閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: 亜鉛

中国:湖南省常寧水口山銅・鉛・亜鉛産業基地は、2018年12月26日正式に稼働

 湖南省常寧水口山銅・鉛・亜鉛産業基地プロジェクトは、中国五鉱集団社が行う国内最大のプロジェクトで、投資総額は100億元を上回わり、3期に分けて建設される。最終的には、生産能力銅30万t、亜鉛30万t、鉛10万tの規模となる。当該プロジェクトは、2018年12月26日に正式に生産開始の見込みである。
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

南ア:豪Orion Minerals社、Prieska亜鉛・銅鉱山、2021年までに生産開始

 2018年12月14日付けメディアによると、豪Orion Minerals社はPrieska亜鉛・銅鉱山の再開発について、2019年第2四半期までには最終FSを発表し、2021年までに生産開始する見込み。JORC規定準拠の資源量で29.4百万t(品位:Zn 3.8%、Cu 1.2%)を計上。資産価値は約250百万A$・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
金属企画部
担当者:
特命調査役 原田武

メキシコ:豪Azure Minerals社、Oposuraプロジェクトで高品位鉱化作用の捕捉を継続

 2018年12月11日付け地元紙によると、豪Azure Minerals社は、同社がSonora州に保有するOposura多金属プロジェクトのボーリング調査延長等により、継続して高品位の鉱化作用を捕捉したことを明らかにした。なお、今回、高品位鉱化作用が捕捉されたエリアは同プロジェクトの東側の資源ポテンシャルゾーンの延・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:El Boleo鉱山、赤字操業

 2018年12月10日付け地元紙によると、南Baja California州北部に位置するEl Boleo鉱山に参画する加Camrova Resources社は、同鉱山の操業についてしばらくの期間、赤字操業が継続する見込みであることを明らかにした。同鉱山では、開発コストの超過だけではなく、開発遅延に技術的問題が発生し・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ペルー:Bear Creek Mininig社、ペルー政府からSanta Ana銀プロジェクト鉱業権取消の損害賠償金を受領

 2018年12月10日付け地元紙によると、2011年に鉱業権が取り消されたSanta Ana銀プロジェクト(Puno州)に関し、2017年12月に国連の国際投資紛争解決センター(ICSID)がペルー政府に対してBear Creek Mining社への賠償金の支払いを命じたことについて、同社は、2018年11月にペルー・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

加:Hudbay社、Flin Flon選鉱場の選鉱施設を2021年に閉鎖へ

 2018年12月1日メディア報道によれば、加Hudbay社は、MN州とSK州の州境に位置するFlin Flon選鉱場の選鉱施設を2021年までに閉鎖する。Hudbay社の従業員向け内部文書から明らかになった。
 同施設は777銅亜鉛金銀鉱山をはじめとする複数の鉱山から供給される鉱石の処理を行っている。内部文書によれ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

豪:Korea Zinc社の豪子会社、QLD州Townsville近郊の亜鉛精錬所の拡張工事実施を発表

 2018年12月6日付の地元メディアによると、韓Korea Zinc社の豪子会社Sun Metals社は、300mA$を投じてQLD州Townsville近郊で操業するZn精錬所の金属Zn生産能力を225t/yから270t/yに拡張する計画を発表した。拡張工事は間もなく開始される予定で、2021年前半の完成を見込んで・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ