閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: 鉄鉱石

豪:Rio Tinto、749mUS$を投じてWA州Pilbara地域Western Turner Syncline Phase 2鉄鉱石鉱山を拡張

 2019年11月27日付けの地元メディアによると、Rio Tintoは749mUS$を投じてWA州Pilbara地域Greater Tom PriceにおけるWestern Turner Syncline Phase 2(WTS2)鉄鉱石鉱山を拡張する計画を役員会で承認した。この計画のもと、同鉱山では新規の破砕機1基・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:WA州Roy Hill鉱山、湿式高磁力磁選プラントで廃滓から高品位な鉄鉱石を生産

 2019年11月27日付けの地元メディアによると、豪Hancock Prospecting社が70%の権益を保有するWA州Roy Hill鉄鉱石鉱山は、14か月を費やした湿式高磁力磁選(WHIMS)プラントの建設が完了し、11月中にも第一段階の稼働を開始する。2020年年央にはフル稼働となる見通しだ。同プラントは、こ・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:BHPなど大手3社による増産により、2020/21年度には鉄鉱石輸出量が869百万t超となる見通し

 2019年11月8日付けのメディアによると、豪産業イノベーション科学省が発表した2019年7~9月四半期の報告書において、豪州の鉄鉱石輸出量が2018/19年度の820百万t、2019/2020年度の852百万tから2020/21年度に869百万tと増加することが予測されている。同報告書はこの予測を、BHP、Rio ・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ