閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: クロム

カザフスタン:鉱業製錬部門に対するCOVID-19の影響

 2020年5月22日付けの地元報道等によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による悪影響が、カザフスタンの鉱業製錬部門に及んでいる。業界を左右するのは金属の国際価格であるが、COVID-19の発生により主要金属の価格は年初から13~25%下落している。COVID-19がカザフスタンの鉱業製錬部門に・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト クロム その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ベトナム:鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備へ

 2020年4月20日付け地元メディアによると、Trinh Dinh Dung副首相は2021年から2030年までの鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備するタスクに署名した。石油、石炭、ウラン・トリウム等の放射性鉱物等を除く鉱物が対象となる。これら鉱物は、金鉱石・銅・ニッケル・モリブデンのカテゴリー、鉛・亜鉛・・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン グラファイト フッ素/蛍石 亜鉛 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト クロム レアアース/希土類 チタン ニッケル マンガン モリブデン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

南ア:フェロクロム生産者Afarak社、経営難のため会社更生手続き開始

 2020年5月11日付けクロム製品生産者Afarak Groupの発表によると、南ア子会社のMogale製錬所及びAfarak South Africa社について、会社更生手続きを開始した。南アが3月27日にロックダウンに入って以降、操業及び輸出も停止しており、経営困難な状況が続いていた。会社更生期間であっても操業は・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:フェロクロム生産者Glencore-Merafe JV事業の生産再開

 2020年5月8日付けメディアによると、南アにおけるフェロクロム生産事業Glencore-Merafe JVは、Lionフェロクロム製錬所とEasternクロム鉱山の操業を再開する。一方で、同JV事業の他の製錬所(Boshoek、Rustenburg、Wonderkop)及びKroondal鉱山は引き続き保守管理を続・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Dwarsrivierクロム鉱山、従業員のコロナ感染に伴い操業を停止

 2020年5月6日付けメディアによると、南アAssore社は、同社が操業するDwarsrivierクロム鉱山の従業員に新型コロナウイルス肺炎の感染者が確認されたことに伴い、全操業を停止した。感染予防のための措置であり、操業管理部門による監査が終了次第再開される予定。同鉱山のクロム鉱石生産量は1.55百万tであった。
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:フェロクロム生産者Merafe社、2020年3月末における2020年第1四半期の生産量が微減

 2020年4月24日付け南アMerafe Resources社の発表によると、GlencoreとのJV事業における2020年3月末における2020年第1四半期のフェロクロム生産量は、前年同期比3.6%減の488千t(Merafe社シェア分10千t)であった。3月24日以降、南アの新型コロナウイルス感染予防のためのロッ・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

中国:自然資源部は、一部鉱業権の審査認可権限を地域関連部署に委譲へ

 現地報道によると、2020年4月17日、中国自然資源部は、2020年5月1日より石油、アルガン類天然ガス、シェールガス、天然ガスハイドレート、放射性鉱物、タングステン、レアアース、錫、アンチモン、モリブデン、コバルト、リチウム、カリウム塩、グラファイトの14種の重要な戦略的鉱物資源を除き、他の鉱物資源の鉱業権に関する・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン フッ素/蛍石 カリウム 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト クロム レアアース/希土類 コバルト ジルコニウム タングステン ニッケル モリブデン リチウム リン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:Tharisaクロム・PGM鉱山、ロックダウン中の操業再開の承認を受ける

 2020年4月9日付け南ア・英Tharisa社の発表によると、南アにて操業するTharisaクロム・PGM鉱山(同社74%シェア所有)について、南アのロックダウン中の操業を必要最小限の人数で再開することが、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)に承認された。南アにて新型コロナウイルス肺炎感染予防に伴うロックダウン実施後・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:ロックダウンに伴うカッパーベルトからの銅輸出港の変更

 2020年4月7日付けメディアによると、3月27日に始まった南アのロックダウンに伴い、アフリカにおいて、銅(DRコンゴやザンビアのカッパーベルト産の銅)の輸出港を変える動きが見られる。特に、タンザニアのDar es Salaam港における取扱量が増えており、銅カソード及び銅精鉱の輸出量が20%から25%増加したほか、・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働組合、ロックダウン中の限定的な操業について反対を表明

 2020年4月6日付けメディアによると、南ア労働組合の一つである鉱山労働者・建設組合連合(AMCU)は、ロックダウン期間中に一部操業を続けている鉱山や処理施設に反対を表明している。鉱物資源エネルギー大臣が、露天採掘鉱山や製精錬所の限定的な操業について承認をしており、鉄鉱石、マンガン、クロム、石炭及びPGMといった鉱種・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム その他 PGM(白金族) マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:クロム生産者、ロックダウンに伴い不可抗力を宣言

 2020年3月31日付け報道によると、世界最大のフェロクロム生産者の一つであるSamancor Chorome社は、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大を受けた南アのロックダウンに伴い不可抗力を宣言した。南ア政府の感染予防措置に従い、3月26日から21日間、坑内採掘や製錬所の操業を保守管理に移行した。白金・クロム鉱石を生・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:新型コロナウイルス肺炎の影響で第2四半期の鉱産量60%減少する可能性あり

 2020年3月27日付けメディアによると、ジンバブエ鉱業協会が推定したところ、新型コロナウイルス肺炎感染の影響で、同国の第2四半期の鉱産量が減少し、第1四半期の60%になるという。ジンバブエは外貨収入を鉱業に依存しており、影響が大きい。同国はPGM・ニッケル精鉱を南アの精錬所に供給しているが、南アのロックダウンにより・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

加・南ア・コロンビア:Glencore、新型コロナウイルス感染症により複数の事業を一時停止

 2020年3月26日付けのプレスリリースによると、スイス・Glencoreは新型コロナウイルス感染症により、同社の大規模事業には大きな影響はないものの、いくつかの小規模事業については制限又は一時停止した。
 加QC州政府が不要不急な事業の一時閉鎖を命じたことを受け、同社のQC州におけるRaglanニッケルプロジェク・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 クロム ニッケル バナジウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:フェロクロム生産者Merafe社、2019年決算にて損失を計上

 2020年3月9日付けメディアによると、南ア・フェロクロム生産者Merafe Resources社が2019年12月末締めの年間決算にて1.8bUS$の損失を計上した。同社は南アでのJV事業であるGlencore-Merafe Chrome Ventureの20.5%を所有するEmpowermentパートナーである。・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

その他:新型コロナウイルス肺炎の影響により欧州内で非鉄金属の販売中止等が報告される

 2020年2月26日付けのメディア情報によると、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大の影響により、欧州内のシリコン金属、コバルト、マンガンアロイ、フェロクロムの供給者が、欧州内の消費者に対し販売を中止したり、消費者が今後の供給途絶を予測し、備蓄するケースが発生していると報告している。新型コロナウイルス肺炎によって隔離され・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト クロム コバルト シリコン(ケイ素) マンガン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:Glencore・Lydenburgフェロクロム製錬所、スイスのクリーンエネルギー技術の導入を決める

 2020年2月21日付けメディアによると、Glencoreの南ア操業部門(GOSA)が操業するLydenburgフェロクロム製錬所は、スイスのクリーンエネルギー技術会社Stirling社とサービス契約を締結し、同製錬所の残留フレアガスからの熱エネルギーを電気に変換する発電ユニット(25 PWR BLOK 400-F)・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Maputo港の取扱実績増加

 2020年2月10日付けメディアによると、モザンビークMaputo港における2019年の取扱実績が21百万tに達し、2018年実績19.5百万tを上回った。クロム及びマグネタイトの取扱量が増えており、特にクロムの取扱量は全体の30%を占め6.4百万tであった。また、コンテナターミナルの拡張に伴い、コンテナ輸送量は前年・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

スイス:Glencore、2019年の年間生産量を公表

 2020年2月4日付けで、スイスGlencoreは2019年の生産報告書を発表した。銅の生産量は1,371.2千tであり、前年比で82.5千t(6%)減少した。このおよそ半分の40.8千tはAfrican Copper社の資産の関連であり、Mutanda鉱山の規模縮小と一時的なメインテナンスやザンビアMopani社の・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 クロム コバルト ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:Samancor Chrome社、人員削減の協議を開始

 2020年1月21日及び22日付けメディアによると、南ア・フェロクロム生産者Samancor Chrome社はクロムマーケットの不振、南アにおける電力供給障害や電力料金上昇に伴い、同社の人員削減を関係者と協議するとした。同社の製錬部門とコーポレート部門から599人、また東西の鉱山従業員から2,438人を対象として、人・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Glencore、Rustenburgフェロクロム製錬所の閉鎖の可能性を検討

 2020年1月17日付けメディアによると、Glencoreが南アRustenburgフェロクロム製錬所(Glencore79.5%、Merafe Resources20.5%シェア)の操業維持が困難とし、閉鎖を検討すべく関係者に南ア労働関係法第189条に基づく通知を行った。同通知において、Escomによる不安定な電力・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ