閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: パラジウム

南ア:PGM生産者Sibanye-Stillwater、ロジウムのパラジウムによる代替について言及

 2021年3月24日にWeb開催されたPGMs Industry Dayのパネルディスカッションにて、南アPGM生産者Sibanye-Stillwater社のCEO Neal Froneman氏が、次の投資としてはロジウムをパラジウムによって代替することである旨を語り注目された。現在、同社及びImpala Plati・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Northern Capeにて豪Orion Minerals社、ニッケル・銅・コバルトの浅所着鉱を得る

 2021年3月22日付け豪Orion Minerals社の発表によると、同社が探鉱中のJacomynspan鉱床(Northern Cape州)にて実施したボーリングにおいて、新たにニッケル・銅・コバルト・PGMの着鉱を確認した。地表下85mからの比較的浅所の着鉱であり、高品位部でコア長7.00m(品位:Ni 1.5・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム コバルト ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Implats社、記録的な半期財務実績(2020年12月末期)を発表

 2021年2月25日付けImpala Pratinum(Implats)社は、2020年12月末までの半期財務実績を発表した。PGMの堅調な価格と現地通貨ランド(ZAR)安の影響で、売上げ58,121mZARは前年同期の2倍になり、Gross profit 22,366mZAR(263%増)、EBITDA 25,06・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム その他 PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社、2020年のIFRS利益は39%減

 2021年2月16日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2020年の純利益(IFRS準拠)は3.634bUS$で、前年比39%の減益となった。
 2020年の収益は15%増の15.545bUS$となり、これは主としてパラジウムとロジウムの取引所価格上昇、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナート・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム その他 ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

中国:白金族金属の供給が以前不足、ロジウムは最高価格を更新

 安泰科によると、Nedbank銀行のアナリストArnold Van Graan氏は、白金族金属市場、特にパラジウムとロジウムの長期的な供給逼迫の可能性が高く、これは白金族金属価格を下支えすることが予想されると述べた。供給の逼迫、市場の不足、中国の自動車触媒の需要の強さにより、ロジウム価格は引き続き過去最高値を記録した・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年パラジウム・プラチナの輸入状況

 中国税関統計によると2020年12月、パラジウムの輸入総量は前月比27.96%減の3.86tで、前年同月比56.52%増となった。2020年通年の輸入総量は前年比93.55%増の41.88tであった。そのうち、未圧延パラジウム・粉末輸入総量は41.14t、パラジウム板・シート状の輸入量は0.73tであった。
 また・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

ロシア:Norilsk Nickel社の2020年生産実績と2021年生産予想

 2021年1月29日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2020年におけるパラジウム生産量は、前年比3.3%減の2,826千oz(87.898t)、プラチナ生産量は前年比1.0%減の695千oz(21.617t)であった。2020年における国内事業所のパラジウム生産量は2,809千oz(前年比2・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

南ア:Sibanye-Stillwater社、白金・パラジウム市場のサプライチェーンに係る責任ある調達認定を取得

 2021年2月2日付けSibanye-Stillwater社の発表によると、同社の南アPGM精錬所が、ロンドン白金・パラジウム市場(LPPM)の責任ある調達に係る認定を取得したことを発表した。同認定取得は、LPPM Responsible Sourcingガイダンスへの準拠が監査により確認され、サプライチェーンにおい・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社のパラジウムファンド、最初のトークンを発行

 2020年12月22日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社が2016年に設立したGlobal Palladium Fund(GPF)は、Traxys社及びUmicore社との契約の一部をデジタル化するための最初のトークンを発行し、全サプライチェーンの効率性・透明性確保を目的とするデジタル取引への移・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム その他 ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:2020年は110の金鉱床を発見

 2020年12月15日付けの地元報道等によると、ロシアでは2020年に新たに110の金鉱床(総埋蔵量145.394t)が発見されたことを連邦地下資源利用庁(Rosnedra)が報じた。主な地域別の状況は以下のとおりである。
・アムール州
 発見数は最多の26鉱床。特に、Amurgeoresurs社はTalgins・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

中国:国内パラジウム価格が20%以上高騰

 現地報道によると、国内自動車市場の急速な回復と、自動車排気ガス基準の厳格化がパラジウムの需要を拡大させた。2020年11月、中国国内のパラジウム価格は高騰後に一時下落したものの、再び高騰する傾向にある。同月の平均価格は570.71元/gであり、前月比9.04元下落し、前年同月比では25.91%増であった。
鉱種:
パラジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:Pilanesburg PGM鉱山の拡張と湿式製錬プロセスの導入計画

 2020年12月11日付けメディアによると、南アPGM生産者のSedibelo Platinum Mines社は、同社が操業するPilanesbuerg PGM鉱山を拡張するとした。同鉱山と隣接して、約60百万oz(4E PGM)の資源量を持つ3鉱床(Triple Crown)が賦存しており、同鉱床の鉱石を2023年・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ベースメタル ロジウム コバルト PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社、2021年のPGM生産は105~111tを予定

 2020年12月1日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社は2021年におけるニッケル生産量は220~230千t、白金族金属(PGM)生産量は105~111tを予定している。
 2022~2023年のニッケル生産量は年間215~225千t、PGM生産量は年間100~110tと予想されている。銅の生・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

中国:安泰科、足元のプラチナ及びパラジウム需給について

 安泰科によると、南アのプラチナ鉱山は再編に直面しており、ロシアの白金族金属生産は、ベースメタルの生産に制限されており在庫数が削減している。需要側は、自動車排出基準の向上、燃料電池自動車開発、プラチナとパラジウム間の交替利用、プラチナ及びパラジウムの投資見通しの影響を受けている。コロナ禍で南アは21日間の「封鎖措置」を・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム PGM(白金族)
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:PGM生産者Implats社、2020年7~9月期の生産増で順調な年度スタート

 2020年10月30日付け南アImpala Platinum社(Implats)の発表によると、2020年7~9月第1四半期の生産はコロナ禍の影響を受けつつも6E精鉱859千oz(前年同期比11%増)、6E精錬製品870千oz(前年同期比58%増)であった。Nico Muller CEOは「2021年度にむけて、安全・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ ルテニウム パラジウム ロジウム イリジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社の2020年1~9月期の生産実績

 2020年10月20日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2020年1~9月期のニッケル生産量は前年同期比ほぼ横ばい、銅と白金族金属(PGM)の生産量は若干の減少となった。PGMの生産減少は、大量の仕掛品在庫を処理した前年同期の生産量が大きかったことによる。銅生産の減少は、Rostec社から購入・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム 鉄鉱石 ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Russian Platinum社、Chernogorskoe銅・ニッケル鉱床(クラスノヤルスク地方)の開発準備を開始

 2020年10月14日付けの地元報道等によると、Russian Platinum社は、Chernogorskoe銅・ニッケル鉱床(Norilsk工業地区)の採鉱場で剝土作業を開始した。なお、現時点でUrantsvetmet社はChernogorskoe鉱床での探査を終えつつある。
 Chernogorskoe銅・ニ・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

南ア:Tharisaクロム・PGM鉱山、ロックダウンの影響を受けつつも、前年度比増の年間生産量

 2020年10月8日付け南ア・英Tharisa社の発表によると、南アTharisaクロム・PGM鉱山(同社74%シェア所有)の2020年度(9月末まで)の年間生産量は、PGM(6E)142.1千oz(前年度比1.78%)及びクロム精鉱1,344.8千t(前年比4.2%増)であった。また、2021年度の生産ガイダンスは・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム クロム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Implats社、2021年度の資本投資を例年より増やす見通し

 2020年9月3日付けImpala Platinum社は、2021年度(2021年6月まで)のガイダンスにおける資本投資額を6,000~6,800mZAR(南ア・ランド:360~409mUS$)に設定した。2020年度の実績4,488mZAR、2019年度の実績3,786mZARと比べて大きな数字を設定した。Impa・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ ルテニウム パラジウム ロジウム イリジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

豪:Australian Vanadium社、WA州Australian Vanadiumプロジェクトの採掘権をWA州政府から取得

 2020年8月31日付けの地元メディアによると、豪Australian Vanadium社は、同社がWA州Murchison地域で進めるAustralian Vanadiumプロジェクトについて、WA州政府から採掘権を取得した。同権利は2020年8月28日から21年間、有効であるとされている。同プロジェクトはAust・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ