1月4日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場の錫生産大手PT Timahは、鉱物と石炭に関する政府の新たな規制によって、同社がレアアース鉱業開発計画を実現する際の自由度が高まることを期待している。
 同社の開発担当ディレクター、Alwin Albar氏は、レアアース鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン レアアース/希土類 その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
川村伸弥

中国:中国は地質探査基金による探鉱成果譲渡に注力

 2020年度全国地質探査運営管理交流座談会からの情報によると、中国の地質探査基金管理機構は、探査成果の処分に力を入れており、権益譲渡による収益が増加している。2019年、国内で譲渡された地質探査基金事業は129件で、収益は235.63億元に達した。情報によると、2006年に中央地質探査基金を設置後、全国で北京、上海以・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン 鉄鉱石 その他 タングステン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

ロシア:Khiagda社、2021年に新規鉱層開発を開始

 2020年12月3日付けの地元報道等によると、Khiagda鉱床域を開発中のウラン生産企業Khiagda社は、2021年2月までにKhiagda鉱床の新規構想開発のため140本の追加ボーリングを実施する。2021年2月には鉱体特定作業が完了し、その後すぐにウラン生産が開始される。Khiagda鉱床の開発は2009年か・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

豪:VIC州環境計画委員会、同州におけるウランの探鉱や採掘が実行可能でないとの見解を示す

 2020年11月30日付けの地元メディアによると、VIC州議会の環境計画委員会であるEnvironmental Planning Committeeは、同州における核使用禁止に関する報告書において、これらの解禁が現実的でないとの見解を表明した。VIC州は1983年制定Nuclear Activities(Prohib・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

メキシコ:海底鉱物資源採掘を禁ずる憲法改正案提出

 2020年12月2日付け専門紙によると、緑の党(PVEM)の上院議員が、海底における鉱物資源採掘を禁ずることを目的とする憲法第27条改正法案を上院委員会に提出した。法案の中で、海底資源の探査および採掘による環境影響が懸念されることから、コンセッション付与を禁ずるとする内容が示されている。報道によると、メキシコでは現在・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン チタン リン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

ペルー:地質鉱業冶金研究所(INGEMMET)とMacusani Yellowcake社、失効鉱区を巡り対立

 2020年11月3~9日付け地元業界紙等によると、Macusani Yellowcake社のMacusaniウランプロジェクトやFalchaniリチウムプロジェクト(Puno州)を構成する151鉱区のうち32鉱区が、2018年半ばに鉱区維持料の支払いの遅れを理由に地質鉱業冶金研究所(INGEMMET)によって取り消さ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:BHP、SA州Olympic Dam銅・金・ウラン鉱山の拡張計画「Brownfield Expansion」を廃止か

 2020年10月20日付けの地元メディアによると、BHPは同社が操業するSA州Olympic Dam銅・金・ウラン鉱山の拡張計画Brownfield Expansion(BFX)を廃止する見通しである。BHPはBFXに関し、長さ400km以上に及ぶ試錐調査を行った結果、南部エリアにおける鉱体の構造が複雑であり、高品位・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

マラウィ:Kayelekeraウラン鉱山操業再開のためのコストを50mUS$と算定

 2020年10月20日付け、豪Lotus Resources社の発表によると、マラウィKayelekeraウラン鉱山(同社65%シェア所有)の操業再開(2014年より休止中)のためのスコーピング・スタディを完了し、再開には50mUS$のコストを要すると算定した。本スタディにおいて、平均U3O8 2.4百万lb/年の生・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

豪:Energy Resources Australia社、NT準州Rangerウラン鉱山のリハビリテーション計画の更新を発表

 2020年10月5日付けの地元メディアによると、Rio Tintoの子会社Energy Resources of Australia(ERA)社は、同社が操業するNT準州Rangerウラン鉱山に関するリハビリテーション計画の更新を発表した。ERA社は2018年6月に発表した同計画について、法的な必要性と伝統的土地所有・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ウズベキスタン:NGMK、ウラン生産関連のデータを開示

 2020年9月24日付けの地元報道等によると、NGMK(Navoi Mining and Metallurgical Combinat)の経済担当副総局長がメディアのインタビューにおいて、同社の生産・輸出関連のデータについて語っている。同氏によると、ウズベキスタンは年間約3.5千tのウランを生産しており、その生産量で・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ペルー:政府、2020年末までに放射性物質開発に関する法案完成の見通し

 2020年10月5日付け地元業界紙によると、Incháusteguiエネルギー鉱山大臣は、2020年末までに放射性物質の開発に関する法案を完成、公表する方針を明らかにした。同大臣は、本件に関しては数か月前から米国国際開発庁(USAID)の協力のもと、最適な法制度整備に向けて取り組んでいるとコメントした。
 放射性物・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン その他 リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ウクライナ:国家コンツェルン「核燃料」、清算準備へ

  2020年9月20日付の地元報道等によると、ウクライナのOlga Buslavetsエネルギー大臣代行は、国家コンツェルン「核燃料」が核燃料集合体の製造に関する任務を果たさなかったことから、その活動継続は妥当でないとする決定が下されたと発表した。
 国家コンツェルン「核燃料」は、傘下にVostochny GOK(・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

メキシコ:政府系鉱業関連機関FIFOMI、SGMが2020~2024年活動計画を発表

 2020年9月25日付け専門紙によると、連邦政府は同日付けの官報において、経済省管轄下にある鉱業振興信託(FIFOMI)ならびにメキシコ地質サービス庁(SGM)の2020~2024年の活動計画および任務を発表した。この中でFIFOMIは、経済省が2019年に発表した2019~2024年国家開発計画および、2020年6・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

ペルー:Plateau Energy Metals社、15鉱区の失効決定に対する差止請求に関する司法判断を注視

 2020年9月22日付け地元業界各紙によると、加Plateau Energy Metals社のHolmes社長は、Falchaniリチウムプロジェクトでは処理プロセスのフローチャート改善プログラムを設計中である一方、Macusaniウランプロジェクトでは、Cameco社との会議の結果を受けた事前選鉱プログラムの設計作・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー: Macusani Yellowcake社、ペルーではチリやアルゼンチンを上回るリチウム生産が可能と主張

 2020年9月17日付け地元業界紙によると、Macusani Yellowcake社のSolis社長は、南米ではチリ、アルゼンチン、ボリビアの3か国がリチウムの主要産出国である一方、未だ採掘を行っていないペルーには、近隣諸国を上回るリチウム埋蔵量が存在しているとの見解を述べた。
 同社長は、冶金試験の結果、1千ha・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:BHP、SA州Olympic Dam銅・金・ウラン鉱山の送電線で一時的な不具合

 2020年9月15日付けの地元メディアによると、BHPは同社の豪ElectraNet社が運営する送配電網に接続する支線で2020年9月14日早朝から不具合が生じ、同日夕方に復旧したことを明らかにした。BHPの広報によると、同社はこの不具合の間、SA州Olympic Dam銅・金・ウラン鉱山のバックアップ電源であるディ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Vimy社がWA州Mulga RockウランプロジェクトのDFSを更新、経済性が向上

 2020年8月26日付けのメディアによると、豪Vimy Resources社は、同社がWA州で進めるMulga RockウランプロジェクトのDFSを更新した。今回のDFS更新では、マインライフ15年、鉱石処理量2.5百万t/年、U3O8生産量3.4百万lb/年と、2018年1月に発表された前回DFSと同様の条件で為替・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ロシア:ThreeArc Mining社、2022年にTomtor ニオブ・レアアース鉱床で採掘開始へ

  2020年8月14日付けの地元報道等によると、ThreeArc Mining社は、Tomtorニオブ・レアアース鉱床(サハ共和国(ヤクーチア))における採掘を2022年に開始する。モスクワの同共和国代表部が伝えた。
 サハ共和国北西に位置するTomtorニオブ・レアアース鉱床は、レアアース品位が世界で最も高い鉱床・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン レアアース/希土類 ニオブ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ