閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: コバルト

キューバ:Sherritt International社、Moa Bay鉱山の2017年生産、計画どおり

 2018年1月14日付け業界紙によると、Sherritt International社は、キューバ政府とのJV事業で進めているMoa Bay鉱山の2017年生産量を明らかにした。当初計画では、ニッケル31,500~32,500t、コバルト3,500~3,800tと予測されていたが、結果は、ほぼ計画どおりのニッケル31・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

DRコンゴ:Martine Kabwelulu鉱山大臣、コバルト輸出に係るロイヤルティを2%から5%に引き上げる可能性があると言及

 2018年1月10日付のメディア報道によると、DRコンゴ政府はコバルトの輸出に係るロイヤルティを2%から5%に引き上げる可能性があるという。Martine Kabwelulu鉱山大臣によると、2017年12月に国民議会を通過し、現在上院の承認待ちとなっている鉱業法改定案では、政府に特定の鉱物を“戦略コモディティ”とし・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:中国・銀禧科学技術社、DRコンゴで100mUS$を投資し、コバルト事業を拡張

 安泰科によれば、広東銀禧科学技術株式有限公司の子会社は、コバルト事業を拡張するため100mUS$を投入し、DRコンゴで子会社を設置した。
 全額出資子会社である銀禧科技(香港)有限公司は、DRコンゴでコバルト事業を拡張するため、ルアラバ州で子会社銀禧科技(コンゴ)コバルト業株式有限公司(CONGO SI・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:豪州でコバルトプロジェクトを推進する各社、資金調達や株価での好況を報じられる

 2017年12月15日付のメディアは、電気自動車に使用される蓄電池に利用されるCo資源の供給源として、政治的リスクの高まるDRコンゴに代わり豪州が投資家の注目を集めていると伝えている。DRコンゴ産Coの20%以上が女性や子供を使役する危険な小規模採掘により採掘されている状況で、トヨタやフォルクスワーゲンといった大手自・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

英:Glencore、今後3年間でコバルト生産を2倍にすると発表

 Glencoreは、2017年12月12日に投資家向け説明会で、今後3年間でコバルト生産を2倍にし、2020年までに年間6.3万tのコバルト生産を予定していると発表した。DRコンゴで操業する傘下のKatanga銅・コバルト鉱山は2018年上半期にはフル稼働に達し、コバルト生産増加が見込まれている。また、同社Ivan ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

メキシコ:鉱山企業各社による最新調査結果、発表

 2017年12月11日付け地元紙は、各鉱山企業が保有するプロジェクトの最新調査結果を報じている。概要は以下のとおり。Ana Paulaプロジェクト及びCalicantoプロジェクトは短期間で生産開始が期待されている。
・加Alio Gold社が保有するAna Paulaプロジェクト(Guerrero州)・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

DRコンゴ:Amnesty International、Apple社が責任あるコバルト調達元として先行していると発表

 国際人権NGOのAmnesty Internationalは、2017年11月15日、DRコンゴでの主要電子機器及び自動車メーカーにおけるコバルト調達の調査報告書“Time to Recharge”を公表した。報告書によると、同社が調査した29社の内、最も責任あるコバルト調達を行っているのは2017年初頭にコバルト調・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

フィンランド:Terrafame社、ニッケル及びコバルト化学プラント建設を予定

 Terrafame社は、2017年11月10日付のプレスリリースにてEVバッテリーに使用されるニッケル及びコバルト化学製品生産への投資を計画していると発表した。同社は、2020年までに年間硫酸ニッケル約150,000t、硫酸コバルト5,000tの生産能力を持つ新規プラントを建設予定である。これにより、同社は世界で最大・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:中国企業、コバルト供給のDRコンゴへの依存緩和を模索

 2017年11月7日付のメディア報道によると、EVバッテリーカソードにおける原材料サプライヤーであるGuangdong Jiana Energy Technology社のWu Lijue会長は、中国はEVバッテリーの重要な原材料であるコバルト供給において、DRコンゴにあまりにも多く依存しているため、安定した供給確保の・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

豪:Australian Mines社、QLD州Sconiコバルト-スカンジウム-ニッケルプロジェクトのBFS完成に向け、20mA$の増資を実施

 2017年11月6日付の地元メディアによると、QLD州でSconi Co-Sc-Niプロジェクトを推進しているAustralian Mines社が20mA$の増資を実施した後、同社の株価が44%上昇した。同社は当初10mA$の増資を目指して複数の投資企業にコンタクトしたところ、合計で40mA$に及ぶ増資受入れのオファ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト スカンジウム ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ