閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: 亜鉛

中国:四川省鉛亜鉛企業の生産は九寨溝地震による影響を受けず、環境保護による影響が顕在化

2017年8月8日夜、四川省九寨溝県でマグニチュード(M)7.0の大きな地震が発生した。市場から注目されているその周辺の鉛亜鉛鉱山及び亜鉛製錬所の生産状況に関し、安泰科が調査を行った。 今回の地震は、四川省北部で起こり、四川省内の鉛亜鉛鉱山集中地域である雅安市、甘孜州、涼山州からは400km以上離れている。現地企業の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:中国五鉱・水口山銅鉛亜鉛総合基地プロジェクトは正式に調印

 安泰科によれば、2017年6月27日、湖南省常寧市政府は、株洲製錬集団と常寧市で水口山銅・鉛亜鉛総合基地プロジェクトに関する調印式を行った。  当該基地は、錫鉱山の亜鉛製錬能力4万tを停止し、株洲製錬集団の亜鉛製錬能力65万tを廃止したうえで、水口山工業団地に80~100億元を投入し、新規年間亜鉛生産能力30万t、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2017年5月の亜鉛生産量は3年ぶり最低水準、不足が深刻化

安泰科によれは、中国精製亜鉛2017年5月の生産量は、3年ぶりの最低水準となり、世界最大の亜鉛メッキ金属生産企業の供給不足が深刻化している。n国家統計局のデータによると、中国精製亜鉛の5月の生産量は対前年同月比9.9%減の48.1万tであった。精製亜鉛の鉱石の一日平均処理量はわずか15,516t、2014年5月以降の最・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

インドネシア:中国・中色株式、鉛亜鉛資産を13.7億元で買収

安泰科によれば、中色株式は傘下の子会社である中色シンガポール有限公司を通じて、PT. DAIRI PRIMA MINERAL社(PT.DPM社と略称)の51%の権益を買収予定で、取引額は1.989億US$(約13.7億元に相当)である。n中色株式の全額出資子会社である中色シンガポール公司は、Gain & Win Pte・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:亜鉛製錬企業による減産について検討の余地

安泰科によれば、中国中部または西部にある亜鉛製錬企業はこのほど、亜鉛価格を再び上昇させるため、4月に集中的な点検による減産を実施すると言明した。n安泰科の調査によると、亜鉛製錬企業は4月までに70万t近くの生産能力の点検作業に入る可能性がある。最近の状況から見ると、河池市南部にある製錬所では前期に点検による減産を行った・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:盛達鉱業、東晟鉱業の70%株式権益を買収予定

安泰科によれば、盛達鉱業の持株子会社である内モンゴル銀都鉱業有限責任公司は、内モンゴル赤峰地質鉱産探査開発有限責任公司と同意書を締結した。銀都鉱業は、法律で定めたプログラムに基づき確定した入札価格で赤峰地質鉱産探査開発有限責任公司が保有する東晟鉱業の70%株式権益を譲受する。n東晟鉱業は、現在採掘権1件及び探査権3件を・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:五鉱集団、2017年鉛亜鉛精鉱生産量が継続的に減少

安泰科によれば、五鉱集団の2017年の亜鉛精鉱生産量は39.8~45.6%の削減となる6.5万~7.2万tであることを発表した。Golden Grove鉱山を売却したため、2016年の亜鉛精鉱生産量は12.0万tであった。n2016年第4四半期の亜鉛精鉱は対前月比35.8%増の3.5万tである。2015年の第4四半期で・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年亜鉛精鉱輸入は大幅に減少

安泰科によれば、2016年中国の亜鉛精鉱輸入量は大幅に減少した。輸入TCは比較的低く、元に換算すれば輸入した鉱石の価格は国内の鉱石価格より高いため、鉱石の輸入は採算が合わない。その一方では、2016年海外の亜鉛精鉱供給も不足しており、輸出志向も弱まっていた。 税関の最新統計データによると、2016年1~11月亜鉛精鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:中国五鉱集団、大規模レアアース企業集団設立の審査通過

安泰科によれば、2016年12月27日、北京にて中国五鉱集団公司のレアアース集団の設立作業に対する審査会議が開かれた。審査専門家チームは五鉱レアアース集団の設立状況説明を聞き取り、関連資料を審査した後、五鉱レアアース集団をプラットフォームとして大規模レアアース企業集団の設立作業に関する審査は認可された。 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年酸化亜鉛業界における生産伸び率は2~3%

安泰科はこのほど酸化亜鉛業界に対する調査研究を行った。 2016年5月以降、自動車産業の影響を受け、酸化亜鉛の生産は改善し、間接法または直接法による酸化亜鉛生産量は共に増えていた。 間接法による酸化亜鉛生産の原料は主に品位の低い原料を用いている。製品は主にセラミック、プラスチック、低級ゴム等産業に使用されている。 ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2017年鉛亜鉛精鉱及び亜鉛製品の輸出入税率、変化せず

安泰科によれば、国務院関税税則委員会の審査を得て、国務院の許認可により、2017年1月1日より、中国政府は一部商品の輸出入関税に対する見直しを行った。ただし、鉛亜鉛関連製品の輸出入税率に対する修正はなかった。 鉛亜鉛精鉱の輸出税率に関して暫定税率は設定せず、これまでの輸出税率30%を維持する。他の関連製品の税率も20・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:火焼雲鉛亜鉛鉱床、蘭坪鉱床を超え、国内第1位鉛亜鉛鉱床に

安泰科によれば、最近ネット上で流れている、新疆で超大規模鉛亜鉛鉱床を発見したというニュースを確認した。火焼雲鉛亜鉛鉱床は、今まで国内で発見された中で資源量最大の鉛亜鉛鉱床で、経済的に採掘できる資源量は1,900万t(金属量)である。最終的に確認登録できる資源量は若干見直しされることになるが、雲南蘭坪鉱床を越えるのは確実・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:建新鉱業、2016年上半期鉛亜鉛精鉱生産量が大幅に増加

安泰科によれば、建新鉱業は2016年上半期報告書を発表した。2016年1~6月の鉛亜鉛鉱石採掘量は合計125万t、年度計画220万tの56.82%に達し、鉱石処理量は113万tで、年度計画210万tの53.81%に達した。非鉄金属総生産量は対前年同期比50.19%増加した。n そのうち鉛精鉱生産量は6・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

豪:五鉱豪州超大規模亜鉛鉱山プロジェクトに対する許可促進、年内に建設開始予定

安泰科によれば、五鉱資源有限公司はDugald河亜鉛プロジェクトに対し14億AUDを投入した。豪州のQLD州政府から“指定プロジェクト”という資格を取得した。行政審査認可手続き上で高速承認をできるため、2016年年内に建設を開始する予定。n QLD州政府の公告によると、Dugald河亜鉛プロジェクトは・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年1~2月の亜鉛精鉱輸入上位5位の企業はともに製錬企業

安泰科によれば、企業別に見ると、2016年1~2月の亜鉛精鉱輸入上位5位の企業はともに製錬企業である。それぞれ株洲製錬(5.7万t、122.6%増)、葫蘆島(5.5万t、15.7%減)、河池南方(4.8万t、30.0%減)、巴彦淖尓紫金(4.1万t、104.7%増)及び豫光亜鉛業(4.1万t、25.7%増)の順となって・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年1月末、蔡家営亜鉛鉱山が生産再開

安泰科によれば、2016年1月末、蔡家営鉱山が生産を再開した。当該鉱山は2015年10月に事故が発生し、採掘活動を停止したが、在庫が残っているため、選鉱作業は2ヵ月続いた。当該鉱山は2016年生産量25%増加する計画(金属量)、亜鉛5万t、鉛0.45万tと設定する。2017年の生産計画は亜鉛6.5万t、鉛0.5万tと設・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:湖南宝山鉛亜鉛鉱山の拡張建設プロジェクトは、2016年末に生産開始

安泰科によれば、湖南宝山非鉄金属鉱業の鉛亜鉛鉱山の拡張建設プロジェクトは2016年末に生産開始する見込み、同拡張プロジェクトは2011年に建設開始した。鉛亜鉛採掘選鉱能力を1,000 t/日または30万t/年から2,500 t/日または75万t/年に引き上げる。n  現在、当該鉱山の鉱石処理能力は30・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2015年亜鉛精鉱輸入は前年比49 %増

安泰科によれば、中国の2015年の亜鉛精鉱輸入量は前年比49 %増の328.0万tであった。2015年の加工費により数多くの製錬所が一定程度の利益を確保できたこと、輸入鉱石の価格及びスクラップの含有状況が良いことが主な要因で、年々輸入が増えている。n  省別から見ると、広西、江蘇及び遼寧地区の亜鉛精鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:西南エネルギー鉱集団、52件鉱業権移転・協力プロジェクトを発表、うち鉛亜鉛関連プロジェクト8件

安泰科によれば、西南エネルギー鉱集団は貴陽市で大規模鉱業権取引、投資買収統合とファンド協力に関するプレゼンテーションを行い、同社が進める鉱業権移転協力プロジェクト52件について発表した。省内外にある20社以上の有名な企業、外国企業と金融機構を誘致し、合計100名が推薦会に参加した。n  西南エネルギー・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:亜鉛業株式は実際管理者を変更する可能性

安泰科によれば、亜鉛業株式の株主である葫蘆島有色は自社の株式権益を移転する可能性がある。葫蘆島宏蹻集団有限公司が葫蘆島有色の筆頭株主になり、それによって、同社の実際管理者は現在の国務院国有資産監督管理委員会から個人の于洪氏に変わる見込み。企業の株券取引は12月25日に再開する。n  公告によると、現在・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ