閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

メキシコ:2020年主要各社の探鉱投資額

 2020年2月17日付け地元紙は主要4社による2020年の国内探鉱投資額を報じており、合計額は200mUS$を超えることが見込まれ、金属価格の上昇により、前年より投資額を増加させる企業も存在する。各社の2020年探鉱投資額は以下のとおり。
・墨Fresnillo社:135~140mUS$
 高額な探鉱投資計画を発・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:Oaxaca州San Pedro Quiatoni市先住民族がアンパロ訴訟に勝訴、米・加3社による探鉱継続は認められず

 2020年2月17日付け地元紙によると、Oaxaca州San Pedro Quiatoni市の先住民族によるアンパロ訴訟(憲法保護請求)に関し、同州第一地方裁判所はDon David Gold社(米Gold Resource社の現地法人会社)、Minerales El Prado社(加Chesapeake Gold社・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

中国:新型肺炎感染拡大下での鉛・亜鉛鉱山生産状況

 安泰科によると新型肺炎の感染が拡大するなか、各地で感染拡大防止策が強化され、鉛亜鉛業界の生産に影響を及ぼしているところ、国内19省区70か所の鉛亜鉛鉱山を調査対象に設定し、生産への影響について調査した。対象鉱山の生産能力は、精鉱中金属量225万t、鉛精鉱81万tで、それぞれ国内総生産の54%、41%を占める。生産中の・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

スウェーデン:Boliden社のGarpenberg鉱山坑内で煙発生

 2020年2月6日付けのプレスリリースによると、2月6日午後にBoliden社のスウェーデンのGarpenberg鉱山坑内地下850mで煙が発生し、坑内にいた130名の労働者が避難した。煙の発生の原因は機械によるもので、調査がこれから行われる。坑内生産は近いうちに再開される予定。
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ペルー:Minera Shouxing Peru社、選鉱プラント拡大を計画

 2020年2月4日付け地元紙によると、Minera Shouxing Peru社は、廃滓選鉱プラント(Ica州)の処理能力拡張を目的とした環境影響詳細調査(EIAD)の修正届が、持続可能環境投資許可庁(SENACE)により承認されたことを明らかにした。
 本プロジェクトでは、Marcona鉄鉱山に加えて他の事業者か・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

インドネシア:国内新規製錬所の建設進捗に遅れ、2019年は1か所のみ稼働開始

 2020年1月13日付け地元メディアによると、インドネシア鉱物加工精製協会(AP3I)Jonatan Handojo副会長が国内新規製錬所建設の進捗に遅れが出ていると述べた。エネルギー鉱物資源省によると、2019年中に3か所の稼働開始が予定されていたが、実際に稼働開始となったのはPT Wanatiara Persad・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

ペルー:2019年12月鉱物生産量

 2020年1月30日、エネルギー鉱山省の発表によると、2019年12月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で亜鉛9.95%増、銀1.54%増、モリブデン41.77%増、鉄30.93%増となった一方、銅2.12%減、金13.79%減となった。
 このうち銅に関しては、Minera Las Bambas社(13.3%減)、・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Trevali Mining社、Santander亜鉛鉱山の生産見通しその他を発表

 2020年1月29日付け地元紙によると、Trevali Mining社(本社:バンクーバー)は、Santander亜鉛鉱山(Lima州)における2019年の亜鉛生産量が過去最高の417百万lb(189,147t)となったほか、鉛は50百万lb(22,680t)、銀1,489千oz(46.3t)と、いずれも当初の見通し・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

メキシコ:Fresnillo社の2019年生産量は減少するも、同年第4四半期より回復傾向

 2020年1月29日付け地元紙は、墨Fresnillo社の2019年生産量を以下のとおり報じており、金、銀生産量が対前年比減少したことを報じている。
 銀1,698.69t(前年比11.6%減)、金27.24t(同5.1%減)、鉛55,722t(同4.8%増)、亜鉛92,578t(同4.6%増)。
 なお、同社の・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Telson Mining社、Campo Morado多金属鉱山の操業を再開

 2020年1月29日付け地元紙によると、加Telson Mining社がGuerrero州に保有するCampo Morado多金属鉱山が生産を再開し、採掘及び粗鉱処理量が本格操業の段階に達した。同鉱山は以前、地元コミュニティとの緊張関係や退職者の多さ、Manzanillo港への輸送が容易でないこと、亜鉛価格の下落等に・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:2020年注目の探鉱プロジェクト

 2020年1月28日付け地元紙は、2020年国内鉱業部門にとって重要となる各社の探鉱プロジェクトとして、以下5件を取り上げている。
1.Las Chispas金・銀プロジェクト(加SilverCrest Metals社、Sonora州)
 加SilverCrest Metals社は2020年に計125,000mの・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

米・中国:中米貿易協議「第1段階」ベースメタル市場への影響は限定的

 2020年1月15日、米中両国は、米国で貿易協議「第1段階」の合意文書に署名した。中国は今後2年間で2017年比で総額200bUS$相当について米国からの輸入を増やす。主にエネルギー、農産品及び工業製品の調達である。
 エネルギー市場分野では、主に原油、LNG、化学工業製品及び石炭について過去2年間で52.4bUS・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル ベースメタル 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

ペルー:Buenaventura社、2020年の鉱業投資は85~105mUS$の見通し

 2020年1月24日付け地元紙によると、Buenaventura社は、2020年の鉱業投資は85~105mUS$を計画しており、2019年の120mUS$を下回る見通しであることを明らかにした。なお、2020年における目的別の投資内訳については近々発表するとした一方、EBITDAは200~250mUS$で、2019年・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社、Ayawilca亜鉛・鉛プロジェクトなどに関しコメント

 2020年1月17日付け地元紙によると、Buenaventura社のGobitz社長は、2019年12月にTinka Resources社の株式19.9%を取得したことに関して、同社の所有するAyawilca亜鉛・鉛プロジェクト(Pasco州)は、Buenaventura社にとって優先的な案件であるとした上で、Uch・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:La Oroya精錬所、従業員を株主とする新会社に譲渡

 2020年1月16日付け地元紙によると、2020年1月15日、Doe Run Peru社の債権者集会は、資金繰り悪化により2009年に操業を停止したLa Oroya精錬所(Junin州)をはじめとする、La Oroya市内の同社の全資産を、債権者である従業員団体に譲渡することを決定した。さらに、本譲渡を目的として、従・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

中国:中国五鉱集団有限公司、海南でRio Tintoと探査合弁会社を設立

 安泰科によれば、中国五鉱集団有限公司は、Rio Tintoと探査合弁会社を共同設立し、2019年12月30日に海南省三亜で開業式を行った。本合弁会社は、五鉱Rio探査有限責任公司と称される。
 同社の工商登記は2019年8月23日に手続きを終え、三亜市オリジナリティー産業団地を登録地としており、登録資本金は2億元で・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

ペルー:2019年11月鉱物生産量

 エネルギー鉱山省の発表によると、2019年11月の主要鉱物生産量は、前年同月比で亜鉛0.38%増、鉛9.13%増、モリブデン57.33%増、鉄94.71%増となった一方、銅1.36%減、金10.34%減となった。
 このうち銅に関しては、Minera Las Bambas社(18.6%減)、Minera Antap・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ