閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: リチウム

ボリビア:Echazú次官、蒸発資源産業化に向けた今後の計画に言及

 2019年6月13日付け地元紙によると、Oruroを訪問中のAlberto Echazúエネルギー高度技術次官は、政府がPotosi県とOruro県に、2024年までに蒸発資源産業化の14のプラントを設置する予定であり、その一部はボリビア政府独自のプラントとなるが、その他はドイツや中国との提携の下で創設されると報告し・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム その他 ボロン/ホウ素 リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusaniリチウム・ウランプロジェクト、環境評価未認可の探鉱を実施していたことを認める

 2019年6月11日及び12日付け地元紙によると、2018年半ばに大規模なリチウム資源の存在が報じられたMacusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)について、本プロジェクトが位置するCorani区のCaceres区長は、Macusani Yellowcake社が環境評価手続きの認可を受けない状態で探鉱活・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusaniリチウム・ウランプロジェクト、2022年の採掘開始目指す

 2019年5月14日付け地元紙によると、Macusani Yellowcake社のSolis社長は、Macusaniリチウム・ウランプロジェクトにおける最初のプラントに係る環境影響評価(EIA)を2019年下半期に実施し、2021年に承認を取得、2022年に操業を開始したいとの見通しを示した。また、現在本プロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、リチウム開発に向けた制度の準備に着手

 2019年5月4日付け地元紙によると、Ismodesエネルギー鉱山大臣は、外国人記者協会での会見において、ペルー政府が米国国際開発庁(USAID)及びペルー原子力研究所(IPEN)の協力の下、リチウムおよびウラン開発を目的とした規則の枠組みを準備中である旨明らかにした。同大臣は、既に存在する規則の原案を基にUSAID・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ウユニ塩湖南東部のリチウム埋蔵量、21百万tに達すると報告

 2019年2月22日付け地元紙によると、Echazúエネルギー高度技術次官は、米国のコンサルタントSRKが旧蒸発資源局の事前調査を基にウユニ塩湖南東部を調査した結果、リチウム埋蔵量21百万t(純分)が算出されたことを明らかにした。
 Echazú次官は、本埋蔵量は世界最大であるとしたほか、70年代に仏企業Orsto・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusaniリチウム・イオンプロジェクト、中国・韓国投資家が関心を示す

 2019年3月6日付け地元紙によると、加Plateau Energy社が、Macusaniリチウム・イオンプロジェクト(Puno州)Falchani鉱床における新たな探鉱活動によりリチウム資源量が4.71百万tへと倍増する見通しを示したことに関して、現地子会社Macusani Yellowcake社のSolis社長は・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ボリビアリチウム公社、中国企業とCoipasa塩湖とPastos Grandes塩湖のリチウム産業化プラント建設のための予備合意に署名

 2019年2月6日付け地元紙によると、同日、ボリビアリチウム公社(YLB)のMontenegro総裁は、Xinjiang TBEA Grup Compani Ltda.のJianfeng米州部長、Baocheng Desarrollo y Tecnología del Salar SRL.のJianlin He社長と・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム ナトリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Plateau Energy社、リチウム資源量増加の見通しを発表

 2019年2月11日付け地元紙によると、Plateau Energy社(カナダ)は、Macusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)における新たな探鉱活動により、リチウム資源量が倍増する見通しであることを明らかにした。
 本件についてHealeyアナリストは、直近に行われたボーリングにおいて、これまでを上・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:政府、Coipasa塩湖のリチウム産業化を公式に表明

 2019年1月21日付け現地報道によると、ボリビア政府は約2,300mUS$をCoipasa塩湖のリチウム産業化に投資すると公式に伝えた。具体的には、同塩湖において、硫化カリウム、ホウ酸、水酸化リチウム、炭酸リチウム、塩化リチウム、金属リチウム等を、ウユニ塩湖のリチウム産業化と似た条件で生産することである。
 Ál・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cajamarca州・Puno州次期知事、鉱業に関する考え方示す

 2018年12月10日及び17日付け地元紙によると、Cajamarca州のGuevara次期知事は、同氏は鉱業の推進派でも反対派でもなく、あくまでも「発展推進派」であるとしたほか、Cajamarca州は農業や牧畜業の大きなポテンシャルを持つ州であるとコメントした。
 またConga金・銅プロジェクトは過去の激しい争・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Azincourt Energy社、ウラン・リチウムプロジェクト3件の取得を計画

 2018年9月18日付け地元紙によると、加Azincourt Energy社は、1177865B.C.社との間に、ウラン・リチウムプロジェクト3件の取得を目的とした合意書を締結した旨発表した。
 これらはPuno州San Antonio de Putina郡とCarabaya郡のPicotaniエリアに位置するEs・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:地質鉱業冶金研究所(Ingemmet)、リチウム資源ポテンシャル調査に着手

 2018年9月14日付け地元紙によると、リマ市で開催されたフォーラムに出席した地質鉱業冶金研究所(Ingemmet)のLuna長官は、Ingemmetは80年代にリチウムの探査を行い、Arequipa州でホウ酸塩が豊富なLas Salaresエリアを発見・調査した結果、この湖の周辺にリチウムが存在することが判明したも・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:リチウム資源開発に向けた法制度整備に着手

 2018年8月12日付け及び13日付け地元各紙によると、Vizcarra大統領は、Plateau Energy社によるPuno州における高品位のリチウムやウラン資源発見の発表を受けて、エネルギー鉱山省が今後6か月かけて、これら資源の生産を可能とするための制度を整備する方針を明らかにした。
 一方Inchausteg・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:リチウム埋蔵量の証明書、年末にも完成見込み

 2018年7月20日付け地元紙によると、ボリビア・リチウム公社(YLB)のJuan Carlos Montenegro総裁は19日、現在、北米の企業がリチウム埋蔵量の証明書を作成中であり、本年末には完成見込みであると述べた。
 また、Montenegro総裁は、塩化カリウムの産業レベルプラントはすでに完成し、数日内・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusani Yellowcake社、大規模リチウム鉱床の発見を発表

 2018年7月17日付け地元各紙によると、加Plateau Energy社の現地子会社であるMacusani Yellowcake社のSolis社長は、Macusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)のFalchaniエリアで世界最大規模のリチウム鉱床を確認したと発表した。
 Solis社長は、数週間内に・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ウユニ塩湖の炭酸リチウムプラント建設、中国企業が受注

 2018年5月16日付け地元紙によると、Rafael Alarcónエネルギー大臣は、Potosí県のウユニ塩湖における炭酸リチウムの産業化プラントの建設は、中国企業Maison Engineering社が請け負うこととなったと発表した。同社による建設資金は96mUS$で、建設期間は14か月。ボリビア政府からの正式な・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusaniウラン・リチウムプロジェクト、2018年第2四半期にリチウム資源量を発表

 2018年4月30日付け地元紙によると、Plateau Uranium社(カナダ)は、Macusaniウラン・リチウムプロジェクト(Puno州)におけるFalchaniリチウム鉱床の資源量を第2四半期に発表することを明らかにした。同社のO'Conner CEOは、Falchani鉱床は大規模なリチウム鉱山となる可能性・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:リチウム公社、ドイツ企業をリチウム産業化のパートナーに選定

 2018年4月20日付け地元紙によると、ボリビア・リチウム公社(YLB)のJuan Carlos Montenegro総裁は4月19日、モラレス大統領と会合し、リチウム産業化のパートナーに関心を表明した8社(中国企業5社、カナダ企業1社、ドイツ企業1社、ロシア企業1社)の評価結果を確認し、ボリビア政府はドイツ企業AC・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:リチウム市場価格決定に関するアルゼンチン、チリとの同盟の可能性に言及

 2018年3月6日付け地元紙によると、アルバレス(Normando Álvarez)駐ボリビア亜大使が、リチウムの市場価格決定に、原油でアラブ諸国が同盟を作っているように、ボリビア、アルゼンチン、チリも同盟を組むことを提案したのに対し、エチャス(Luis Alberto Echazú)エネルギー高度技術次官とモンテネ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Montenegro総裁、残留かん水の活用に向けてリチウム公社の会社化を公表

 2018年1月29日付け地元各紙によると、ボリビア・リチウム公社(YLB)のJuan Carlos Montenegro総裁は、電池製造の管理と残留かん水の活用のため、本年中に、YLBが会社化されて「YLB Corporación」となり、少なくとも2社の子会社が設立されると発表した。
 Montenegro総裁は・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ