閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: パラジウム

南ア:Royal Bafokeng Platinum社、2019年上半期の決算報告

 2019年8月7日付けで、南ア・PGM生産者Royal Bafokeng Platinum社(RBPlat)は2019年上半期の決算報告を行い、Bafokeng Rasimone 白金族鉱山の利益は140%増の356.3mZAR(南ア・ランド:23.5mUS$相当)であった。本増益に関しては、同鉱山のSouth Sh・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Royal Bafoken Platinamu、Styldrift鉱山の立ち上げで損失を見込む

 2019年7月23日付けでRoyal Bafoken Platinum(RBPlat)社が上半期(6月末まで)の決算見込みを発表した。北西部に位置する機械化されたStyldrift鉱山の生産開始に伴い、前年同期比で4E(プラチナ、パラジウム、ロジウム、金)21.1%増を生産し、プラチナは21.3%増加し、会社として過・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Implats、債券の大半を株式に転換

 2019年7月23日付け南アImpala Platinum Holdings Ltd.(Implats)の発表によると、2022年満期の3.25%転換社債250mUS$のうち、249.8mUS$を株式に転換する。Implatsは今月初めに債券保有者に転換権の行使を要請していた。既存債務の削減と再構築を通じて財務状況を・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英:Amplats社と加PTM社が白金・パラジウムを用いた次世代電池開発のJV企業を設立

 2019年7月15日付け、英Anglo American Platinum社(Amplats)の発表によると、同社と加Platinum Group Metals社(PTM)は、白金とパラジウムを用いた次世代電池技術の開発を加速すべく、JV会社Lion Battery Technologies社を設立した。同社はフロリ・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア・米Sibanye-Stillwater社によるLonmin社買収が完了

 2019年5月28日付け南ア・米の金・白金生産者Sibanye-Stillwater(Sibanye)社及び南ア・英Lonmin社の発表によると、両社の株主総会にてSibanye社によるLonmin社の買収が承認された。この買収により、Sibanye社は、Anglo American Platinum社を抜いて世界最・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

加:加Generation Mining社、Sibanye-Stillwater社のMarathon PGM・銅プロジェクトに参入

 2019年4月17日付け加Generation Mining社のニュースリリースによると、南ア・米国Sibanye-Stillwater社は所有する加ON州のMarathon PGM・銅プロジェクトへの同社のEarn-inに係るLOIを締結したとのこと。3.0mC$のキャッシュ支払い、8.0mC$のファイナンス、3.・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:ロシア公社との新規白金族鉱山の開発に40億US$の契約を完了

 2019年4月10日付けメディアによると、ロシア公社とジンバブエ公社のJV会社Great Dyke Investment社による新規白金族鉱山の開発に係る契約が完了したと、ジンバブエKambamura鉱山省副大臣が語った。詳細は伏せたものの、同社により2014年から続くプロジェクトであり、鉱山及びインフラに40億US・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Implats社、2018年12月末までの営業成績を発表、パラジウム・ロジウムの高騰で収益性を回復

 2019年2月28日付けニュースリリースにて、Implats社は2018年12月末までの半年間の営業成績を暫定的な数値として発表した。前年同期と比べて収益性の改善が見られたとし、2018年8月に発表されたRustenburg鉱山・製錬所のリストラの効果に加え、パラジウム・ロジウム・ニッケルの市場価格の高騰と米ドル安の・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年生産実績と2019年生産予想

 2019年1月30日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年のパラジウム生産量は前年比1.83%減の272万9,000oz(84.9t)、プラチナ生産量は前年比2.54%減の65万3,000oz(20.31t)であった。若干の生産減少は、外部原料の処理を中止したことによる。2018年の自社原・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Norilsk Nickel社、今後5年間で120億US$以上を投資予定

 2018年12月10日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、今後5年間で120億US$以上の投資を予定している。同社のVladimir Potanin社長が2018年12月のプーチン大統領との会談で述べた。環境規制が厳しくなっていることを背景にパラジウムとプラチナの需要は高く、空気浄化触媒の製造の・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社のファンド、2019年もパラジウム購入を継続

 2018年11月19日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社のGlobal Palladium Fundは、2019年もパラジウムの購入と工業需要家への供給を継続する。ファンドが購入できるのは最大で60万oz(18.7t)であるが、実際の規模は需給状況による。Norilsk Nickel社は、2018・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年第2四半期及び上期の生産実績

 2018年7月31日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年第2四半期(Q2)及び上期の生産実績は以下のとおりであった。
 国内事業所による2018年Q2のパラジウム生産量は79万7,000oz(前期比40%増)、プラチナ生産量は19万5,000oz(同44%増)であった。生産増加は、Q1・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年第1四半期の生産実績

 2018年4月26日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年第1四半期(Q1)の生産実績は、以下のとおりである。
 ニッケル総生産量は5万4,000t(前年同期比1%増)、自社原料によるニッケル生産量は5万3,000t(前年同期比8%増)であった。生産量増加は、生産施設再配置により、北極圏・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、ムルマンスク州で白金族金属の大規模鉱徴を発見

 2018年1月12日付の地元報道等によると、North-West PGO社(Rosgeologia社傘下)は、2017年、ムルマンスク州Monchegorsk鉱産地方(Nittis-Kumuzhya-Travyanaya及びNyud-Moroshkovoeエリア)において、ニッケル52万5,000t、銅46万4,00・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018~2020年の戦略

 2017年11月20日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、2018~2020年の自社原料によるパラジウム及びプラチナの年産量を約100~105tと予想している。また、2018~2020年のニッケル年産量は21万~21万5,000t、銅年産量は40万~42万t(Bystrinskyプロジェクトを除・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2017年第3四半期及び1~9月期の生産実績

 2017年10月30日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2017年第3四半期及び1~9月期の生産実績は以下のとおりであった。

・ニッケル
 2017年Q3のニッケル生産量は、前期比10%増の5万4,000t、自社原料からのニッケル生産量は前期比10%増の5万3,000tであった。Nori・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシアの2017年上期のプラチナ・パラジウム生産

 2017年10月11日付の地元報道等によると、ロシア金生産者同盟によれば、ロシアの2017年上期におけるプラチナ生産(採掘、随伴生産、スクラップ・くず処理)は、前年同期比約0.92%減の12.882t、パラジウム生産は6.9%増の45.251tで、2017年はプラチナ生産を25.7~28.1t、パラジウム生産を85.・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

豪:Rox Resources社、WA州CollurabbieプロジェクトのOlympia Ni-Cu-Co-PGE鉱床に関し、資源量の初計上を発表

 2017年8月18日、豪Rox Resources社は同社がWA州で探鉱を実施しているCollurabbieプロジェクトの一環として、Olympia Ni-Cu-Co-PGE鉱床の資源量を初計上したことを発表した。発表によると、Olympia鉱床の予測資源量は573ktで、品位:Ni 1.63%、Cu 1.19%、C・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) コバルト ニッケル パラジウム プラチナ レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ロシア:Monchegorsk鉱産地方のパラジウム資源量は暫定717t

2017年6月20日付の地元報道等によると、North-West PGO 社(Rosgeologia社傘下)は、Monchegorsk鉱産地方(ムルマンスク州)のカテゴリP1+P2のパラジウム換算予測資源量を717tと暫定評価した。この調査は2017年末まで続けられる。2017年第3四半期には掘削・ボーリング作業(延長・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア: Norilsk Nickel社、2017年の自社ファンド向けパラジウム購入量は5t以上を予定

 2017年6月9日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、2017年、自社パラジウム・ファンド向けに前年を越える量のパラジウムを購入する。2016年の購入量は5tであった。
 Global Palladium Fundは、Norilsk Nickel社による出資限度額2億US$のもとで2016年初・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ