閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ジスプロシウム

ロシア:2020年からレアメタル採取税を4.8%に引き下げへ

 2019年8月2日付けの地元報道等によると、プーチン大統領は、レアメタル採掘への投資促進のため、レアメタルの採取税を4.8%へ引き下げる法案に署名した。本改正法に従い、2020年1月1日から、主要成分として固有鉱床を形成するレアメタル、随伴鉱物(固有鉱床を形成する他のレアメタル鉱石、他の鉱物の鉱石、多成分複雑鉱に含ま・・・ 続きを読む
鉱種:
イッテルビウム インジウム エルビウム カドミウム ガドリニウム ガリウム ゲルマニウム サマリウム ジスプロシウム ジルコニウム スカンジウム ストロンチウム セシウム セリウム セレン タリウム タンタル チタン ツリウム テルビウム テルル ニオブ ネオジム バナジウム ハフニウム ビスマス プラセオジム ベリリウム ホルミウム ユウロピウム ランタン リチウム ルテチウム ルビジウム レアアース/希土類 レアメタル レニウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

マラウィ:加英ジュニアMkango Resources社のREEプロジェクトの進展

 2019年8月19日付け加英ジュニアMkango Resources社の発表によると、同社が保有するマラウィ・Songwe Hillレアアース鉱床(カーボナタイト)について、戦略的パートナーとなるTalaxis社(Noble Group)の拠出が行われており、FSが進捗中である。同鉱床の2012年のPEAの結果では、・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

豪:Northern Minerals社、希土酸化物分離技術検討のためのscoping studyを開始

 2019年8月14日付のメディアによると、WA州でBrowns Range重希土プロジェクトを推進するNorthern Minerals社は、同鉱山から生産される混合希土類中間生成物から希土酸化物を元素ごとに分離する処理技術を検討するためのscoping studyを開始したと発表した。同社は、米K-Technolo・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ルーマニア:レアアース3鉱山を再開する予定

 2019年6月12日付けのメディア情報によると、ルーマニア政府はEuropean Battery Allianceのメンバーになり、レアアースの3鉱山を再開させる予定としている。同国のNiculae Badalau経済相は、「European Battery Allianceのメンバーになれば、現在複数の企業が計画し・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム ユウロピウム レアアース/希土類
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

中国:第3期レアアース国家備蓄は落札

 現地報道によれば、3月28日、第3回レアアース国家備蓄の入札が行われた。
 今回、包頭鉄鋼、中国アルミ、贛南鉱業、広晟、厦門タングステン業、中色株式等の企業が入札に参加した。情報によると、そのうち酸化ネオジム入札価格は約27万元/t、入札数量は220tであった。酸化ジスプロシウム入札価格は125万元/t、入札数量は・・・ 続きを読む
鉱種:
イットリウム エルビウム ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム ユウロピウム ルテチウム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:包頭レアアース取引所の取引量増大

安泰科によれば、2017年1~2月の包頭レアアース取引所の取引量は、対前年同期比7.45倍増の1.94万tであった。過去1年間で、レアアース取引所で取引を行った業者は当初の56社から1,450社に増加し、会員は一般企業9社、仲介企業8社、貿易会員企業121社となった。取引業者が増えたことによって、取引が活性化し、取引額・・・ 続きを読む
鉱種:
イットリウム ジスプロシウム ホルミウム ルテチウム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2回目のレアアース国家備蓄における入札終了

地元報道によれば、2017年1月19日、2回目のレアアース国家備蓄における入札が終了した。入札数は2,000t余りである。
今回、中国アルミ、贛南鉱業、広晟、中色株式、厦門タングステン業が入札に参加している。そのうち酸化プラセオジム・ネオジムの入札価格は26万元/t、入札量1,300t。酸化ユーロピウム入札価格は45・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:レアアースの国家備蓄実施により業界内の供給過剰問題を緩和か

安泰科によれば、レアアースの国家備蓄入札募集会議が12月13日に北京で開かれた。酸化プラセオジム、酸化ネオジム、酸化ジスプロシウム等商品が落札された。合計1,400t余りが取引された。そのうち酸化プラセオジム・ネオジム及び酸化テルビウムに関する入札は中止となった。酸化プラセオジム・ネオジムは入札募集数が最も多い製品であ・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ