閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: コバルト

DRコンゴ:Bruno Tshibala首相、新鉱業法下でコバルトは戦略的鉱物となる予定だと発言

 2018年3月14日付のメディア報道によると、DRコンゴはコバルトを戦略鉱物として指定する予定である。Joseph Kabila大統領によって2018年3月8日に署名された新鉱業法では、鉱物のロイヤルティが引き上げられることになっており、コバルトのロイヤルティは2%から3.5%になる。さらに、“戦略鉱物”として指定さ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

スイス:Glencore、中国GEM社に今後3年間でコバルト生産量の約3分の1を売却することで合意

 2018年3月15日付のメディア報道によると、Glencoreは今後3年間でコバルト生産量の約3分の1を中国のバッテリーリサイクル企業のGEM社に売却することで合意した。GEM社は、Glencoreから2018年には13,800t、2019年には18,000t、2020年には21,000tの計52,800tの水酸化コ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:韓Samsung社、Somika SPRL社とコバルト調達に関して協議

 2018年3月13日付のメディア報道によると、韓Samsung C&T社はDRコンゴで操業をするSomika SPRL社とコバルト調達に関して複数年契約の協議をしていると関係筋が伝えた。Samsung社は、Somika社から過去4年間銅調達をしており、Kisanfu鉱山から生産されるコバルトの購入を希望している。So・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:鉱山省下機関CEEC、コバルト及び銅鉱山に、新たな監視及び追跡システムを導入すると言及

 2018年3月1日付のメディア報道によると、DRコンゴは、コバルト及び銅鉱山の児童労働防止に取り組むため、2018年3月に新たな監視及び追跡システムを導入すると鉱山省下の機関であるCEEC(The Center of Expertise,Evaluation and Certification of Precious・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:ロイヤルティ引き上げを含む鉱業法改正案、上院を通過

 2018年1月24日付のメディア報道によると、2017年12月に国民議会によって承認された鉱業法改正案は、1月24日に上院を反対無しで通過した。今後、委員会で最終版が作られ、Joseph Kabila大統領の署名に送られる。同改正案には、税及びロイヤルティの引き上げが含まれており、“戦略金属”として定められた特定の鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Martine Kabwelulu鉱山大臣、コバルト輸出に係るロイヤルティを2%から5%に引き上げる可能性があると言及

 2018年1月10日付のメディア報道によると、DRコンゴ政府はコバルトの輸出に係るロイヤルティを2%から5%に引き上げる可能性があるという。Martine Kabwelulu鉱山大臣によると、2017年12月に国民議会を通過し、現在上院の承認待ちとなっている鉱業法改定案では、政府に特定の鉱物を“戦略コモディティ”とし・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:Glencore、今後3年間でコバルト生産を2倍にすると発表

 Glencoreは、2017年12月12日に投資家向け説明会で、今後3年間でコバルト生産を2倍にし、2020年までに年間6.3万tのコバルト生産を予定していると発表した。DRコンゴで操業する傘下のKatanga銅・コバルト鉱山は2018年上半期にはフル稼働に達し、コバルト生産増加が見込まれている。また、同社Ivan ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Amnesty International、Apple社が責任あるコバルト調達元として先行していると発表

 国際人権NGOのAmnesty Internationalは、2017年11月15日、DRコンゴでの主要電子機器及び自動車メーカーにおけるコバルト調達の調査報告書“Time to Recharge”を公表した。報告書によると、同社が調査した29社の内、最も責任あるコバルト調達を行っているのは2017年初頭にコバルト調・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

フィンランド:Terrafame社、ニッケル及びコバルト化学プラント建設を予定

 Terrafame社は、2017年11月10日付のプレスリリースにてEVバッテリーに使用されるニッケル及びコバルト化学製品生産への投資を計画していると発表した。同社は、2020年までに年間硫酸ニッケル約150,000t、硫酸コバルト5,000tの生産能力を持つ新規プラントを建設予定である。これにより、同社は世界で最大・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:中国企業、コバルト供給のDRコンゴへの依存緩和を模索

 2017年11月7日付のメディア報道によると、EVバッテリーカソードにおける原材料サプライヤーであるGuangdong Jiana Energy Technology社のWu Lijue会長は、中国はEVバッテリーの重要な原材料であるコバルト供給において、DRコンゴにあまりにも多く依存しているため、安定した供給確保の・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

その他:Volkswagen社、長期的なコバルトサプライヤーの確保に苦戦

 2017年10月15日付のメディア報道によると、Volkswagen社は2017年9月に固定価格で最低5年間に渡るコバルトサプライヤーを求めて入札を行ったが不調に終わり、入札先を確保するのに苦戦していると関係筋が伝えた。報道によると、Volkswagen社が示した価格は既存の市場価格をはるかに下回っていた模様。Vol・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:DRコンゴ政府、Sicomines銅鉱山に対し未加工銅及びコバルト鉱石の輸出を禁止

 2017年10月9日付メディア報道によれば、DRコンゴ政府はDRコンゴ国営鉱山公社Gecaminesと中国企業のSinohydro社及びChina Railway Construction社とのJV事業であるSicomines銅鉱山に対し、未加工銅及びコバルト鉱石の輸出を禁止し、DRコンゴ国内で製精錬するようにと命じ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:Glencore、電気自動車の台頭により銅、コバルト、ニッケルの需要は増加すると言及

2017年8月10日付の業界紙によると、GlencoreのIvan Glasenberg CEOは、現在予測されている電気自動車(EV)の生産成長は、銅、コバルト、ニッケルの需要に大きな影響を与えるだろう。また、必要とされる供給量の確保は実現不可能かもしれないと言及した。国際エネルギー機関(IEA)は、2017年6月、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル ベースメタル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:Glencore、中国バッテリーメーカーとコバルト販売における大型契約を結ぶ

2017年7月6日付のメディア報道によると、Glencoreは中国のバッテリーメーカーであるContemporary Amprex Technology(CATL)に最大20,000tのコバルト製品を販売する大型契約を結んだと関係筋が伝えた。これは、Glencore、CATL、Volkswagen(VW)の3者契約だっ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Kabwelulu鉱山大臣、鉱業法改正案を議会へ再提出予定

2017年5月19日付のメディア報道によると、DRコンゴのMartin Kabwelulu鉱山大臣は鉱業法(Mining Code)改正案を近日中に再提出する予定であると述べた。同国では、2015年に利益税の税率引き上げ(現行30%→35%)、生産移行時の政府の権益取得率の拡大(現行5%→10%)、銅及びコバルト鉱山の・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

その他:Glencore、電気自動車のブームは予想以上に加速していると言及

GlencoreのIvan Glasenberg CEOは、2017年5月16日にバルセロナで開催されたカンフェレンスにて、電気自動車(EV)の台頭により、今後数十年間で銅及びリチウムを含む鉱物の需要が大幅に増加し、その加速度は予想以上に早いだろうと述べた。また、政府がより厳しい排出目標を導入していく中、ほぼすべての自・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:BMI Research、DRコンゴは最も急速に成長する鉱業国になると予測

2017年5月3日付のメディア報道によると、BMI ResearchはDRコンゴをペルーと競合し、今後5年間で世界で最も急速に成長する主要鉱業市場と予測した。BMI によると、DRコンゴは低労働コスト、鉱物の高品位、広大な未開拓の資源が外国投資家、特に中国からの投資家を呼び込む。さらに、世界全体でのコバルト需要が増加す・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Lundin Mining社、Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山の権益売却を完了

加Lundin Mining社は2017年4月19日付プレスリリースにて、中国のプライベート・エクイティBHR PartnersにTenke Fungurume銅・コバルト鉱山における権益24%の売却が完了したことを発表した。売却額は、11.36億US$。同社のPaul Conibear CEOは、Tenke Fung・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ベースメタル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ザンビア:BMI Research、ザンビアの鉱業セクターは2021年まで堅調に成長すると予測

2017年4月10日付のメディア報道によると、英BMI Researchはザンビアの鉱業セクターは2017年から2021年の間に同国の規制環境の変更により堅調な成長が見込め、この間で年間平均5.5%成長すると予測している。同国では、2015年1月に鉱山・鉱物開発法(Mines and Minerals Developm・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:BMI Research、今後数十年で石炭、鉄鉱石、鉄鋼の需要は減少するが、銅、錫、リチウム、コバルトの需要は堅調と予測

2017年4月7日付のメディア報道によると、英BMI Researchは構造的なマクロ経済と産業のシフトにより、今後数十年に渡り石炭、鉄鉱石、鉄鋼といったいくつかのコモディティ需要パターンは変化するだろうと予測した。同社によると、石炭、鉄鉱石、鉄鋼の需要は2050年までに鈍化する一方、銅及び錫の需要は維持されるとした。・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ベースメタル リチウム レアメタル 鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ