閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

メキシコ:加Mexican Gold Corp社、Pueblo Nuevo地区で高品位鉱化作用を捕捉も地元対策必須

 2018年7月13日付け地元紙によると、加Mexican Gold Corp社幹部は、地元紙に対し、同社がVeracruz州に保有するLas MinasプロジェクトのPueblo Nuevo地区において高品位の金、銀、亜鉛の鉱化を捕捉したことをあらためて説明し、Veracruz州に保有する6つのコンセッション(1,6・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Kootenay Silver社、Chihuahua州La Cigarra銀プロジェクトのボーリング調査結果公表

 2018年7月12日付け地元紙によると、Kootenay Silver社は、同社がChihuahua州に保有するLa Cigarra銀プロジェクトにおいて実施している2018年探鉱プログラムの8孔のボーリング調査結果を公表した。今回の調査では、同プロジェクトで高い優先付けがなされているLas Carolinas地域、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Sinaloa Resources社、La Sillaプロジェクトの権益100%獲得に合意

 2018年7月12日付け地元紙は、墨Sinaloa Resources社が、Sinaloa州のLa Silla金・銀プロジェクトの100%権益を得ることで加Riverside Resources社と合意に至ったことを報じている。Sinaloa Resources社は最初の段階として、Riverside社に対し自社株式・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ペルー:Minera Ares社、Apurimac州における探鉱を計画

 2018年7月12日付け地元紙によると、Minera Ares社(Hochschildグループ)は、エネルギー鉱山省に対してCorinaプロジェクト及びHuanuculloプロジェクト(共にApurimac州)の資源量増加を目的とした探鉱計画を提出した。
 同社のBustamante社長は、Corinaプロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ドミニカ共和国:2018年の鉱物輸出額順調なスタート

 ドミニカ共和国中央銀行発表資料によると、同国の2018年第1四半期鉱物輸出額は、金、フェロニッケル、銀、銅が上昇した結果、前年同期比15%増の446mUS$となった。なお、金の輸出額は、Pueblo Viejo鉱山の生産が減少したものの、市況が上昇した結果、前年同期の314mUS$から349mUS$に増加した。また、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Pueblo Nuevoプロジェクト、さらなる高品位脈を捕捉

 2018年7月11日付け地元紙によると、Mexican Gold 社は、Pueblo Nuevoプロジェクトの進めている探鉱プログラムにおいて、さらなる高品位脈を捕捉した。同社は、2018年探鉱プログラムにおいて、Pueblo Nuevo 地区にある金石英脈、Changarro地区のスカルンタイプの2つの高品位鉱床を・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:加Endeavour Silver社、加Great Panther Silver社の第2四半期生産量

 2018年7月10日付け地元紙によると、加Endeavour Silver社(本社:バンクーバー)は、2018年第2四半期の生産量がEl Cubo鉱山における高品位鉱床の開発により増加した。銀が前年同期比19%増の1.36百万oz、金が同5%増の13,674ozとなっている。一方、El Cubo鉱山、Guanacev・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:米Coeur Mining社、Palmarejo鉱山、2018年生産量上向きの見込み

 2018年7月9日付地元紙の報道によると、米Coeur Mining社(本社:シカゴ)は同社がChihuahua州に保有するPalmarejo鉱山の2018年生産目標を上方修正した。銀生産目標は以前の12.2~13.8百万ozから、13.2~14.6百万ozに、金生産目標は355,000~375,000ozから360・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Sierra Metals社、Bolivar銅鉱山の予備的経済性評価結果を公表

 2018年7月9日付け地元紙によると、加Sierra Metals社(本社:トロント)は、同社がChihuahua州に保有するBolivar銅鉱山の予備的経済性評価を行った結果、税引き後のNPV(割引率8%)は214mUS$、投資効率(ROI)550%、投資回収期間3.4年と推計したことを明らかにした。なお、同評価の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:加McEwen Mining社、El Gallo鉱山のマインライフ延長分の予備的経済性評価を公表

 2018年7月9日付け地元紙によると、加McEwen Mining社(本社:トロント)は、マインライフを12年延長したEl Gallo金・銀鉱山の予備的経済性評価(PEA)を発表した。Fenixプロジェクトと呼ばれるこの拡張計画は、年平均金換算生産量1.46t、初期資本コスト41mUS$、鉱山の減価償却を含めた回収期・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ