閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ウラン

豪:豪連邦Keith Pitt資源大臣、「豪州は社会サービスへの支出と生活水準の向上のため石炭・ガス・ウランの輸出増加が必要」

 2020年2月12日付の地元メディアによると、豪連邦Keith Pitt資源大臣は就任に際し、豪州のエネルギー資源輸出を更に拡大することに大臣の立場を活用することを公約し、「豪州の社会サービスへの支出確保や生活水準の向上のためには、石炭やガス、ウランの輸出を増加させることが必要である」と述べた。同大臣は、豪Santo・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

フィンランド:フィンランド政府、Terrafame社にウラン回収の許可を付与

 2020年2月6日付けのプレスリリース等によると、フィンランド政府はTerrafame社にフィンランド東部のKainuu地域においてウラン回収を行う許可を付与することを決定した。同社は「ウラン回収工場を使用するための準備プロセスに1年程度かかり、その間に工場の組織も構築されるが、政府の決定はフィンランド最高行政裁判所・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ウズベキスタン:NGMKの生産近代化にロシアの銀行から資金調達へ

 2020年1月15日付けの地元報道等によると、ウズベキスタン大統領決定第PP-4563号により、NGMK(Navoi Mining and Metallurgical Combinat)は、生産近代化のためロシアSberbank及びVTB銀行から3,861mUS$の資金を調達する。同大統領決定により、2020~202・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

豪:買収裁定機関、Rio TintoによるNT準州Rangerウラン鉱山のリハビリテーション費用476mA$負担を認可

 2020年1月22日付けの地元メディアによると、豪州内の企業買収を所管する買収裁定機関(Takeover Panel)は1月20日、Rio Tintoが子会社Energy Resources of Australia(ERA)社の操業するNT準州Rangerウラン鉱山のリハビリテーション費用925mA$のうち476m・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Boss Resources社、SA州Honeymoonウラン鉱山操業再開計画のFS結果を発表

 2020年1月22日付けの地元メディアによると、豪Boss Resources社は2013年よりU価格の下落によって操業休止となっていたSA州Honeymoon U鉱山の操業再開計画に関するFS結果を発表し、再開に向けて良好な見通しであるとした。FSは、JORC基準資源量中のウラン酸化物量36百万lbが含まれる操業再・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ナミビア:豪Deep Yellow社、Tumasウラン鉱床の予備的経済評価を完了しPFSに進む

 2020年1月21日付けメディアによると、豪ウラン探鉱ジュニアDeep Yellow社は、ナミビアTumasウラン・プロジェクトについてスコーピングスタディ(予備的経済評価)の結果を踏まえ、PFSを進めることとした。同プロジェクトは古河川堆積物のカルクリート鉱床であり、今回、露天採掘と選鉱施設の建設のためのスコーピン・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ペルー:放射性物資の探鉱・開発に係る法制度、2020年半ばに完成の見通し

 2019年12月28日付け地元紙によると、Liuエネルギー鉱山大臣は、放射性物質の探鉱・開発に係る法制度を準備中であり、2020年半ばに完成する見通しであることを明らかにした。法整備は外国機関の支援を得ながら進められている。
 これは、Plateau Energy社の現地子会社Macusani Yellowcake・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:Rio Tinto、NT準州Rangerウラン鉱山のリハビリテーション費用476mA$の負担を買収裁定機関から阻止される

 2019年12月13日付の地元メディアによると、Rio Tintoは子会社Energy Resources of Australia(ERA)社がNT準州で操業するRangerウラン鉱山のリハビリテーション費用925mA$のうち476mA$を、ERA社のrenounceable entitlement offer(R・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

中国:江西省発展改革委員会、中国南方レアアース集団と中国ウラン業有限公司協力事業を積極的指導

 現地報道によれば、江西省発展改革委員会は公式ウェブサイトで「省政治協商第12期2回会議第20190745号提案に関する意見」を発表した。内容は以下のとおり。
(1)江西省発展改革委員会は、国家発展改革委員会との橋渡し役を務め、江西備蓄物資管理局と協力し、国家物資備蓄局への申告を行う。(2)関連企業による省内大湖塘タ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン タングステン マンガン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

豪:Rio Tinto、子会社Energy Resources of Australia社によるNT準州Rangerウラン鉱山のリハビリテーションに476mA$出資

 2019年11月18日付けの地元メディアによると、Rio Tintoは68.4%の権益を保有する子会社Energy Resources Australia(ERA)社がNT準州で操業するRangerウラン鉱山のリハビリテーション費用925mA$のうち、476mA$を負担することを明らかにした。ERA社は新株発行により・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ペルー:鉱山副大臣、鉱業Canon税の配分や事前社会投資基金(FAS)に言及

 2019年11月8日付け地元紙によると、Cauti鉱山副大臣は、鉱業一般法の改正に向けた取り組みを行う「持続鉱業開発委員会」が、州政府や地方自治体による鉱業Canon税の利用に対する規制・管理を提案する見通しを明らかにした。
 同副大臣は、本委員会は鉱業一般法の改正に限らず、鉱業関連のテーマを対象とし、鉱業Cano・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

加:UEX社、SK州Christie Lakeウランプロジェクトに係る試錐探鉱結果を公表

 加UEX社は2019年10月29日付けニュースリリースにて、SK州McArthur Riverウラン鉱山の北東9kmに位置する、同社が60%の権益を有するChiristie Lakeウランプロジェクトにおいて2019年夏に実施した14孔、計8,122mの試錐探鉱結果を公表した。
 Chiristie Lakeプロジ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏

ペルー:Plateau Energy社、32鉱区の失効決定に係る司法手続きを開始

 2019年10月18日付け地元紙によると、加Plateau Energy社は、地質鉱業冶金研究所(INGEMMET)がMacusani地域(Puno州)における同社の一部鉱区を鉱区維持料支払いの遅れを理由に取消したことに関し、8月中旬にエネルギー鉱山省の鉱業審議会に不服申し立てを行ったものの、本申し立てが却下されたた・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ナミビア:Langer Heinrichウラン鉱山のPFS結果に操業再開の可能性を見る

 2019年10月14日付けメディアによると、現在休止中のナミビアLanger Heinrichウラン鉱山は、操業再開のためのPFSを行い、その中で、5.2百万lb/年の操業のために80mUS$の資本支出が必要であるとした。また、追加の30mUS$で年産6.5百万lb/年まで増やすことができ、より積極的にオフテイクやフ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

豪:Energy Resources of Australia社、NT準州Rangerウラン鉱山の閉山リハビリテーション計画を更新

 2019年10月2日付けの地元メディアによると、Rio Tintoの子会社であるEnergy Resources Australia(ERA)社は同日、NT準州で操業を行うRangerウラン鉱山の閉山及びリハビリテーション計画の更新を発表した。同鉱山は2021年1月までに閉山し、2026年1月までにリハビリテーション・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:QLD州資源協会、同州におけるウラン採掘の解禁を主張

 2019年10月1日付のメディアによると、9月30日に豪QLD州で行われた、豪州における原子力エネルギー導入の要件調査に関する豪連邦下院の公聴会で、豪QLD州資源協会(QRC)のIan Macfarlane CEOは、「QLD州では数十億A$に相当するウラン資源が眠っているが、州政府のウラン採掘禁止令によって、雇用、・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

加:韓国鉱物資源公社、加・トロントに民間支援センターを開設

 2019年9月16日付け現地報道によると、韓国鉱物資源公社(KORES)は韓国の民間企業の北米への海外資源開発進出を支援することを目的に、加・トロントに初めて民間支援センターを開設した。なお、KORESは同センターとは別に、トロントにKORESカナダ事務所を有している。
 同センターは、民間企業に対して投資情報提供・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン ニッケル 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
金属企画部
担当者:
畝井杏菜

中国:中国初の「資源税法」が2020年9月に実施

 安泰科によれば、2019年8月26日、第13期全人代常務委員会第12回会議にて「資源税法」が正式に採択され、2020年9月1日より正式に実施される。資源税は、1984年より徴収され始め、改革改善を経て、安定的に実行されている。徴税に関する法律規定に基づき、現行制度の方向性や租税負担水準を保ちつつ、社会経済成長や改革に・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) アルミニウム/ボーキサイト ウラン その他 ニッケル ベースメタル リチウム レアアース/希土類 レアメタル 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ナミビア:中央銀行、ウラン価格の低迷が経済収縮の要因

 2019年8月28日付けメディアによると、ナミビア中央銀行は、2019年の国内経済について、当初予想していた0.3%のプラス成長から、1.7%のマイナス成長に落ち込む、との見通しを示した。併せて、中央銀行は発表の中で、ウランの低価格がナミビアのウラン採掘見通しに悪影響を及ぼしているほか、不安定な降雨が2019年以降も・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ペルー:Plateau Energy社、32鉱区の失効決定に対し不服申し立て

 2019年8月20日付け地元各紙によると、加Plateau Energy社は、現地子会社Macusani Yellowcake社を通じて所有する149鉱区のうち、32鉱区について、鉱区維持料の支払いの遅れを理由に地質鉱業冶金研究所(INGEMMET)が鉱区取消を決定したことに関し、エネルギー鉱山省の鉱業審議会に不服申・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ