閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: リチウム

ナミビア:Uis錫鉱床のJORC準拠規程の資源量を発表

 2019年9月16日付け英AfriTin Mining社の発表によると、ナミビアUis錫鉱床(ペグマタイト型鉱床)のJORC準拠規程の資源量は、71.54百万t、品位:Sn 0.134%(錫純分量95,539t)であった。再開発プロジェクトであり、2019年8月には生産を開始し、同年内には月間約60tの錫精鉱の生産を・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:Mali Lithium社、Goulaminaリチウム鉱床開発のパートナーを探す

 2019年9月4日付けメデイアによると、豪ジュニアMali Lithium社は、マリのGoulaminaリチウム鉱床の開発を支援する戦略的パートナーを探し始めた。MDのChris Evans氏は、パースで開催されたAfrica Downunder conferenceでのインタビューにて、「China Minment・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:Kodal社、Bougouniリチウム鉱床開発に係る環境・社会影響調査を提出

 2019年8月23日付け、英ジュニアKodal Minerals社の発表によると、同社がマリ南部に保有するBougouniリチウム鉱床開発の環境・社会影響調査(ESIA)をマリ監督官庁に提出した。採掘ライセンスを取得する手続きの一環であり、環境ベースライン調査の結果やコミュニティへのヒアリング結果などを含む。JORC・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:Goulaminaリチウムプロジェクトの開発許可申請

 2019年8月1日付けメディアによると、豪Mali Lithium Limitedがマリに所有するGoulaminaリチウムプロジェクトに係る開発許可手続きが、次の承認段階に移行した。2019年4月上旬に開発許可申請を提出して以来、マリの地質鉱山局(DNGM)により、すべての技術的要件および規制要件が満たされているこ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

英:Amplats社と加PTM社が白金・パラジウムを用いた次世代電池開発のJV企業を設立

 2019年7月15日付け、英Anglo American Platinum社(Amplats)の発表によると、同社と加Platinum Group Metals社(PTM)は、白金とパラジウムを用いた次世代電池技術の開発を加速すべく、JV会社Lion Battery Technologies社を設立した。同社はフロリ・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Manonoリチウム・錫プロジェクトに関し、豪AVZ社と中国Huayou社が戦略的関係を結ぶ

 2019年6月12日付け豪AVZ社の発表によると、同社と中国Huayou Cobalt社の子会社Huayou International Mining社との間で戦略的関係に入る契約(ノンバインディング)を締結した。Huayou社はAVZ社の9.47%の株式を所有しており、今回の契約により、DRコンゴでコバルト生産の実・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:英African Battery Metals社がHanetiニッケル探鉱プロジェクトに参入

 2019年3月15日付け英African Battery Metals社のプレスリリースによると、同社は英Katoro Gold社が100%保有するタンザニア・Hanetiニッケルプロジェクトへの参入を決めた。契約上、Katoro Gold社の新規株式(最大10百万株、10万£相当)を購入し、最大12.5万£を拠出す・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ