閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ニッケル

インドネシア:中国企業、インドネシア企業と共同でニッケル製錬所を建設予定

 安泰科によれば、インドネシアの国有企業である多種金属公司は、2017年パプア州でGapニッケル製錬所を建設した後、パプア州ソロンまたはEast Halmahera経済特別区で製錬所を増設する予定。
 協力パートナーを求めるために、8月中に入札を行うこととしており、中国企業3社とフィリピン企業1社が応札を行う予定。今・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国投資者、インドネシアでリチウム電池事業を展開予定

 安泰科によれば、中国投資者は、インドネシアの北マルク州のNorth Halmaheraに位置するリチウム電池の構成部品となるニッケルを加工するための工場の建設に関心を持っている。リチウム電池は、主に電動自動車のエネルギー源として用いることとしている。
 中国の投資関係者は、第1段階のニッケル工場建設に50億US$を・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:休山中のTAS州Aveburyニッケル鉱山、2019年前半から操業再開か

 2018年8月7日付のメディアは、豪州の非上場企業であるDundas社がTAS州のAvebury Ni鉱山を2019年前半に操業再開させることを計画しており、スイスの商社であるTransamine社との間でオフテイク契約を締結した、との関係筋の情報を報じている。報道によると、Avebury鉱山は2009年以降休山状態・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:BHPのNickel West部門、2040年までのWA州におけるニッケル鉱山操業継続に向けた開発方針を報告

 2018年8月6日付の地元メディアは、同日開催された鉱業大会においてBHPのNickle West部門が、2040年まで操業を継続することを見据え、新たなニッケル鉱床の開発をWA州で実施する方針であることを明らかにした。現在、Mt Keith鉱山の衛星鉱床の一つであるYakabindie鉱床の開発に向けた許認可手続き・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:GME社、WA州NiWestニッケル-コバルトプロジェクトのPFS結果を発表

 2018年8月2日付のメディアによると、豪GME社はWA州で推進するNiWestラテライトNi-CoプロジェクトのPFS結果を発表した。同プロジェクトは埋蔵量64.9mt、品位:Ni 0.91%、Co 0.06%が計上されており、27年間の山命で456ktのNiと31.4ktのCoを生産することを想定した操業に要する・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

英:LME、新規商品上場、電子取引での清算値決定といった提案に対するコンサルテーションを実施

 2018年8月1日付けLMEのプレスリリースによると、LMEは市場参加者のフィードバックを基に2017年9月に発行したStrategic Pathwayを進めるために一部の規則変更及び新商品等を提案、そのためのコンサルテーションを開始したことを発表した。提案された内容には、2019年1月から熱延コイル(北米、北欧、F・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト コバルト ニッケル モリブデン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ