閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: レアアース/希土類

中国:2018年レアアース、タングステン採掘の総量規制指標はそれぞれ12万t、10万tに設定

 安泰科によれば、2018年7月30日、自然資源部・中国工業情報化部が、2018年レアアース・タングステン採掘総量規制指標に関する通達を公表した。国内優位鉱産資源の保護と合理的利用を図るため、保護性採掘特殊鉱種の管理規定に基づき、2018年には、継続的にレアアース鉱石、タングステン鉱石に対し採掘総量規制を実施する。
・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:Northern Minerals社、WA州Browns Range重希土プロジェクトにおける試験プラントの生産開始を正式発表

 2018年7月27日、豪Northern Minerals社は、WA州で推進しているBrowns Range重希土プロジェクトに関し、試験プラントの生産開始を正式に宣言した。試験プラントの生産開始にあたり、7月27日にWA州のAlannah MacTiernan地域開発大臣が式典に参加。昨年WA州McGowan首相が・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

中国:五鉱レアアース社の生産能力稼働率を40%以内に

 安泰科によれば、現在五鉱レアアース社の生産能力は12,000tで、過去2年、同社のレアアース生産指標は4,627tで、ノルマを達成すれば、生産能力稼働率は40%以内になる。現在、レアアース市況が変動し続けており、同社では市場の動向や同社の実情に基づき、年度生産経営計画案と結び付け、生産経営活動を実施する方針である。
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:「外国企業投資参入許可特別管理措置」によりアンチモン鉱山の探査採掘を外国企業投資禁止対象に

 安泰科によれば、2018年6月28日に国家発展改革委員会及び商務部が「外国企業投資参入許可特別管理措置(ネガティブリスト)」(2018年版)を発表し、2018年7月28日から実行する。当該「ネガティブリスト」の中に「非鉄金属鉱石と非金属鉱石採掘・選鉱・採掘補助活動」への外国企業投資について、タングステン・モリブデン・・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン タングステン モリブデン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~6月、中国レアアース輸出量2.6万t

 安泰科によれば、2018年6月のレアアース輸出量は対前年同月比27.2%増の5,455.5tで、2018年1~6月の輸出量は前年同期とほぼ同量の2.6万tであった。2018年6月のレアアース輸出額は対前年同月比42.7%増の49.5mUS$で、2018年1~6月のレアアース輸出額は対前年同期比26%増の256.7mU・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:厦門タングステン業集団社は、希土類永久磁石電動機産業団地の建設に20億元を投資予定

 安泰科によれば、厦門タングステン業集団社及び傘下の厦門タングステン電動機公司は、厦門市集美区政府と永久磁石電動機に関する協力契約を締結した。厦門市集美区灌口鎮で永久磁石電動機に関する産業団地の建設に投資し、希土類永久磁石電動機産業に対する企業誘致・導入の先頭に立ち、電動機産業クラスターを構築する。直接投資または産業発・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:厦門タングステン業集団社は、福建省三明市国有資産投資公司とレアアース開発企業を共同設立へ

 現地報道によれば、福建省三明市政府によるレアアース新エネルギー産業成長の加速化を図り、三明市の戦略的新興産業配置を行うために、三明市国有資産投資経営公司は、厦門タングステン業集団とレアアース開発公司を設立する。2018年上半期に三明市各県政府と子会社への出資合意書を締結する予定。
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:トランプ政権による対中追加関税措置により、レアアース業界が影響を受ける可能性

 2018年7月17日付の地元メディアは、昨今米中間で繰り広げられている貿易戦争に関係し、7月10日に米トランプ政権が発表した200bUS$規模の追加関税措置対象リストの中にレアアースが含まれており、今後世界のレアアース市場が混乱する可能性があることを豪Lynas社のLacaze社長が警告していると報じた。報道によると・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Platina社、NSW州Owendaleラテライトスカンジウムプロジェクトに関し、スカンジウム処理施設の用地リース契約を締結

 2018年7月12日、NSW州でOwendaleラテライトScプロジェクトを推進している豪Platina社は、NSW州Condobolinにおいてスカンジウム処理施設のための用地リース契約を締結したことを明らかにした。リース用地は道路、電力供給の設備が整っており、またシドニーとパースを結ぶ鉄道沿いに位置しており、イン・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ