閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: 亜鉛

中国:2019年6月、中国精製亜鉛の生産状況について

 安泰科の国内48亜鉛製錬所の生産量に係わるレポートによると、2019年1~6月の48精錬所の亜鉛及び亜鉛合金の総生産量は、対前年同期比3.4%増の2,430千tで、そのうち第2四半期の生産量は1,273千tで第1四半期と比べて10.1%増、対前年同期比9.7%増となった。6月の生産量は対前年同月比13.0%増の429・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:馬尾山硫化鉄鉱鉱山が生産開始、鉛亜鉛銅銀等多種金属を随伴共生

 安泰科によれば、安徽省司尓特肥業株式有限公司は、「安全生産許可証」及び「中華人民共和国採掘許可証」を取得し、宣城市宣州区馬尾山硫化鉄鉱鉱山を正式に生産開始した。同鉱山の年間生産規模は38万t、鉱区面積は0.5175km2、マインライフは20年間(2年間のインフラ建設期間を含む)である。主に硫化鉄鉱を生産し、鉛亜鉛銅銀・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:徳栄鉱業有限公司の金坡鉛亜鉛鉱山、生産再開

 安泰科によれば、羅平亜鉛電気株式有限公司傘下の徳栄鉱業有限公司・金坡鉛亜鉛鉱山は、2019年6月16日付けで「安全生産許可証」の期限満了により生産停止していたが、同6月29日に新しい「安全生産許可証」を取得した。当該鉛亜鉛鉱山は、生産再開ができる条件を備えており、「整頓改善による再審査意見書」を取得した日から生産再開・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:チベット華鈺鉱業株式有限公司、柯月鉛多金属鉱山の新規採掘計画が進展

 安泰科によれば、チベット自治区隆子県にあるチベット華鈺鉱業株式有限公司の柯月鉛亜鉛鉱山では、探査権から採掘権を移転する手続きが進展し、現在、事前土地審査承認作業を終え、環境アセスメント評価段階に入った。評価認可後、採掘許可証の取得手続きに入り、その後正式に建設を開始する予定である。建設期間は1年半と設定しており、事業・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

DRコンゴ:中国・盛屯鉱業公司、24億元転換社債を発行し、DRコンゴの銅・コバルト事業に17億元を投資予定

 安泰科によれば、盛屯鉱業公司は、転換社債発行計画案を公表し、総額24億元の転換社債を発行する予定である。
 募集した金額は、主にDRコンゴでの年間生産能力30千tの電気銅プロジェクト、5.8千t(金属量)の水酸化コバルト湿式製錬プロジェクト(募集した資金のうち17億元を投入予定)、運営資金の追加分(うち7億元を投入・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:徳栄鉱業金坂鉛亜鉛鉱山、生産停止へ

 安泰科によれば、雲南羅平亜鉛電気株式有限公司傘下の子会社である普定県徳栄鉱業有限公司は、2019年6月18日に「普定県応急管理局による現場処理措置決定書」を受領し、徳栄鉱業金坂鉛亜鉛鉱山の生産活動停止を命じられた。
 同鉱山の「安全生産許可証」は2019年6月16日付けで期限満了となったため、再度取得する必要がある・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:工業情報化部、2018年鉛亜鉛産業の事業実施状況を発表

 工業情報化部の発表によると、2018年鉛亜鉛業界全体の事業実施は安定しているが、末端消費の力強さは不足しており、価格は変動しながら低下し、業界全体の利益は低減している。
一、精鉱の生産量は減少し、再生金属の生産は明らかに伸びている。2018年、環境対策及び新規鉱山建設への規制等の影響を受け、鉛・亜鉛精鉱の生産量はそ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:宏泰鉱業社傘下の玉合鉛亜鉛鉱山、新規採掘許可証を取得

 安泰科によれば、羅平亜鉛電気社の全額出資子会社である宏泰鉱業社は、2019年2月1日に貴州省自然資源庁から同社が保有する貴州省普定県鶏場玉合鉛亜鉛鉱山の新規採掘許可証を取得した。当該鉱山の年間生産規模は3万t、鉱区面積は1.1967km2を設定している。当該採掘許可証の有効期限は2018年7月から2027年9月までと・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:国内最大の亜鉛製錬所の移転により、2018年12月の亜鉛生産量は小幅に減少

 安泰科によれば、国家統計局が公表したデータによると、中国2018年12月の精製亜鉛(電気亜鉛)の生産量は、前月比2%減の50.9万tで、前年同月比1.7%減少した。2018年年間生産量は前年比3.2%減の568.1万tであった。
 国内大手生産企業である株洲製錬集団社は、2018年12月に製錬所全体の移転を行い、湖・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:盛屯鉱業社は、四環亜鉛・ゲルマニウム社の97.22%の株式権益を買収

 安泰科によれば、2019年1月16日、中国証券監督管理委員会上場企業買収統合再編委員会は2019年第1回買収統合業務会議で盛屯鉱業社の買収案について審査し、採択した。
 今回買収案件の取引額は21.39億元で、株式発行および現金支払いの形で四環亜鉛・ゲルマニウム科学技術株式有限公司の株式権益97.22%を買収するこ・・・ 続きを読む
鉱種:
ゲルマニウム その他 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

加:中国・Zijin Mining社、加・米Nevsun Resources社を1.9bC$で買収完了

 2019年1月11日のメディア報道にて、中国Zijin Mining社による加Nevsun Resources社の友好的買収の完了が発表された。取引総額は約1.9bC$であり、Zijin社がNevsun社発行済み株式の92.44%を取得する。
 加・米Nevsun社は、銅・亜鉛・金の探査、開発企業で、カナダ・トロン・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸、関敦夫

中国:2018年1~11月国内10種の非鉄金属生産量は、対前年同期比6.1%増

 発展改革委員会の公式サイトでは、2018年11月の国内10種の非鉄金属生産量は、対前年同月比12.7%増、2017年11月では対前年同月比6.9%減であった。そのうち銅生産は対前年同月比7.6%増(伸び率2.2ポイント減少)、電解アルミニウム生産量は対前年同月比19.2%増(2017年11月では16.8%減少)、鉛生・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:湖南省常寧水口山銅・鉛・亜鉛産業基地は、2018年12月26日正式に稼働

 湖南省常寧水口山銅・鉛・亜鉛産業基地プロジェクトは、中国五鉱集団社が行う国内最大のプロジェクトで、投資総額は100億元を上回わり、3期に分けて建設される。最終的には、生産能力銅30万t、亜鉛30万t、鉛10万tの規模となる。当該プロジェクトは、2018年12月26日に正式に生産開始の見込みである。
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:洛陽モリブデン業社、世界知名度の高い金属取引企業IXM社の100%株式権益を買収予定

 洛陽栾川モリブデン業集団株式有限公司の全額出資子会社である洛陽モリブデン持株社(CMOC Limited社)は、NCCL Natural Resources Investment Fund LP社の全額出資子会社であるNew Silk Road Commodities Limited(NSR社と略称する)と「株式権益・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:紫金鉱業社、Nevsun社の買収について中国政府やカナダ政府関連機関による承認を受領

 安泰科によれば、カナダNevsun Resources社(TSX,NYSEMKT:NSU))によると、中国国家外貨管理局(SAFE)が既に紫金鉱業公司14.1億US$の買収案を承認した。同時に、本買収案はカナダ投資法(ICA法)の関連規定に適合している。情報によると、カナダNevsun社はエリトリアにあるBisha銅・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年第3四半期、国内10種の非鉄金属生産量は、対前年同期比4.2%増の4,027万t

 安泰科によれば、2018年第3四半期、国内10種非鉄金属生産量は、対前年同期比4.2%増の4,027万tで、伸び率は対前年同期比0.1ポイント増加した。
 そのうち、銅生産は対前年同期比11.2%増の661万t(伸び率4.9ポイント増加)、電解アルミニウム生産量は対前年同期比4.2%増の2,500万t(伸び率0.8・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年9月の精製銅生産量は76.4万t

 安泰科によれば、国家統計局によると2018年9月の精製銅(電解銅)生産量は、対前年同月比10.4%増の76.4万tである。中国の2018年1~9月の精製銅生産量は、対前年同期比11.2%増の660.7万tであった。
 中国の9月の鉛生産量は、対前年同月比13.7%増の44.7万tで、2017年3月以降の最高生産量と・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:「鉛亜鉛工業汚染廃棄物における排出基準」改訂版に対する意見募集を発表

 安泰科によれば、鉛亜鉛工業廃水排出基準を完備するため、中国生態環境保護部は、国家環境保護基準「鉛亜鉛工業汚染廃棄物における排出基準」改訂版に対する意見募集を発表した。詳細は以下の通り。
・新規設立した企業の廃水排出濃度の制限値及び単位当たりの排水量数値の中に、タリウム排出制限基準を入れる。
・水汚染物特別排出制限・・・ 続きを読む
鉱種:
タリウム 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:赤峰黄金社、MMG Laos社を買収

 安泰科によれば、赤峰黄金社は、募集額17.79億元の未公開株を発行し、MMG Laos社の発行済み株式を全て買収する。
 MMG社は、中国五鉱集団社の子会社で、世界各地で亜鉛、銅等鉱物資源に対する探査、開発及び採掘事業を行い、主に豪州、アジア及び南米等地域で生産事業を展開している。同社の保有している世界的な大手亜鉛・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:天津の非鉄製錬企業、2019年より汚染物排出に許可証が必要

 安泰科によれば、天津市環境保護局は、非鉄製錬企業等による汚染物排出許可証の申請受領に関する通達を公表した。
 本通達では、2018年末までに汚染物排出許可証の申請受領対象となる非鉄製錬企業は、所在地の行政審査認可局または関連部署で汚染物排出許可証の申請受領作業を行い、法律に基づき許可証に従い汚染物を排出する。201・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト アンチモン コバルト チタン ニッケル マグネシウム 亜鉛 水銀
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ