閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

ザンビア:First Quantum Minerals社、コロナ禍でも2020年第2四半期の銅生産量は順調

  2020年7月28日付け加First Quantum Minerals(FQM)社の四半期報告によると、同社の2020年第2四半期の生産量は銅量169千t(対前年同期比ほぼ同量)であった。このうちザンビアの銅鉱山の占める割合が大きく、Kansanshi銅・金鉱山が銅量59千t(対前年同期比ほぼ同量)、Sentine・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:統計局、5月の鉱業生産統計を発表

 2020年7月14日付け南ア統計局(Statistics SA)により、2020年5月の鉱業生産統計(初稿版)が発表された。主要鉱産物の生産量については、対前年同期比でPGMが27.3%減(対前月比65.4%減)、金20.3%減(同60.2%減)、クロム鉱石58.1%減(同81.2%減)、マンガン鉱石45.4%減(同・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム PGM(白金族) マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:中堅金生産者Pan African社、尾鉱からの金回収事業に10MW太陽光発電を導入する計画

 2020年7月10日メディアによると、中堅金生産者Pan African Resources社は、尾鉱からの金回収を行うElikhuluプラントへの電力供給事業として10MWの太陽光発電事業を進めることを決定した。コンサルタントが行ったBankable FS(BFS)にて、同発電事業に対する良好な結果を得たことに基づ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱山現場に68%の従業員が戻る、新型コロナ感染者数は3,119名

 2020年7月7日付けメディアによると、南ア鉱業審議会は、2020年7月2日時点で鉱山現場にて3,119名の新型コロナ感染を確認、うち21名が亡くなったとした。死亡者数ではPGM鉱山が最も多く10名、次いで金鉱山の7名になる。全鉱山労働者425,112人のうち68%にあたる287,297名が現場に復帰しており、鉱山側・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:加Barrick Gold社、Kibali金鉱山の国内留保額500mUSの海外送金を協議中

 2020年7月7日付けメディアによると、加Barrick Gold社がDRコンゴにて操業するKibali金鉱山について、DRコンゴ国内の口座にある500mUS$を海外に送金できるよう、同国中央銀行、首相、鉱山大臣と協議している。2018年新鉱業法において、DRコンゴにて操業する鉱山会社は、売上金額を海外外貨口座にて受・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ