閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ニッケル

インドネシア:中国企業、インドネシア企業と共同でニッケル製錬所を建設予定

 安泰科によれば、インドネシアの国有企業である多種金属公司は、2017年パプア州でGapニッケル製錬所を建設した後、パプア州ソロンまたはEast Halmahera経済特別区で製錬所を増設する予定。
 協力パートナーを求めるために、8月中に入札を行うこととしており、中国企業3社とフィリピン企業1社が応札を行う予定。今・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国投資者、インドネシアでリチウム電池事業を展開予定

 安泰科によれば、中国投資者は、インドネシアの北マルク州のNorth Halmaheraに位置するリチウム電池の構成部品となるニッケルを加工するための工場の建設に関心を持っている。リチウム電池は、主に電動自動車のエネルギー源として用いることとしている。
 中国の投資関係者は、第1段階のニッケル工場建設に50億US$を・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:NPI生産地域、環境保護の影響による生産量の評価

 上海有色ネットによると、中国国内NPI生産地は主に山東省、江蘇省、福建省等地域に所在している。既に環境保護検査を受けているのは、内モンゴル自治区、山東省、広西省、江蘇省、河北省等の地域となっている。上海有色ネット(SMM)が、それぞれ現地の生産企業や関連上流・末端企業に確認したところ、生産量(金属量)5,108tが影・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:環境検査により、内モンゴルにある数多くのフェロニッケル企業は一斉に生産停止

 安泰科によれば、中央政府は環境保護検査を実施しており、それにより内モンゴルにある数多くのフェロニッケル企業は一斉に生産を停止した。検査は6月下旬以降も続く予定。
 内モンゴルにフェロニッケル企業は15社あり、現在生産稼働中の企業は2~3社程度で、稼働中の企業も次々と減産している。それによって、通常のフェロニッケル生・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

フィリピン:フィリピン第2位のニッケル企業、中国宝武鉄鋼社に200万tのニッケル鉱石を提供する予定

 安泰科によれば、ニッケル生産企業であるGLOBAL Ferronickel Holdings社(FNI社)は、2018年内に中国宝武鉄鋼社にニッケル鉱石200万tを提供する予定と発表した。
 現地の証券取引所に提出した報告書によると、FNI社の子会社であるPlatinum Group Metals Corp社(PG・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国罕王有限公司傘下のニッケル鉱山、生産・販売を再開

 中国罕王有限公司は、インドネシアで保有しているニッケル鉱山に対する生産・販売を再開することを発表した。
 中国罕王社は、インドネシアのスラウェシ州に世界で最も品質の高いラテライトニッケル鉱山を保有している。当該鉱山は、世界レベルの超大規模ニッケル資源を保有しており、ニッケル金属量は480万tに達し、平均品位はNi ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:防城港フェロニッケルプロジェクト、1年半の生産停止後再開へ

 防城港市港口区工業情報化局によると、港口区にある広西金源ニッケル業有限公司のフェロニッケル生産ラインは、正式に生産再開した。2017年6月末に生産を開始し、7月中旬頃にフル稼働の状態になる。
 金源公司のフェロニッケルプロジェクトは、第12次5か年計画期間中に防城港市が導入した大手プロジェクトの一つで、ラテライトニ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:レアアース等24種鉱物資源を戦略的鉱物目録に導入へ

地元報道によれば、2016年11月29日、国土資源部は北京で行った記者会見で、国の経済安全や国防安全を保障し、戦略的新興産業の成長需要に応じるため、中国国務院は「全国鉱物資源計画(2016~2020年)」(以下「計画」と略称する)を承認、採択し、石油、天然ガス等24種鉱物資源を戦略的目録に初めて取り入れた。 導入した2・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト アンチモン クロム コバルト ジルコニウム タングステン ニッケル リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:上海先物取引所のニッケル在庫容量は33%増の13.6万tに拡大

安泰科によれば、上海先物取引所はニッケル在庫容量を33.3%増となる13.6万tに拡大させる。倉庫は上海、浙江及び江蘇省に配置している。 2016年6月8日に発表した声明によると、上海先物取引所が保有する5ヵ所の倉庫及び新たに・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年7月からニッケル鉱石資源税を従価課税方式に切り替え

安泰科によれば、2016年5月10日、財政部及び国家税務総局は、「資源税改革の全面的な推進に関する通達」を共同で発表した。2016年7月1日から資源税の全面的な改革を促進する。 通達によると、21品目及び名称が挙がっていないその他の金属鉱種に対し従価課税方式を実施する。課税基準は、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

フィリピン:第2位のニッケル生産企業、中国企業と450万tニッケル供給契約締結

安泰科によれば、フィリピン第2位のニッケル生産企業Global Ferronickel Holdings Inc社は、宝鋼(Baosteel)を含む中国側企業とニッケル鉱石供給契約を結んだ。これらのニッケル鉱石は同社2016年年間生産目標の90%近くを占める。同社はニッケル鉱石450万wtを中国側3社に提供する。納期を・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:フェロニッケル生産企業11社、2016年ニッケル20 %減産を提議

 現地報道によれば、11月にニッケル生産企業が共同で減産計画を実施したのに続き、フェロニッケル企業も協調減産体制に加わった。国内主要フェロニッケル企業11社は「中国中・高フェロニッケル企業提議書」を発表し、不当な販売競争活動に参加しないことを表明した。  2015年12月15日、中国ニッケル生産企業グ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:中国国土資源部、ニッケル等5鉱種について「三率」指標の最低基準を設定

 現地報道によれば、中国国土資源部弁公庁は、ニッケル、錫、アンチモンなど5鉱種について鉱物資源に対する合理的開発利用の「三率」(採掘実収率、選鉱実収率、随伴共生資源の総合利用率)に関する最低指標要求(試行案)について意見を募集している。  そのうちニッケルの露天掘り採掘実収率を88 %以上に設定、新規・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

豪:五鉱資源、豪州西部のニッケル鉱山開発分野に進出へ

 安泰科によれば、五鉱資源有限公司は事業分野を銅、亜鉛と鉛以外の分野に拡張する予定で、2020年までにトップレベルの中規模ベースメタル企業になることを目指す。また、ニッケル探査分野へ進出し、今後豪州西部のFraser Rangeニッケル鉱山開発に乗り出す。  同社は、2021年までに、探査分野に対し1,・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

インドネシア:新華聯、フェロニッケルプロジェクトにおける合弁企業を設立

安泰科によれば、新華聯集団は、インドネシア中央大資源とともに、フェロニッケル製錬プロジェクトのために合弁子会社を設立する。同子会社の名称はPT Macrolink Omega Adiperkasa (MOA)である。当合弁企業は、新華聯集団が60 %の権益を保有し、インドネシア中央大資源が40 %の権益を保有する。
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:フェロニッケル生産、次第に年間20万tまで縮小

 安泰科によれば、中国はニッケル価格の下落や厳しい環境保護規制によって、中国のフェロニッケル生産は次第に年間20万tの生産レベルまで減少する。  中国は、2006年に日本を抜き、世界最大のニッケル消費国となり、過去10年間で日本のニッケル消費伸び率は2.7 %まで下がった一方、中国のニッケル消費伸び率は・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2015年ニッケル消費量は97万tに達する

 安泰科によれば、中国2015年のニッケル消費量は97万tに達し、対前年比5.3 %の増加となる見込み。そのうちステンレスの消費は82 %、電気メッキ7 %、鋳造合金5 %、バッテリー2 %、その他3 %を占めている。  2015年ステンレス粗鋼生産量は2014年の生産とほぼ一致し、2,190万tで、世・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年フェロニッケル生産は35万tに減少する見込み

 安泰科によれば、2015年中国一次ニッケル生産量は約62万tで、対前年比11 %の減少となる見込み。そのうちフェロニッケル生産は38万t、2013年には中国フェロニッケルの生産は最高生産量の50万tに達した。安泰科の予測によると、ニッケル価格は比較的低く、中国国内の環境保全に対し力を入れ、いくつかのフェロニッケル生産・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

インドネシア:中国・陝西星王持株集団、ニッケル新材料プロジェクトに300億元を投資

陝西星王投資持株有限公司は1996年に設立され、本部は西安ハイテク地域に位置し、主に新材料、石炭化学新エネルギー製品の研究開発と生産、非鉄金属の開発、製錬、加工と貿易及び不動産等分野で事業を行っている。現地報道によれば、同社は、年間生産能力300万tのニッケル新材料プロジェクトに投資する。同プロジェクトはインドネシアス・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ