閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ウラン

ペルー:政府、リチウム開発に向けた制度の準備に着手

 2019年5月4日付け地元紙によると、Ismodesエネルギー鉱山大臣は、外国人記者協会での会見において、ペルー政府が米国国際開発庁(USAID)及びペルー原子力研究所(IPEN)の協力の下、リチウムおよびウラン開発を目的とした規則の枠組みを準備中である旨明らかにした。同大臣は、既に存在する規則の原案を基にUSAID・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:連邦政府環境大臣、WA州Yeelirrieウランプロジェクトの環境認可を承認していたことが明らかに

 2019年4月25日付けの地元メディアによると、Cameco社がWA州に保有する豪州最大規模の未開発U鉱床であるYeelirrieプロジェクトに関し、豪連邦Melissa Price環境大臣が4月10日に環境認可を付与していたことが明らかになった。メディアによると、Yeelirrieプロジェクトの地域に選挙区を持つP・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:豪州鉱物資源評議会、豪連邦政府に対して原子力発電禁止を撤回するよう正式に要請

 2019年4月22日付のメディアによると、豪州鉱物資源評議会(MCA)は4月18日、豪連邦政府に対して原子力発電の禁止を撤回するよう正式に要請した。この要請は、豪連邦のScott Morrison首相がTAS州のラジオ番組において原子力発電産業との対話の余地があるとコメントしたことを受けたもので、MCAはこのコメント・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

DRコンゴ:Kamoto銅・コバルト鉱山、限定的にコバルト輸出を再開

 2019年4月16日付け加Katanga Mining社(Glencore子会社)のニュースリリースによると、同社が75%所有するKamoto銅・コバルト鉱山(DRコンゴ)からのコバルト輸出・販売について、ウランに関する法定基準に準拠した範囲の量に限定して再開するとのこと。同社は2018年第4四半期にKamoto鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ペルー:Macusaniリチウム・イオンプロジェクト、中国・韓国投資家が関心を示す

 2019年3月6日付け地元紙によると、加Plateau Energy社が、Macusaniリチウム・イオンプロジェクト(Puno州)Falchani鉱床における新たな探鉱活動によりリチウム資源量が4.71百万tへと倍増する見通しを示したことに関して、現地子会社Macusani Yellowcake社のSolis社長は・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ナミビア:Paladin社、Langer Heinrichウラン鉱山操業再開に向けたPFS開始を決定

 2019年2月26日付のメディアによると、豪Paladin社は2018年5月から操業を休止しているナミビアのLanger Heinrich U鉱山の再開事業に関するPFS実施を承認した。このPFSは、OPEXの削減や処理工程の信頼性向上、バナジウム回収の可能性検討などを含み、2019年3月に完了したコンセプトスタディ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン バナジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Boss社、SA州Honeymoonウランプロジェクトの資源量を更新、再開後の生産量拡張も検討へ

 2019年2月25日付の地元メディアによると、豪Boss社はSA州Honeymoon Uプロジェクトの資源量が増加したことを発表し、同プロジェクトの操業再開に向けた作業を引き続き実施している。資源量が更新されたのは同プロジェクト東部に位置する採掘リース内の3つの鉱体で、3鉱体の合計資源量は24mt、品位:U3O8 6・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:Plateau Energy社、リチウム資源量増加の見通しを発表

 2019年2月11日付け地元紙によると、Plateau Energy社(カナダ)は、Macusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)における新たな探鉱活動により、リチウム資源量が倍増する見通しであることを明らかにした。
 本件についてHealeyアナリストは、直近に行われたボーリングにおいて、これまでを上・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:SA州政府、Olympic Dam鉱山の銅生産拡張プロジェクトをMajor Development Statusに認定

 2019年2月15日付の地元メディアによると、BHPがSA州で操業するOlympic Dam Cu-Au-U鉱山のCu生産拡張プロジェクトが、SA州政府により同州のMajor Development Statusに認定された。BHPは、同鉱山のCu生産量を現状の200kt/yから75%増加となる350kt/yに拡張し・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:NT準州Rangerウラン鉱山における閉山後のリハビリテーションに関する検討について

 2019年1月11日付の地元メディアによると、Rio Tinto傘下の豪Energy Resources of Australia(ERA)社がNT準州で操業するRanger U鉱山は2019年第1四半期中とされる閉山が近づいており、リハビリテーション実施に向けて検討を進めている。同鉱山のリハビリテーションは水処理や・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

加:Denison Mines社、Wheeler Riverウランプロジェクトの開発計画を発表

 2018年12月18日、Denison Mines社は、JCU社とのジョイントベンチャーとして実施しているSK州Wheeler Riverウランプロジェクトに関して、2018年9月に実施された予備的経済評価の結果を反映した次期計画を発表した。
 2019年の予算は10.3mC$。環境影響評価プロセスの開始、現地回収・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

ナミビア:豪Paladin社、Langer Heinrichウラン鉱山の操業再開に向けたスタディを開始

 2018年12月6日付の地元メディアによると、2018年8月から操業を休止しているナミビアのLanger Heinrich U鉱山を保有する豪Paladin社は、操業再開決定に向けた準備を進めている。同社は同鉱山の再開に向け、操業価値を最大化するための最適化に関するスタディを現在実施している。スタディの対象は、採鉱及・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン バナジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:BHP、SA州Olympic Dam鉱山周辺で新規のIOCG鉱化を試錐調査により捕捉したことを発表

 2018年11月27日、BHPはSA州で操業するOlympic Dam鉱山の南東約65km周辺で、新しい酸化鉄-銅-金(IOCG)鉱化をボーリング調査で発見したことを発表した。これは現在BHPが実施した試錐調査4孔5,346mで鉱化が捕捉されたもので、そのうちの1孔では1,063m以深の425.7m間で品位:Cu 3・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Energy Resources of Australia社、NT準州Rangerウラン鉱山の2018年7~9月四半期のウラン生産量が前期比で36%の増加を報告

 NT準州においてRanger U鉱山を操業するEnergy Resources of Australia(ERA)社は、2018年10月10日に発表した四半期報告書の中で、2018年7~9月四半期のU3O8生産量が544tとなり、4~6月四半期から36%の増加となったことを報告した。ERA社によると、この増加は処理鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:豪州鉱物資源評議会、ウラン鉱業への規制削減に向けた豪連邦の環境保護・生物多様性保全法見直しを要求

 2018年10月8日付のメディアによると、豪州鉱物資源評議会(MCA)は豪州におけるウラン鉱業をより良く有効利用するため、豪連邦に対して環境保護・生物多様性保全(EPBC)法を改正するように要求した。MCAは、時代遅れなEPBC法によって豪州経済はウラン鉱業による数bA$の利益と数万人の雇用創出の機会を逸しているとし・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:Azincourt Energy社、ウラン・リチウムプロジェクト3件の取得を計画

 2018年9月18日付け地元紙によると、加Azincourt Energy社は、1177865B.C.社との間に、ウラン・リチウムプロジェクト3件の取得を目的とした合意書を締結した旨発表した。
 これらはPuno州San Antonio de Putina郡とCarabaya郡のPicotaniエリアに位置するEs・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

加:Denison Mins社、Wheeler Riverウランプロジェクトの権益を増大

 2018年9月4日、加Denison Mining社は、加Cameco社のSK州Wheeler Riverウランプロジェクト保有分の24%権益を購入する予定であることを発表した。取引総額は約16mC$。Denison社の新株発行により賄われる。取引においてはJCU社が優先買取権を有しており、権利が行使された場合には取・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

ペルー:エネルギー鉱山省、ウラン採掘法案を準備

 2018年9月7日付け地元紙によると、Ismodesエネルギー鉱山大臣は、外国人記者協会において、エネルギー鉱山省がウラン採掘法案の準備を進めており、年末を目途に公表する見通しである旨明らかにした。
 また、Macusani Yellowcake社(本社:カナダPlateau Energy社)による7月末の大規模な・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:BHP、SA州Olympic Dam銅-ウラン鉱山の銅製錬所の不具合による操業停止を報告

 2018年8月20日付の地元メディアによると、BHPは同日発表した2017/18年度報告書の中で、SA州Olympic Dam Cu-U鉱山のCu製錬所が操業停止状態となっていることを明らかにした。これは、硫酸生成プラントのいくつかのボイラー配管の不具合に起因するもので、BHPは修理・改善措置を実施しているものの再開・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

グリーンランド:Greenland Minerals社、Kvanefjeld希土類プロジェクトの商業化に向けた非拘束MOUを中国Shenghe社と締結

 2018年8月21日、グリーンランドでKvanefjeld希土類プロジェクトを推進する豪Greenland Minerals社は、同プロジェクトの商業化に向け、同社の株主で上海に上場しているShenghe社と非拘束のMOUを締結したことを発表した。このMOUに基づき、32kt/yのREEを含む化学濃集物あるいは34k・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン レアアース/希土類 亜鉛
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ