閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: プラチナ

中国:2020年のプラチナ輸入量は20%伸びる予想

 安泰科によれば、2020年1~11月のプラチナ輸入量は、前年同期比23.51%増の80.86tであった。そのうち未圧延プラチナ・プラチナ粉末の輸入合計は54.76t、プラチナ板・シード材料の輸入量29.91tであった。2020年プラチナ輸入量は85tで、2019年より20%伸びる予想である。
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

ロシア:2020年は110の金鉱床を発見

 2020年12月15日付けの地元報道等によると、ロシアでは2020年に新たに110の金鉱床(総埋蔵量145.394t)が発見されたことを連邦地下資源利用庁(Rosnedra)が報じた。主な地域別の状況は以下のとおりである。
・アムール州
 発見数は最多の26鉱床。特に、Amurgeoresurs社はTalgins・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

EU:ハイテク製品等の原材料確保に向けた計画を実施

 Mining.comの報道によると、EUはハイテク製品等に関して国内生産を拡大し、重要な元素であるレアアースの回収を高めることによって、30種の主要な原材料の安定的供給を確保する計画を開始した。300社余りの企業や商業関連の協会、あるいは政府を含む欧州原材料連盟(ERMA、European Raw Materials・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ アルミニウム/ボーキサイト レアアース/希土類 コバルト ストロンチウム チタン ニオブ ボロン/ホウ素 リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:Pilanesburg PGM鉱山の拡張と湿式製錬プロセスの導入計画

 2020年12月11日付けメディアによると、南アPGM生産者のSedibelo Platinum Mines社は、同社が操業するPilanesbuerg PGM鉱山を拡張するとした。同鉱山と隣接して、約60百万oz(4E PGM)の資源量を持つ3鉱床(Triple Crown)が賦存しており、同鉱床の鉱石を2023年・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ベースメタル ロジウム コバルト PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社、2021年のPGM生産は105~111tを予定

 2020年12月1日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社は2021年におけるニッケル生産量は220~230千t、白金族金属(PGM)生産量は105~111tを予定している。
 2022~2023年のニッケル生産量は年間215~225千t、PGM生産量は年間100~110tと予想されている。銅の生・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

その他:World Platinum Investment Council、プラチナの2020年第3四半期需給等を発表

 2020年11月18日付けのプレスリリースによると、World Platinum Investment Council(WPIC)は、プラチナの2020年の第3四半期需給、2020年通年の予測、2021年の予測等について発表した。
 2020年第3四半期については、世界経済の状況が2020年上半期と比較して改善した・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ロシア:Koryakgeoldobycha社、2020年はプラチナを採掘及び生産せず

 2020年11月11日付けの地元報道等によると、Koryakgeoldobycha社は、2020年はカムチャツカ地方Ledyanoi川でのプラチナ採掘及び生産を行わない。採掘停止は、鉱床資源開発の新たな技術ソリューション導入に伴うものである。Koryakgeoldobycha社は2018年もカムチャツカ地方でプラチナ・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

英:GlobalData社、2020年の世界のプラチナ需要は前年比7.2%減と予測

 2020年10月21日付けのプレスリリースによると、英GlobalData社は、2020年の世界プラチナ需要は新型コロナウイルスにより自動車部門と宝飾品部門からの需要が大幅に低下することから前年比で7.2%減少すると予測した。同社のSenior Mining AnalystのAnkita Awasthi氏は、中国と日・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

中国:安泰科、足元のプラチナ及びパラジウム需給について

 安泰科によると、南アのプラチナ鉱山は再編に直面しており、ロシアの白金族金属生産は、ベースメタルの生産に制限されており在庫数が削減している。需要側は、自動車排出基準の向上、燃料電池自動車開発、プラチナとパラジウム間の交替利用、プラチナ及びパラジウムの投資見通しの影響を受けている。コロナ禍で南アは21日間の「封鎖措置」を・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム PGM(白金族)
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:PGM生産者Implats社、2020年7~9月期の生産増で順調な年度スタート

 2020年10月30日付け南アImpala Platinum社(Implats)の発表によると、2020年7~9月第1四半期の生産はコロナ禍の影響を受けつつも6E精鉱859千oz(前年同期比11%増)、6E精錬製品870千oz(前年同期比58%増)であった。Nico Muller CEOは「2021年度にむけて、安全・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ ルテニウム パラジウム ロジウム イリジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社の2020年1~9月期の生産実績

 2020年10月20日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2020年1~9月期のニッケル生産量は前年同期比ほぼ横ばい、銅と白金族金属(PGM)の生産量は若干の減少となった。PGMの生産減少は、大量の仕掛品在庫を処理した前年同期の生産量が大きかったことによる。銅生産の減少は、Rostec社から購入・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム 鉄鉱石 ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Russian Platinum社、Chernogorskoe銅・ニッケル鉱床(クラスノヤルスク地方)の開発準備を開始

 2020年10月14日付けの地元報道等によると、Russian Platinum社は、Chernogorskoe銅・ニッケル鉱床(Norilsk工業地区)の採鉱場で剝土作業を開始した。なお、現時点でUrantsvetmet社はChernogorskoe鉱床での探査を終えつつある。
 Chernogorskoe銅・ニ・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

その他:World Platinum Investment Council、2020年第2四半期のプラチナ需要は前年比19%減、供給は同比35%減と発表

 2020年9月8日付けのプレスリリースによると、World Platinum Investment Council(WPIC)は、2020年第2四半期実績、2020年需給予測等について発表した。2020年第2四半期のプラチナ需要は新型コロナウイルスによる自動車及び宝飾品向けの減少等により前年比19%(387千oz)減・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:Implats社、2021年度の資本投資を例年より増やす見通し

 2020年9月3日付けImpala Platinum社は、2021年度(2021年6月まで)のガイダンスにおける資本投資額を6,000~6,800mZAR(南ア・ランド:360~409mUS$)に設定した。2020年度の実績4,488mZAR、2019年度の実績3,786mZARと比べて大きな数字を設定した。Impa・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ ルテニウム パラジウム ロジウム イリジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ドイツ:Aurubis社、2020年第3四半期は91%増益

 2020年8月11日付けのプレスリリースによると、ドイツAurubis社における2020年3四半期分(9か月分)の税引前利益が133m€となり、前年同期の125m€を超えたと発表された。なお、2020年第3四半期(3か月分)の税引前利益は42m€であり、前年同期から91%増となった。溶錬及び精錬費は安価であったが、良・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ PGM(白金族)
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:WPIC、自動車販売の減少によるプラチナ需要への悪影響を指摘

 2020年7月31日付けのメディア情報によると、World Platinum Investment Council(WPIC)は、自動車販売の減少がプラチナの需要に悪影響をあたえると同カウンシルのHP上で指摘した。プラチナにとって自動車部門は最大の需要先であり、年間のプラチナ需要の約40%を占めている。2020年上半・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ロシア:Norilsk Nickel社の2020年上期の生産実績

 2020年7月29日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2020年上期のパラジウム生産量は前年同期比17.16%減の1.27百万oz(39.501t)、プラチナ生産量は16.75%減の323千oz(10.046t)となった。

Norilsk Nickel社の金属生産動向

・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

英:Anglo American、2020年第2四半期の生産報告書を公表

 2020年7月16日付けのプレスリリースによると、英Anglo Americanは2020年第2四半期の生産報告書を公表した。2020年の第2四半期の生産量は、銅が167千tで前年同期比5%増、ニッケルが10.8千tで同10%増の一方、プラチナは307千ozで同41%減、パラジウムは228千ozで同34%減、マンガン・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ニッケル PGM(白金族) マンガン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:Amplats Mogalakwena白金族鉱山、水素燃料トラックのパイロット試験を2021年に開始予定

 2020年7月2日付けメディアによると、Anglo Americanは、鉱石運搬トラックのディーゼル燃料を水素燃料に切り替える計画を進めている。2021年にはパイロット試験を南ア・Anglo American Platinum(Amplats)社のMogalakwena白金族鉱山にて開始し、上手くいけば同社の他鉱山に・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

その他:World Platinum Investment Council、新型コロナウイルス肺炎対応におけるプラチナの重要性を強調

 2020年6月11日付けのメディア情報によると、PGMは新型コロナウイルス肺炎に対応するため医療分野において重要な役割を担っており、特にプラチナがこれまで以上に重要になると述べている。World Platinum Investment Council(WPIC)によると、例えば、プラチナは他の電極オプションと比べて応・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ