閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

ウズベキスタン:NGMKの生産近代化にロシアの銀行から資金調達へ

 2020年1月15日付けの地元報道等によると、ウズベキスタン大統領決定第PP-4563号により、NGMK(Navoi Mining and Metallurgical Combinat)は、生産近代化のためロシアSberbank及びVTB銀行から3,861mUS$の資金を調達する。同大統領決定により、2020~202・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

キルギス:Altynken社、2020年の金生産量は3.9tを予定

 2020年1月10日付けの地元報道等によると、Altynken社の2020年の鉱石処理量は781千t、金生産量は約3.9tを予定している。2019年の同社によるTaldy-Bulak Levoberezhny鉱床における鉱石処理量は720千t、金生産量は3.776tであった。
 Altynken社は、2006年3月・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:連邦地下資源利用庁、Sisim社のライセンス1件を失効、2件に違反是正命令

 2020年1月24日付けの地元報道等によると、連邦地下資源利用庁(Rosnedra)は、2019年10月にダム決壊により死者を出したBolshaya Seiba川流域の砂金鉱区に関するSisim社(クラスノヤルスク地方、Sibzoloto社傘下)のライセンスの期限前停止を決定し、当該命令は2020年1月16日に発効し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Kinross Gold社、2020年はChulbatkan金鉱床の探査に約10mUS$投資

 2020年1月16日付けの地元報道等によると、加Kinross Gold社は2020年にChulbatkan金鉱床(ハバロフスク地方)の試掘に約10mUS$を投じ、2023年までに同鉱床の鉱物資源量の算出を鉱石埋蔵量で算出する。現在、金の概測鉱物資源量は3.9百万oz、予測鉱物資源量は80千ozであるが、ライセンスエ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

キルギス:Jerooy鉱床の金年産量、2022年から5.5tに増加へ

 2019年12月16日付けの地元報道等によると、Alliance Altyn社(Russian Platinum社傘下)は、2022年にキルギスJerooy金鉱床のTalas採鉱選鉱コンビナートの金年産能力を5.5tに拡大する。
 同社は、露天採鉱場と水平坑道による同時採掘についてFSを行い、作成したFSは国際企業・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Bystrinsky採鉱選鉱コンビナート、操業開始許可を取得

 2019年12月18日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社・Bystrinsky採鉱選鉱コンビナート(Bystrinsky GOK)は、2019年12月初めに操業開始に必要な書類を連邦地下資源利用庁(Rosnedra)から取得した。
 Bystrinskyコンビナートには、金・銅・鉄鉱石選鉱プラ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:金の「連邦的意義を有する鉱区」埋蔵量閾値の引き上げに否定的評価

 2019年12月18日付けの地元報道等によると、金一次鉱床を「連邦的意義を有する鉱区」に分類するため、埋蔵量閾値を50tから200tに引き上げるというロシア天然資源環境省の法案が採択される可能性はほぼなくなった。法案は法執行機関の否定的評価を受けたため、近々政府から差し戻される見込みである。
 同省は、「法案は、金・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ