閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: プラチナ

加:North American Palladium社、Sunday Lake白金族探鉱プロジェクトの51%の権益取得

 パラジウムの生産者である加North American Palladium(NAP)社がON州Thunder Bayの北西106kmにあり100%権益を有するLac des Iles白金族鉱山からの記録的な収益を背景に、同鉱山の60km南部に位置するSunday Lake白金族プロジェクトの51%権益を取得し、存在感・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏

南ア:Sibanye社のMarikana白金鉱山、5千人規模のリストラの協議に入る

 2019年9月25日、南ア・米Sibanye-Stillwater社の発表によると、同社所有のMarikana白金鉱山のリストラに関し、利害関係者との協議に入った。本リストラは、同鉱山の損失が続く中、経営を立て直すために採算性の悪いシャフトの操業停止に伴うもの。Sibanye社は、Marikana鉱山を所有していたL・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ 貴金属
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

その他:World Platinum Investment Council、2019年のプラチナ需給予測を375千ozから345千ozへと供給過剰幅減少

 2019年9月6日付けの発表によると、World Platinum Investment Council(WPIC)は、2019年のプラチナの需給について、2019年第2四半期の動向を考慮し、予測の供給過剰幅を375千ozから345千ozへわずかに減少させた。2019年のプラチナの総需要は2018年と比べて9%上昇の・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:Northam Platinum社、堅調な通年業績を報告

 2019年8月22日付け、Northam Platinum社の発表によると、2019年6月末までの通年の利益は前年比226.7%増の1.4bZAR(南ア・ランド:920mUS$相当)であった。4E(Pt、Pd、Rh、Au)の生産量が7.4%増の519,954ozであり、Booysendal鉱山とZondereinde・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Royal Bafoken Platinamu、Styldrift鉱山の立ち上げで損失を見込む

 2019年7月23日付けでRoyal Bafoken Platinum(RBPlat)社が上半期(6月末まで)の決算見込みを発表した。北西部に位置する機械化されたStyldrift鉱山の生産開始に伴い、前年同期比で4E(プラチナ、パラジウム、ロジウム、金)21.1%増を生産し、プラチナは21.3%増加し、会社として過・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Implats、債券の大半を株式に転換

 2019年7月23日付け南アImpala Platinum Holdings Ltd.(Implats)の発表によると、2022年満期の3.25%転換社債250mUS$のうち、249.8mUS$を株式に転換する。Implatsは今月初めに債券保有者に転換権の行使を要請していた。既存債務の削減と再構築を通じて財務状況を・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英:Amplats社と加PTM社が白金・パラジウムを用いた次世代電池開発のJV企業を設立

 2019年7月15日付け、英Anglo American Platinum社(Amplats)の発表によると、同社と加Platinum Group Metals社(PTM)は、白金とパラジウムを用いた次世代電池技術の開発を加速すべく、JV会社Lion Battery Technologies社を設立した。同社はフロリ・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア・米Sibanye-Stillwater社によるLonmin社買収が完了

 2019年5月28日付け南ア・米の金・白金生産者Sibanye-Stillwater(Sibanye)社及び南ア・英Lonmin社の発表によると、両社の株主総会にてSibanye社によるLonmin社の買収が承認された。この買収により、Sibanye社は、Anglo American Platinum社を抜いて世界最・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英:各社がプラチナウィークに合わせプラチナ需給予測を発表

 2019年5月初旬に英国で行われているプラチナウィークに合わせ、プラチナ関係各社がプラチナの需給予測を発表した。World Platinum Investment Council(WPIC)は、2019年は37.5万ozの供給過剰となると予測した。同社の前回の今年3月のレポートでは、68万ozの供給過剰になると公表し・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

加:加Generation Mining社、Sibanye-Stillwater社のMarathon PGM・銅プロジェクトに参入

 2019年4月17日付け加Generation Mining社のニュースリリースによると、南ア・米国Sibanye-Stillwater社は所有する加ON州のMarathon PGM・銅プロジェクトへの同社のEarn-inに係るLOIを締結したとのこと。3.0mC$のキャッシュ支払い、8.0mC$のファイナンス、3.・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:ロシア公社との新規白金族鉱山の開発に40億US$の契約を完了

 2019年4月10日付けメディアによると、ロシア公社とジンバブエ公社のJV会社Great Dyke Investment社による新規白金族鉱山の開発に係る契約が完了したと、ジンバブエKambamura鉱山省副大臣が語った。詳細は伏せたものの、同社により2014年から続くプロジェクトであり、鉱山及びインフラに40億US・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Polymetal社、2025年にViksha鉱床でプラチナ生産開始へ

 2019年3月18日付の地元報道等によると、Polymetal Int社は、2025年にViksha鉱床(カレリア共和国)でプラチナ生産を開始する予定である。当該プロジェクトは、Polymetal社における長期的(5年超)発展計画の主要プロジェクトの一つ。同社は、2018年にViksha鉱床開発投資を約5億US$と見・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

南ア:南ア鉱業協議会によると電力値上げは9万人の職を脅かす

 2019年3月25日付け南ア鉱業協議会(Mineral Council)の発表によると、先日規制当局の承認を得た電力公社Eskomの電力料金値上げによる鉱山業界への影響は深刻であり、約9万人の職を脅かすことになるとの試算を公表した。3年間の段階的な電力料金の値上げは現在の料金の29.5%以上の値上げになる。2018年・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働裁判所が金・白金鉱山へのストライキ拡大を却下

 2019年3月15日付けメディアによると、南ア労働裁判所が、AMCU(鉱山・建設労働組合連合)から出されていたストライキの要請を却下した。同組合連合は、2018年11月末からSibanye-Stillwaterの金鉱山にてストライキを続けており、他の白金・金鉱山に拡大させる計画であったが、今回、そのストライキの拡大が・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:Karo Mining社の白金鉱山・製錬コンプレックス事業が進捗

 2019年3月8日付けメディアによると、キプロス共和国をベースとするKaro Mining社がジンバブエのグレートダイクにて白金族鉱山開発プロジェクトを進めており、既に72孔12,000mのボーリングを完了し、現在はグレートダイク西端でのボーリングに移行している模様。2018年、同社はジンバブエ政府とプラチナ鉱山・精・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:財務大臣、白金鉱山のオナーシップルールの撤廃に言及

 2019年3月6日付けメディアによると、財務大臣がジンバブエ国内の白金鉱山を外資がコントロールすることを規制するルールの撤廃について語った。ジンバブエでは、ダイヤモンドと白金鉱山について、外資が持てる権益は49%までに制限されることが前ムガベ政権下において定められた。同大臣の発言において、ジンバブエをビジネスに開けた・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英:プラチナ市場は需要が増加するも供給過剰が継続と予想(WPIC)

 2019年3月6日付けのメディア情報によると、World Platinum Investment Council(WPIC)は、2019年のプラチナの世界需要は自動車産業、アクセサリーとその他の産業からの需要が減る一方、投資需要が伸び、5%上昇して7,700千ozになると予想した。WPICの「Platinum Qua・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

南ア:AMCUのストライキに対し、2019年3月7日までの停止命令を労働裁判所が出す

 2019年2月28日付けのメディア情報によると、南アの労働裁判所は、AMCU(鉱山労働者・建設組合連合)に対し、計画しているストライキの実行を裁判所として中止させるかどうかの判決を下すまでは、2月28日に行う予定だったストライキを3月7日まで延期するように命じたと、AMCU及びLonmin社が発表した。AMCUはSi・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

南ア:鉱業協会、金・白金鉱山業界のストライキに懸念を表明

 2019年2月22日付けメディアによると、南アの金・白金鉱山業界15社へのAMCU(鉱山・建設労働組合連合)からのストライキ通知を受け、南ア鉱業協会は懸念を表明した。AMCUは11月末からSibanye-Stillwater社にてストライキを続けており、同じ業界に拡大させる計画。南ア鉱業協会によると、現在、南アの金・・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年生産実績と2019年生産予想

 2019年1月30日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年のパラジウム生産量は前年比1.83%減の272万9,000oz(84.9t)、プラチナ生産量は前年比2.54%減の65万3,000oz(20.31t)であった。若干の生産減少は、外部原料の処理を中止したことによる。2018年の自社原・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ